「Amazon RDS Custom」「Amazon DynamoDB」を便利にする“あの機能”とは充実するAWSのクラウドデータベース【前編】

AWSはクラウドデータベースの強化や拡充を進めている。「Amazon RDS Custom」「Amazon DynamoDB」を便利にする機能と、同社がクラウドデータベースを充実させる狙いを説明する。

2022年02月09日 05時00分 公開
[Sean Michael KernerTechTarget]

関連キーワード

Amazon Web Services | データベース | RDBMS


 クラウドベンダーのAmazon Web Services(AWS)は2021年12月、組織がクラウドデータベースの管理と運用をしやすくするためのアップデートを実施した。このニュースは、AWSが2021年11月後半から12月にかけてラスベガスで開催したカンファレンス「AWS re:Invent」の基調講演で、同社の機械学習部門のバイスプレジデントを務めるスワミ・シヴァスブラマニアン氏が伝えた。

「Amazon RDS Custom」「Amazon DynamoDB」の便利機能 何が可能になるのか

 データベース管理システム(DBMS)の構成や設定をカスタマイズ可能なクラウドデータベース「Amazon RDS Custom」は当初、Oracleのリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)「Oracle Database」のみで利用できた。今回の発表で、MicrosoftのRDBMS「SQL Server」を新たに利用可能にし、組織がデータベースの構築と拡張をよりしやすくした。

 クラウドNoSQL(NoSQL:RDBMS以外のDBMS)の「Amazon DynamoDB」には、「Amazon DynamoDB Standard-Infrequent Access」(Standard-IA)という、アクセス頻度の低いデータ用のテーブルクラス(DynamoDBのテーブル設定)を追加した。IT調査会社dbinsightのアナリストであるトニー・べーア氏は「Amazon DynamoDBの新しいテーブルクラスは、ユーザー企業がコストを節約するのに役立つ」と述べる。

AWSにおけるデータベースサービスの立ち位置

 AWSがクラウドデータベースの全体的な方向性を示したことは「クラウドサービスのデータ管理におけるAWSの着実な前進を意味する」と、IT調査会社Gartnerのアナリスト、シド・ナグ氏は言う。AWSはデータベースのPaaS(Platform as a Service)ベンダーとしての地位を拡大・強化しているとナグ氏は指摘。「AWSにとって最も急成長している市場が、この分野であることが明らかになった」と述べる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...

news132.jpg

「Apple炎上」から何を学ぶか?(無料eBook)
Appleが新しい「iPad Pro」の広告用に公開した「Crush!」が世界中で大炎上したのは記憶に...

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...