2018年07月04日 05時00分 公開
特集/連載

プランニングから運用後のサポートまでDevOpsに必要なツールとは? 開発と運用の両チームを連携させる方法

近年、それぞれ独立していた開発(Dev)チームと運用(Ops)チームが連携する方法にシフトしている。ライフサイクル全体を通して開発チームと運用チームが連携する、効果的なDevOps管理に必要なツールとは。

[Amy DeCarlo,TechTarget]

関連キーワード

DevOps | システム構築 | テストツール


画像

 アプリケーション開発(Dev)チームと運用(Ops)チームは、従来それぞれが重要な業務を持つ独立した組織だった。しかし、近年、企業がITへの取り組みを再検討して、プロセスを最適化するにつれて、開発チームと運用チームを密接に連携させる方向にシフトしている。

 このような連携の結果から生まれるアプローチを「DevOps」と呼ぶ。DevOpsの管理モデルでは、設計から導入後の運用サポートまで、ライフサイクル全体を通じて開発チームと運用チームが連携する。アプリケーションの導入を遅らせたり、パフォーマンスの問題を引き起こしたりする障害を取り除くには、こうした戦略が役に立つ。

 理屈の上では、そのメリットは明白だ。DevOpsにより、開発の速度が上がり、品質保証のためのテストサイクルにかかる時間が短縮されて、導入が早まる。しかし、これを実践するとなると、これまでサイロ化していたチームが連携することに伴う文化的課題や、技術的課題への対処が難しくなることがある。

 DevOpsの文化的課題については、IT部門のリーダーが連携を後押しするコミュニケーションプロセスを導入することが不可欠だ。技術的観点では、企業がDevOps管理モデルを正しく導入できるように支援するツールが多数存在する。

DevOps管理に適切なツールの選択

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

パナソニックが早稲田大学恩藏ゼミと協働でマーケティングプロジェクトを立ち上げ
パナソニックは、早稲田大学商学部 恩藏直人教授のゼミと協働で、マーケティングプロジェ...

news048.jpg

ぴあデジタルコミュニケーションズ、レシート換金アプリ「ONE」のワンファイナンシャルと協業
ぴあデジタルコミュニケーションズは、ワンファイナンシャルと協業すると発表した。

news018.jpg

「環境ブランド調査2018」サントリーが2年連続首位――日経BP社調べ
日経BP社は、「環境ブランド調査2018」の結果を発表しました。