2020年11月17日 05時00分 公開
特集/連載

「RDBMS」でも「NoSQL」でも解決できないデータベースの課題とは?多様化するデータへの挑戦【前編】

データの多様化が進むにつれて、従来の主流だったRDBMSで全てのデータを取り扱うことが難しくなってきた。NoSQLはそうした課題の一部を解決するものの、依然として解決が難しい課題は残る。それは何なのか。

[Jeff McCormick,TechTarget]

関連キーワード

RDBMS | データベース | NoSQL


 データが多様化する中、データベース業界でデータマネジメントに関する混乱が生じている。一般的に「データベースは単一のデータモデルのみを取り扱う」というのが少し前の共通認識だった。データの多様化が、この考え方に対して変化を迫っている。

 データモデルにはさまざまな種類がある。

  • データを2次元の表で表現するリレーショナル型
  • 特定のデータ形式を持たないドキュメント型
  • データをキーと値(バリュー)の組み合わせで保持するキーバリュー型
  • 要素同士の関係をデータとして扱うグラフ型

などだ。異なるデータモデルのデータを同一データベースに格納し、処理するのは困難を極める。これまで新しいデータモデルに遭遇したときには、そのデータを既存のデータベース管理システム(DBMS)が準拠しているデータモデルに無理やり合わせるか、適切なデータモデルを取り扱えるDBMSを購入しなければならなかった。

RDBMSでも、NoSQLでも解決できない“あの問題”

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「半沢直樹」視聴者におけるTwitter利用実態 多く使われた絵文字3位に「土下座」――Twitter Japanと電通調査
Twitter Japanなどがテレビドラマ「半沢直樹」(TBS系)を題材に実施した「テレビを観な...

news079.jpg

P&Gの「すごいマーケティング」に学ぶ(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...