オンプレミスなのにクラウドの“謎インフラ”「オンプレミスクラウド」とは?「オンプレミスクラウド」という選択肢【第1回】

クラウドサービスの利用が広がっているものの、クラウドサービスが常に“最適解”とは限らない。このような場合に役立つのが「オンプレミスクラウド」だ。

2022年11月09日 10時00分 公開
[Esther SheinTechTarget]

 クラウドサービスのメリットをオンプレミスインフラでも得られるようにする――。クラウドベンダーは、そのための製品やサービスの開発を進めている。

高まる「オンプレミスクラウド」への需要

 IaaS(Infrastructure as a Service)をはじめとしたクラウドサービスへのワークロード(アプリケーション)移行は、全てのユーザー企業やアプリケーションベンダーにとって最善の選択肢というわけではない。機密性が極めて高いアプリケーションや、移行コストが高価になるアプリケーションは、クラウドサービスへの移行が難しくなる傾向がある。

 クラウドサービスの利点をオンプレミスインフラで得られるようにしたい――。こうしたニーズに応える手段として、ユーザー企業のオンプレミスインフラをプライベートクラウド(リソース専有型クラウド)化する「オンプレミス型プライベートクラウド」(以下、オンプレミスクラウド)がある。

 オンプレミスクラウドは新しい考え方ではない。「オンプレミスクラウドの実現に必要な技術と、オンプレミスクラウドを求めるユーザー企業の需要は急激に上昇している」。システムインテグレーターのWorld Wide Technology(WWT)でプライベートおよびハイブリッドクラウドソリューション担当のディレクターを務める、クリス・ワイス氏はこう話す。


 第2回は、ユーザー企業がオンプレミスクラウドを求める理由を掘り下げる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...