2018年04月28日 05時00分 公開
特集/連載

WatsonとSiriの連携も実現?AppleとIBMが人工知能(AI)で協業拡大、iOS向けAIアプリの開発が加速か

IBMとAppleは、AppleのiOS向けAIサービスやアプリ開発を促進するため、エンタープライズモビリティーパートナーシップを拡張した。

[Darryl K. Taft,TechTarget]

関連キーワード

IBM(アイ・ビー・エム) | Apple | Watson | iOS


AppleのCore MLについてのページ《クリックで拡大》

 IBMとAppleの両社は、IBMの「IBM Watson」ベースの人工知能(AI)サービスを開発者が構築できるよう、これまでツールに関して提携してきたエンタープライズモビリティーパートナーシップを拡張した。

 IBMとAppleが最初にパートナーシップを結んだのは2014年のことだ。当初の目的は、「IBM Cloud」で運用されるAppleデバイス向けのアプリを開発者が構築するのをサポートすることだった。現在、両社は、開発者がAppleデバイス向けにAIアプリを構築できるようにするだけでなく、そのAIアプリが時間をかけて学習やトレーニングを続けられるように機械学習機能を提供することも考えるようになった。

2つのAIサービス

 ラスベガスで開催された「IBM Think 2018」カンファレンスで、IBMは「IBM Watson Services for Core ML」と「IBM Cloud Developer Console for Apple」という2つのサービスを公開した。

 IBMで開発者支援および開発者向けテクノロジー部門のバイスプレジデントを務めるエンジェル・ディアス氏によると、IBM Watson Services for Core MLの目的は、開発者がエンタープライズクラスのAIサービスやAIアプリを構築できるようにすることだという。こうしたAIサービスやAIアプリによって、リアルタイムに洞察を提供し、ユーザーのクエリに対応できるようになる。そして、そのサービスやアプリはユーザーとの新たな対話に向けて知識を蓄える。

 Appleは、同社の「Core ML」を、「Siri」「QuickType」「カメラ」などのApple製品全体で利用できる基本機械学習フレームワークとして位置付けている。このCore MLは、メモリの使用量や消費電力を最小限に抑えるために、デバイスのパフォーマンスに対して最適化される。

 Core MLをWatsonのクラウドベースのサービスと組み合わせることで、開発者は企業データに接続するAIサービスやAIアプリをセキュリティが確保される状態で構築できるようになる。

 IBMは「Visual Recognition」などのWatsonサービスを用意して、開発者がCore MLモデルを導入し、それをIBMクラウドで運用できるようにする。

 「最初のユースケースは、画像認識やフィールドフォースオートメーションのような分野になるだろう」とディアス氏は話す。例えば、現場の技術者が見慣れない機械部品を写真に撮り、この機能を組み込んだアプリにその部品を識別させることができる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

オフライン広告の効果可視化とマーケターの働き方改革に向け、サイカとインテージが業務提携
サイカとインテージは業務提携を行い、オフライン広告の効果測定における汎用的な分析ソ...

news027.jpg

電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点で...

news014.jpg

スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユ...