2009年11月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

業務をラクにする! SMBのExcel活用術【第4回】Excel+OLAPでスタートする「身近なBI」

Excelのピボットテーブルを利用したデータ分析はすぐに始められる。さらなる“発見”のために、今回はBIを実現するOLAPの基本を押さえつつ簡単にデータ分析ができる各社専用ツールについて紹介しよう。

[井上猛雄]

BIを実現する「OLAP」、3つの基本技術とは?

 前回の「オフィスに眠るExcelデータから新発見? クロス集計を活用する」では、Microsoft Office Excel(以下、Excel)のピボットテーブルを利用して、企業内で蓄積された大量のExcelデータをクロス集計し、さまざまな角度からデータを分析してみた。ピボットテーブルによって、一見バラバラに見える受注(売り上げ)データから、受注最多の営業所や、受注の多い時期、売れ筋の人気商品、売上成績の良い担当者など、知りたい情報や相関関係を即座に読み取ることができる。

 前回はあまり言及しなかったが、実はExcelのピボットテーブルは、BI(ビジネスインテリジェンス)を実現する、いわゆる「OLAP(On-line Analytical Processing:オンライン分析処理)」と呼ばれる多次元分析処理を提供する要素技術の1つだといえる。ピボットテーブルは、多次元データ分析を行える手軽な「クライアントツール」と見なすこともできるからだ。Excelのピボットテーブルでは抽出、分類、集計、並び替えなどの機能を使ったデータ分析が可能だが、データソースとしてExcelファイルだけでなく、多次元化されたデータベース(キューブ)なども扱える。

 OLAPは、企業内に蓄積されたデータから取り出した多次元データベースを活用し、そこから用途に応じて必要な情報を素早く取り出して集計・分析する技術だ。Excelのピボットテーブルは、OLAPの基本として挙げられる「ドリルダウン」(データ集計の基準を細かいレベルで精査する)、「スライシング」(データ集計の基準となる切り口をスライスして見せる)、「ダイシング」(集計表の軸を回転させることで見せ方を変える)の機能を有している(図1)。

図1 図1●OLAPツールの基本機能。「ドリルダウン」「スライシング」「ダイシング」の概念図《クリックで拡大》

 もちろん、Excelシート上のデータを加工するピボットテーブルだけでもいろいろな分析に対応できるが、さらにデータ分析や情報活用が進展してくると、社内にある基幹業務系データベースなどを盛り込んで、多次元分析にもチャレンジしたくなるだろう。とはいえ、データソースとなる多次元キューブの構築や外部データベースへの連携などは、BIが初めてのユーザーにとってハードルが高く感じられるかもしれない。

 マイクロソフト製品の場合は、例えば「SQL Server 2005 Analysis Services」(SSAS)でOLAPキューブを構築したり、Excel標準搭載の外部データ取り込み機能を使って外部データベースとの連携を比較的容易に実現できる(画面1)。これにより、Excelのピボットテーブルと、基幹系の業務データ、Office Access、SQL Serverとを連携させられるほか、ODBC接続が可能な他社製データベース(Oracle Databaseなど)のデータを活用することも可能だ。

画面1 画面1 外部データベースからExcelへのデータ取り込み。ウィザード形式で簡単に行える

 ただし、もし予算に余裕があるなら、Excelのピボットテーブルによる分析をさらに一歩進めて、商用のOLAP製品を導入するという選択肢もあるだろう。複数のデータベースからさまざまなデータを参照しながら、より複雑な分析や効率的なリポーティングを実現するというものだ。分析作業量が多い場合には、OLAP用のデータウェアハウス/データマートなどを立ち上げてソースデータベースへの負荷を低減することができる。今回は、このようなサードパーティーツールを利用した多次元分析について紹介する。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

電通デジタル、デジタル広告効果の新指標「ビュースルー行動転換率」を開発
電通デジタルは、デジタル広告の効果測定において、クリックありきではなく広く接触経験...

news008.jpg

スターバックス コーヒー ジャパンが考える「差別化」と「エンゲージメント」の意味
2017年6月に行われた「CMO Japan Summit 2017」の中から、スターバックス コーヒー ジャ...

news032.jpg

セキュリティカメラを活用したCRMシステム、ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドが提供
ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドは、マーケティング領域での連携サービ...