2017年02月27日 15時00分 UPDATE
特集/連載

専門家の年収は「10万ドル以上」が約6割DevOps環境構築、成功の鍵は「人を雇いつつ、育てる」 (1/2)

デジタル企業ではいつの間にかDevOpsが最良の手法ということになっているが、最高情報責任者(CIO)はどのようにDevOps環境の構築に取り組むべきか。ヒントは、人材を雇用するだけでは足りないということだ。

[Mary K. Pratt,TechTarget]

関連キーワード

DevOps | RightScale | Docker | 人事


 DevOpsは大げさな宣伝の段階を超えて、企業のIT部門にとって不可欠な要素になっている。

 RightScaleが実施した調査「2016年のクラウドの実態」による最近の統計を考察してみよう。この調査に回答したIT担当者1060人の約74%が所属する組織でDevOpsを採用しているという。この割合は、2015年の調査結果の66%から上がっている。

 さらにAppvanceがVanson Bourneに委託して実施した調査レポート「ソフトウェアリリース効率の実態」によると、この調査に協力したIT部門の意思決定者200人のうち、73%が何らかのDevOpsプロセスを採用していることが判明している。

 DevOpsの専門家はトップクラスの報酬を受け取っている。Puppetが策定した「2016年DevOps給与レポート」では、調査に回答したDevOpsの専門家の58%が、年間10万ドルを超える報酬を得ていると報告されており、前年の47%から上昇している。また、マネジャーの43%が15万ドルを上回る報酬を受け取っており、2015年の26%から大幅な上昇が見られている。

2016年DevOps給与レポート 「2016年DevOps給与レポート」によるとDevOpsの専門家の58%が年間10万ドルを超え、マネジャーの43%が15万ドルを上回る報酬を受け取っているという(出典:Puppet「2016年DevOps給与レポート」)《クリックで拡大》

 DevOps環境に移行するIT部門の急増に伴い、DevOpsエンジニアやDevOpsに熟練した他のテクノロジーの専門家に対する需要増加にも拍車が掛かっている。採用担当者とIT責任者はそう話す。

 ただし、ITの人事担当者、アナリスト、経験豊富なIT責任者によると、DevOps専門家を急いで雇用するのは若干見当違いだという。人材を雇用するだけで、CIOがDevOps環境を構築することは不可能だ。また、既存の従業員に新しい肩書を与えるだけでシームレスにDevOps手法が導入されるわけでもない。DevOps環境の構築は、単純に人材を雇用するか育てるかという話ではない。むしろ、人材を雇用した上で人材育成を行う必要がある。

DevOps環境を構築するための雇用

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

Sitecore Experience Cloudが刷新、目玉は「ヘッドレス」「パーソナライズ自動化」「DAM」など
「Sitecore Experience Platform 9.1」がリリースされた。新バージョンにおける機能強化...

news005.jpg

RPA導入、知識や人材の不足を感じている企業が84.2%――パーソルホールディングス調べ
RPAによる業務自動化に取り組む企業が増える中、課題も浮かび上がっています。

news127.jpg

クラウド広告運用ツール「Shirofune」に複数コンバージョンの並行最適化機能
Shirofuneはクラウド広告運用ツール「Shirofune」の自動入札機能を拡張し、複数コンバー...