オンプレミスなのにクラウドの“謎インフラ”「オンプレミスクラウド」とは?「オンプレミスクラウド」という選択肢【第1回】

クラウドサービスの利用が広がっているものの、クラウドサービスが常に“最適解”とは限らない。このような場合に役立つのが「オンプレミスクラウド」だ。

2022年11月09日 10時00分 公開
[Esther SheinTechTarget]

 クラウドサービスのメリットをオンプレミスインフラでも得られるようにする――。クラウドベンダーは、そのための製品やサービスの開発を進めている。

高まる「オンプレミスクラウド」への需要

 IaaS(Infrastructure as a Service)をはじめとしたクラウドサービスへのワークロード(アプリケーション)移行は、全てのユーザー企業やアプリケーションベンダーにとって最善の選択肢というわけではない。機密性が極めて高いアプリケーションや、移行コストが高価になるアプリケーションは、クラウドサービスへの移行が難しくなる傾向がある。

 クラウドサービスの利点をオンプレミスインフラで得られるようにしたい――。こうしたニーズに応える手段として、ユーザー企業のオンプレミスインフラをプライベートクラウド(リソース専有型クラウド)化する「オンプレミス型プライベートクラウド」(以下、オンプレミスクラウド)がある。

 オンプレミスクラウドは新しい考え方ではない。「オンプレミスクラウドの実現に必要な技術と、オンプレミスクラウドを求めるユーザー企業の需要は急激に上昇している」。システムインテグレーターのWorld Wide Technology(WWT)でプライベートおよびハイブリッドクラウドソリューション担当のディレクターを務める、クリス・ワイス氏はこう話す。


 第2回は、ユーザー企業がオンプレミスクラウドを求める理由を掘り下げる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。