いまさら聞けない「Web」の歴史 Web 1.0からWeb3までWebのこれまでとこれから【前編】

「World Wide Web」(Web)は現代になくてはならない技術だ。Webが誕生した当時から「Web3」までの間に、Webの主流技術はどう変化してきたのか。

2022年11月09日 08時15分 公開
[Kaitlin HerbertTechTarget]

関連キーワード

Web2.0 | Webアプリケーション


 新しい技術の仕組みや起源を理解することは重要だ。本連載は、なくてはならない存在となった「Web」に関連する技術の歴史を振り返る。

Webの歴史――技術はこう変化した

 Webつまり「World Wide Web」は、インターネット内にある複数のコンテンツを相互に結び付けたハイパーテキストシステムだ。1989年にコンピュータ科学者のティム・バーナーズ・リー氏がWebを考案して以来、Webは変遷を遂げてきた。

 1990年代から2000年代に普及した初期のWebである「Web 1.0」は、コンテンツ同士を結び付けるハイパーリンクといった基本的な要素に重点を置いていた。双方向のコミュニケーションをする場というよりも、情報ポータルとしての役割を担うものだった。

 2000年代半ばに広まった「Web 2.0」で、Webは双方向のコミュニケーションを実現した。ブログやソーシャルメディアなど、送り手と受け手の両方が情報を発信する場が生まれた。Web 2.0を象徴する「Ajax」は、Webページのカスタマイズ性を高め、複雑なものにした。Ajaxは、スクリプト(簡易プログラミング)言語「JavaScript」で非同期通信を実装するプログラミング手法だ。

 2020年代に動きが活発化したWeb3(「Web 3.0」とも)は、分散型の次世代Webだ。複数のコンピュータで正しい情報を共有する「ブロックチェーン」やAI(人工知能)技術などの新たな技術を取り入れている。


 中編は、これまでのWebとWeb3の違いを整理する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...