2020年09月25日 05時00分 公開
特集/連載

レガシーアプリのDBMSを「クラウドデータベース」に移行させる賢い方法クラウドデータベースの選び方【第4回】

オンプレミスのインフラで稼働させているレガシーアプリケーションをクラウドサービスに移行させる際の課題が、DBMSの移行だ。移行先として「クラウドデータベース」を選ぶ場合、失敗しないためには何をすべきか。

[Kurt Marko,TechTarget]

 オンプレミスのインフラで稼働させてきたデータベース管理システム(DBMS)を、DBMSのクラウドサービス「クラウドデータベース」に移行させる際の負荷は、そのDBMSを利用するアプリケーションに依存する部分が大きい。自社にとって最善の決定をするためには、何に気を付ければよいのだろうか。

 新しく開発するアプリケーションであれば、開発段階でクラウドデータベースに合わせた仕様にすればよい。古いハードウェアからの脱却やコスト削減を理由に、レガシーアプリケーションのクラウドサービスへの移行を選ぶ企業もあるだろう。こうした企業は、オンプレミスのDBMSをクラウドデータベースに移行するかどうかを決めるだけではなく、移行先のアプリケーションでDBMSを適切に利用できるようにする必要がある。

レガシーアプリのクラウド移行時にクラウドデータベースをどう選ぶか

 レガシーアプリケーションをクラウドサービスに移行させるときに、単一のクラウドサービスへの移行よりも「ハイブリッドクラウド」への移行を選んだ方が、リスク管理や移行作業の負荷の面で優れている。ハイブリッドクラウドは、オンプレミスのインフラに構築したプライベートクラウドと、各種クラウドサービスとの組み合わせだ。

 ハイブリッドクラウドを採用することで、オンプレミスのインフラにあるデータをクラウドサービスに複製したり、クラウドサービスからオンプレミスのレガシーアプリケーションにアクセスしたりできる。IT部門は、バックアップ用にオンプレミスのレガシーDBMSを運用しながら、主要DBMSとしてクラウドデータベースを利用することが可能だ。

 レガシーアプリケーションのクラウドサービスへの移行に合わせてクラウドデータベースを採用することを決めたら、どのクラウドデータベースを選ぶかが重要になる。その際、移行先のクラウドサービスと同じベンダーが提供し、かつそのベンダーの独自技術を使ったクラウドデータベースを採用すると、クラウドサービスのメリットを引き出しやすくなる可能性がある。

 例えばAmazon Web Servicesは独自のリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)「Amazon Aurora」を開発し、同社のクラウドデータベースで利用できるようにしている。DBMSベンダーでもあるMicrosoftは、当然ながら自社のDBMSをクラウドデータベースに生かしており、GoogleもNoSQLサービス「Cloud Bigtable」など独自技術を使ったクラウドデータベースを提供している。

 クラウドデータベースの採用を決めたら、同じベンダーが提供するデータ分析サービスや機械学習サービスの活用も検討するとよい。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...

news144.jpg

正月三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値――ビデオリサーチ調査
正月三が日の総世帯視聴率(HUT)は過去10年で最高値となり、年末年始のテレビ視聴は例年...

news066.jpg

KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間で...