TechTargetジャパン

事例
「サーバSAN」の採用でSQL Serverを高速化、事例に学ぶストレージ刷新の秘訣
 事業の拡大に伴い、社内システムを追加開発することは珍しくない。しかし、度重なる追加開発は、システムの複雑化という新たな課題を招きやすい。JA全農グループで、飼料や動物医薬などの製造・販売を手掛ける科学飼料研究所もこのような課題に直面し、処理件数の増加に...(2017/10/24 提供:データコア・ソフトウェア株式会社)

技術文書
イベント監視など実運用面から見る「SQL Server 2017」移行ガイド
 データベースの移行には細心の注意が求められる。その有力候補である「SQL Server 2017」は各種ツールやパラメータなどの互換性に優れ、専用ツールが用意されていることもあり、比較的スムーズな移行が可能だが、考慮すべき点は多い。 本資料は、Oracle DatabaseからSQ...(2017/10/24 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
「SQL Server 2017」徹底解説:サーバコンポーネントを移行する際の注意点
 他社データベースから「SQL Server 2017」への移行に当たっては、その機能の一端であるサーバコンポーネントについての知識習得が欠かせない。認証やアクセス権限、暗号化といったセキュリティに関するものから、ファイル構成や読み取り専用領域設定などのストレージ...(2017/10/24 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
「SQL Server 2017」実践ガイド:Oracle DBからオブジェクトとデータを移行する
 Oracle Databaseを「SQL Server 2017」に移行する場合、問題になるのはデータベース本体だけではない。データベースオブジェクトやクエリといったツールの移行、互換性などにも考慮する必要がある。 SQL Server 2017は、ライセンスコストはもちろん、スキル取得の容易...(2017/10/24 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
フラッシュ導入で期待通りの点と期待外れの点は? 1000人に聞いた実際の効果
 多くの企業が大きな期待を持って導入を進めるフラッシュストレージ。導入後の“驚き”には、メリットもあればデメリットもある。実際に導入した企業にとって、期待通りだった点、期待外れだった点、何も変わらなかった点とはどのようなものか。これらを確かめるべく、IT...(2017/9/5 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
2000社が利用する人事給与サービスをクラウド化、三菱総研DCSが選んだDBMSとは
 三菱総研DCSが提供する給与人事サービス「PROSRV」は、同社の主力サービスの1つとして約2000社に提供されている。従来、「Microsoft SQL Server」を中心としたクライアント/サーバモデルとして構築していた同サービスだが、Web対応した競合サービスとの競争力に懸念が...(2017/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージドに苦手な処理はあるのか? 主要ワークロードで徹底検証
 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)にはクラウドのような柔軟性や拡張性、シンプル性など多くの魅力があるが、苦手な処理への懸念もある。例えば、サーバとストレージリソースの両方を使用するトランザクション中心のアプリケーションでは、パフォーマンスが不安定に...(2017/8/9 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

技術文書
償却期限間近の企業システムを迅速・低コストに移行する方法とは?
 業務アプリケーションを含めたインフラ全体をクラウドに移行する企業は、年々増えてきている。その狙いとしては、サポートが終了したOSやレガシーソフトウェアを維持するための時間やコストを削減し、パフォーマンスと信頼性の課題を回避することなどが挙げられる。 中...(2017/8/7 提供:アマゾンウェブサービスジャパン株式会社)

技術文書
「SQL Server 2016」の性能はどれだけ向上する? SSD環境とHDD環境を徹底比較
 SSDなどのフラッシュストレージは低価格化が進み、大企業ならずとも手の届く製品となった。そこで気になるのが、従来のストレージとの機能や価格の違いだ。本資料では、主要フラッシュストレージを、「Microsoft SQL Server」を使ったデータベースサーバのストレージと...(2017/7/31 提供:日本ユニシス株式会社)

製品資料
膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法
 昨今のようにデータの量と複雑さが増大し続ける状況では、信頼できるデータ基盤がなければ、日々の意思決定を的確に行うことも、アナリティクスやレポートからビジネス状況を正確に把握することも難しくなる。しかし、スプレッドシート、電子メール、レポート、顧客情報...(2017/7/3 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
CRMは3カ月必要……Microsoft Azure連携含めわずか1カ月で作った情報可視化基盤
 セゾン情報システムズでは、長年にわたって事業報告資料の作成にExcelを用いてきたが、直感的に情報が伝わりにくく、現場でのExcel入力に多くの手間が発生するなど運用上の課題がいくつも顕在化していた。そこで、新たに情報が容易に可視化できる仕組みづくりに取り掛か...(2017/6/23 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

技術文書
x86サーバで実機検証:Windows Server 2016で構築するハイパーコンバージド
 データセンターに求められる高度なセキュリティ機能を備え、オンプレミスとクラウドのシームレスな連携を実現する「Windows Server 2016」。数々の新機能の中でも特に注目されているのが、OSの標準機能のみでハイパーコンバージドインフラ(HCI)の構築まで行える「記憶...(2017/5/16 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
「Windows Server 2016」に最適なHCIは? 新たな分散ストレージ機能を徹底解説
 x86サーバの高性能化が進んだことで、物理サーバ1台あたりの仮想サーバ数やサービス数は増加傾向にある。その結果、従来の仮想化基盤では、SANやNASなどの共有ストレージにこれまで以上のI/Oが集中し、予算内で各仮想マシンの性能を維持することが難しくなってきた。 ...(2017/2/10 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

講演資料
チューニング不要? “特別な何かをせずとも”データベースは速くできるか
 データベース(RDBMS)で何よりも重視されるのはパフォーマンスだ。そのためのチューニングや劣化対策は昔から大きな課題となっている。多くの場合、マニュアル通りではない複雑なノウハウやスキルが必要となるが、そうした腕前を持つエンジニアは少ない。 またRDBMSは...(2016/11/25 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
統合データ管理ソフトの基礎解説――企業のあらゆるデータを保護するメリット
 統合データ管理ソフトウェアが注目されるようになった理由は、ファイルやメールシステム、PC端末、データベース、Webシステムなど、企業システムの各所で蓄積されるデータが膨大になってきたからだ。各システムで個別にこれらのデータをアーカイブし、バックアップする...(2016/9/6 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
Excelの便利さだけ残した「脱Excel」、データ管理業務の無駄を一掃
 Excelは多機能で自由度が高いため、高度で複雑な表を作成できる。しかし、完成した表は視認性こそ高いものの、管理や運用が複雑で、データの再利用が困難であることが多い。そのため、多くの企業が煩雑なExcel業務に貴重な時間を奪われている。 近年、さまざまな企業で...(2016/9/1 提供:大興電子通信株式会社)

事例
SAPの本番環境までAzure上に移行、東洋合成工業が少人数で移行できた方法とは?
 SAPなどの基幹システムをオンプレミスで運用する場合、どうしても避けられないのがハードウェアの老朽化や保守期限切れ、ユーザー数の増加に伴うパフォーマンス低下だ。そのため、近年は基幹システムのクラウド移行も検討されるようになってきた。 この取り組みにおけ...(2016/8/24 提供:富士通株式会社)

製品資料
Azureベースの独自クラウド、導入・運用の不安を解消するサービスとは?
 近年、ITシステムの変化を促す要因が多様化していることから、法制度やエネルギー・環境問題のような社会状況にも迅速に対応できるクラウドへの移行が進んでいる。しかし、不慣れなクラウドサービスの導入や運用には不安を感じる企業も少なくない。 そんな企業が注目し...(2016/8/24 提供:富士通株式会社)

技術文書
SQL Serverの最適な移行とは? Standard Editionを用いた低コスト環境で、高可用性と高速化を同時に実現
 Windows Serverとの親和性、管理性の高さ、使い勝手の良さにより、SQL Serverは今日も多くの企業で稼働している。しかしSNSなど顧客チャネルの多様化でデータは急増、分析処理も複雑になり、トランザクションは渋滞状態だ。DBの処理速度を取り戻しながら、高可用性も担...(2016/3/10 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
柔軟なITインフラ実現の鍵、次世代コンバージドインフラの実力を探る
 ITの敏しょう性や効率性の観点から、システム統合、リソース効率化、管理の一元化、投資コスト低減を実現するコンバージドインフラストラクチャに注目が集まっている。サーバ、ストレージ、ネットワーク、および管理機能を1つのユニットに配置し、構成を変更するだけでI...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

事例
複数プラットフォームのシステムはそのままに、新採用の障害監視ツールでコストを5分の1に
 業務システムが異なるプラットフォームで稼働しているケースは珍しくない。OSはWindows、UNIX、Linuxがほぼ3分の1ずつ、アプリケーションサーバはMicrosoft IIS、JBoss Application Server、Apache Tomcatがあり、データベースもOracle Databaseだけでなく、一部にMS SQ...(2015/11/19 提供:ゾーホージャパン株式会社)

製品資料
DBサーバは「パフォーマンス当たりのコスト」で考える、性能と合理的コストの両立
 ビッグデータ時代におけるDBシステムの重要性はますます高まっている。データ量の増加、蓄積データの広範かつリアルタイムな再利用ニーズの拡大に伴い、高パフォーマンス、高可用性、耐障害性への要求が高まっている。 その解決策の1つとして、Microsoft SQL ServerとS...(2015/8/6 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

レポート
5年間のTCOで最大60%以上の経費削減、データベースサーバの運用を比較検証
 パブリッククラウドの活用がTCO削減の有力な方法であるのは間違いない。しかし小規模組織などでは、LAN経由でデータベースを運用する方が効率的なケースもある。 短期視点では、データベース運用はハードウェアを購入し自社内で仮想マシンを制御するより、パブリックク...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

事例
ミルボンが販売データの分析基盤を刷新、「感動するくらい速くなった」との営業の声
 1960年設立のヘアカラー剤、パーマ剤、パーマ用器具類等の製造・販売を手掛けるミルボンは、分析用アプリケーションのバージョンアップを機に、現場の営業担当者による販売データの分析環境の見直しに着手するが、その際、重要視したのは、それまで個人のPC上で管理して...(2015/7/14 提供:株式会社インサイトテクノロジー)

事例
リーズナブルで柔軟なDRサイト構築術、デザイン全6パターン公開
 DRサイトを構築する場合、どのようなパターンがあるのだろうか。VMware vCloud Airの技術を生かした新しいDRサービスを例に見てみよう。このサービスでは、既存環境で稼働している仮想マシンの全てをDRサイトにレプリケーションしておくことも、レプリケーション対象の...(2015/7/13 提供:ニフティ株式会社)

技術文書
基幹系システムの高可用性にも応える、Microsoft Azure上にSQL ServerのHAクラスタを構築する方法
 企業システムのクラウド化が一般化するのに伴い、稼働系ノードから待機系へと移行するのに数分間の猶予も許されない、極めて高い可用性が求められるシステムの運用も視野に入りつつある。最新のパブリッククラウドサービスは、こうしたミッションクリティカルな基幹系シ...(2015/6/30 提供:サイオステクノロジー株式会社)

製品資料
バックアップとリストアを大幅に迅速化、柔軟なスナップショット活用とは?
 システムが複雑化してデータ量が急激に増加していく中、バックアップ完了が翌日の始業に間に合わないというケースがある。定期的にバックアップデータをリストアし、正常に業務再開が可能かを検証するまで手が回らないためだ。 また企業システムでは、前日のデータが復...(2015/5/27 提供:デル株式会社)

レポート
Microsoftのアプリケーションと利用環境のモニタリング最適化、10のヒント
 Microsoftのアプリケーションパフォーマンスの改善や、IIS、アプリケーションサーバ、Microsoft SQL Server、Active Directoryといったテクノロジーが複雑に絡んだコンポーネントのトラブルシューティング迅速化には、Microsoft製品を監視するモニタリングツールが欠か...(2015/5/14 提供:Ipswitch, Inc.)

技術文書
ディスク消費量削減率83%を記録、実環境検証で「リアルタイム圧縮」の実力を見る
 データを圧縮するツールや圧縮に対応したストレージ機器は各ベンダーが提供している。しかし、そのほとんどがポスト処理を採用しているため、データ圧縮の効果はバックアップなど一部の用途のみに限られていた。データ増加による保管ストレージのコストは、企業のIT予算...(2015/3/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

比較資料
前バージョンと徹底比較:Backup Exec 2014のパフォーマンスはどれほど向上した?
 物理サーバと仮想サーバ、そしてクラウドの混在運用が一般化する中、バックアップの運用やコストに課題を抱えている企業は少なくない。バックアップ処理の最適化と重複排除によってバックエンドストレージを削減すると、即時的にも長期的にもメリットを得られる。 シマ...(2015/2/12 提供:株式会社シマンテック)

Loading