Azure VMを激安で使える「Spot VM」の魅力と“無視してはいけない”注意点「Azure VM」の利用料金を抑えるには【後編】

Microsoftの「Azure VM」には「Spot VM」という料金プランや「開発/テスト価格」「ハイブリッド特典」という割引制度があり、これらは利用料金の節約に役立つ。それぞれの特徴と、利用時の注意点を説明する。

2022年11月09日 08時15分 公開
[Chris TozziTechTarget]

 Microsoftのクラウドサービス群「Microsoft Azure」にある仮想マシン(VM)サービス「Virtual Machines」(以下、Azure VM)は、複数の料金プランを用意している。本稿はその中から「Azure Spot Virtual Machines」(Spot VM)を詳しく説明する。

Azure VMの「Spot VM」とは

 Spot VMとは、ユーザー企業がAzureデータセンター内の未使用のリソースを利用することで、安価にインスタンス(仮想サーバ)を利用できるようにした料金プランだ。ユーザー企業は、その都度必要な容量のSpot VMを購入することで利用できる。ただしSpot VMは、Microsoftが予告なく停止する可能性がある。Spot VMの可用性は、Azureの需要次第だ。

 ユーザー企業はSpot VMを利用することで、Azure VMの標準的な料金プラン「従量課金制」(Pay as you go)の料金と比較して、約90%の割引が受けられる。Azure VMのインスタンスタイプ「D2as v4」をAzureの東日本リージョン(Japan East)で、Spot VMとして利用すると、利用料金は1カ月当たり約9.052ドルから、1時間当たり0.0124ドルからになる。

 Spot VMで実行するワークロード(アプリケーション)は、インスタンスの中断を許容できるものに限られる。例えば大量のデータを処理する分析ツールで、処理途中で一時的にツールの動作が停止しても問題がない場合は、Spot VMが適切な選択肢になる。常に利用可能な状態にする必要があるアプリケーションのインフラには、Spot VMは適さない。

Azureの利用料金を抑える割引オプション

 Azure VMの利用料金を抑えるには、ワークロードに適したインスタンスタイプと料金プランを選ぶことが重要だ。MicrosoftがAzureで提供する割引制度を利用することで、利用料金を削減できる場合がある。

 検討すべき割引制度の一つが「Azure開発/テスト価格」(Azure Dev/Test pricing)だ。Azure VMでは、ワークロードの開発やテストを目的に使用するインスタンスは、通常の従量課金制の利用料金と比べて、最大60%の割引が受けられる。

 Azure VMのコスト削減に役立つもう一つの割引制度が「Azureハイブリッド特典」(Azure Hybrid Benefit)だ。Azureハイブリッド特典では、MicrosoftのクライアントOS「Windows」やリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)の「Microsoft SQL Server」など、既にユーザー企業が所有しているオンプレミスのMicrosoft製品のライセンスをAzureで再利用できる。AzureでWindowsのVMを運用する予定なら、Azureハイブリッド特典の利用を検討する価値がある。ただしAzureハイブリッド特典では、OSに「Linux」を搭載したインスタンスのコストは削減できない。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

AIを活用して広告クリエイティブの成果を予測 Macbee Planetが新モデルを開発
Macbee Planetは、AIを活用した広告クリエイティブの成果予測モデルを開発した。

news106.jpg

KDDIが取り組む3000万人規模のパーソナライゼーション データ基盤とAIの使いどころは?
AI時代のマーケターの悲願である「ハイパーパーソナライゼーション」に果敢に挑むのがKDD...

news046.jpg

ドクターペッパーが米炭酸飲料市場2位に躍進――ペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【後編】
「選ばれし者の知的飲料」として知られ、確固としたファンベースを築いたDr Pepper。新た...