2019年11月06日 05時00分 公開
特集/連載

トレーニング不足や料金見積もりの失敗などオンプレミスから「クラウドデータベース」への移行を失敗させる10大ミス

データベース管理システムをオンプレミスからクラウドへ移行するときに、IT部門が犯しがちなミスがある。移行の失敗につながりかねない、主要な10個のミスを紹介する。

[Chris Foot,TechTarget]
画像

 より高速かつスケーラブルに導入でき、運用コストが低いデータベース管理システムを求めて、クラウドに目を向ける企業は少なくない。クラウド形式のデータベース管理システム(以下、クラウドデータベース)の選択肢も充実している。

 データベース管理システムを初めてクラウドに移行するときには、勘違いや見過ごしといったミスを起こしがちだ。ただしクラウドへの移行経験が何度もある企業も、こうしたミスの影響を受ける可能性がある。

クラウドへの移行時に犯しやすい10個のミス

 データベース管理システムをオンプレミスからクラウドへ移行する場合、早い段階で問題を特定して対処することが重要だ。そうすれば問題の影響を最小限に抑えることができ、新しいデータベースシステムの稼働時に想定外の問題が起きにくくなる。本稿は、ITチームがクラウドデータベースへの移行時に犯しやすいミスのトップ10を紹介する。

1.クラウドデータベースへの移行とサポートコストの過小評価

 クラウドデータベースを新たに導入するということは、新しいアーキテクチャを導入するということだ。自社システムの構築やアクセス、管理、監視、保護の方法を変えるような、大きな影響力がある。移行コストにはトレーニングとドキュメントの作成、組織の変化に伴うコストも織り込む必要がある。コスト管理については「4.ベンダーの課金体系への理解不足」も確認していただきたい。

2.組織の役割変化の過小評価

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

参加したくなるTwitterキャンペーンの条件――コムニコ調べ
売り上げ増やブランド好意度向上に有効なTwitterキャンペーンとはどのようなものでしょう...

news109.jpg

購買データ分析で見る「不足しがちな栄養素」は?――シルタス調べ
スーパーで買い物をしているユーザーの購買データから不足しがちな栄養素と充足している...

news110.jpg

大企業のデジタルマーケティング取り組み実態――富士通総研調査
大企業においてデジタルマーケティングの成果を出すポイントとは。