2020年09月25日 05時00分 公開
特集/連載

IKEAはプロプライエタリDBMSから「PostgreSQL」にどう乗り換えたのかユーザー企業が語る「PostgreSQL」の魅力と課題【前編】

小売業大手のIKEAはオープンソースRDBMS「PostgreSQL」を活用している。数あるRDBMSの中からPostgreSQLを選択するに至ったプロセスと理由を担当者が語る。

[Sean Michael Kerner,TechTarget]

関連キーワード

PostgreSQL | RDBMS | データベース


 「PostgreSQL」(「Postgres」とも)は、代表的なオープンソースのRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)だ。2020年6月23〜24日の2日間にわたって開催されたPostgreSQL関連のオンラインカンファレンス「Postgres Vision 2020」では、ユーザー企業がPostgreSQLの過去、現在、未来について意見を交換した。このカンファレンスを主催したEnterpriseDB(「EDB」の名称で事業展開)は、PostgreSQLの商用版だけでなくコミュニティーエディション(無償版)を利用する企業に、サポートサービスを提供している。

IKEAがPostgreSQLを採用するまでの道のり

 グローバルに小売事業を展開するIKEAでデータベースインフラマネジャーを務めるディネシュ・アディカリ氏によると、同社は起業以来、基本的にプロプライエタリのDBMSを使用してきた。同社のEコマース(EC:電子商取引)拡大に伴い、このDBMSは近年、スケーリングの課題を抱えるようになっていた。そこで同氏が率いるチームは、利用中のDBMSのアセスメントを実施することにした。

 アディカリ氏のチームはこのアセスメントで、総所有コスト(TCO)の分析などIKEAがデータベースをどのように使っているのかを広範に調査した。その結果、IKEAでは本番環境よりも開発・テスト環境の方が、データベースの利用頻度が高いことを突き止めた。データベースのプロビジョニング(利用のための準備)に時間がかかっていることも明らかになった。

 アセスメントの結果を受けて、IKEAは社内のデータベース運用を一元化、効率化するシステムの構築を決めた。目的に沿ったシステムを選定した結果、PostgreSQLの採用に至った。

 PostgreSQLの特徴の中で、アディカリ氏が魅力を感じたのはコミュニティーだ。「多種多様な開発者が知識を共有し、PostgreSQLの発展に貢献していることから、PostgreSQLがIKEAに適するという確信を持てた」と同氏は話す。

 アディカリ氏のチームは、PostgreSQLを自らの手で導入するつもりで作業に取り掛かった。だがシステム構築に必要なスキルが社内でまかなえないと判断し、EDBのサポートを受けることにした。現在もIKEAはデータベースの近代化を図るための作業に取り組んでいる。

 IKEAが目指す状態の実現までには時間がかかる見込みだが「技術的には正しい方向に進んでいる」とアディカリ氏は語る。同社はPostgreSQLを導入し、EDBからサポートを受けることで、自信を持って取り組みを進められているという。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news152.jpg

よく分かる「デジタルネイティブ」入門(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

マーケターの87%がサードパーティーCookie利用規制の影響を実感――イルグルム調査
広告主はWeb広告の効果においてCookieの利用規制の影響を感じているようです。

news122.jpg

2021年ホリデーシーズンにおける米国オンライン消費額、サプライチェーン危機にもかかわらず過去最大を更新
「Adobe Digital Economy Index」によると、米国の2021年のホリデーシーズンにおけるオン...