PC管理をMicrosoftに“丸ごとお任せ”できる「Microsoft Managed Desktop」とはPCaaS比較のための基礎知識【第7回】

「Microsoft Managed Desktop」は、「Windows」の更新や監視、セキュリティ対策など、ユーザー企業のPC管理作業をMicrosoftが担うサービスだ。利用するには、どのような条件を満たす必要があるのか。

2022年11月08日 10時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

 複数のPCベンダーが、PCのサブスクリプションサービス「PCaaS」(PC as a Service)を提供している。PCaaSは、PCの導入や管理の負荷軽減を支援する。

 厳密にはPCaaSではないものの、MicrosoftはPCaaSに関連するサービスを手掛ける。「Microsoft Managed Desktop」というPCライフサイクル管理サービスがそれだ。Microsoft Managed Desktopには、幾つかの利用条件があることに注意が必要となる。Microsoft Managed Desktopの特徴と、利用条件を説明する。

Microsoft Managed Desktopの特徴とは

 Microsoft Managed Desktopは、MicrosoftのクライアントOS「Windows 10」または「Windows 11」のビジネス利用向けエディションである、「Enterprise」「Pro」「Pro Workstation」を実行するPCのライフサイクル管理を支援する。ユーザー企業は管理対象PCとして、Microsoft製のPCまたはDell TechnologiesとHP、Lenovoが提供するMicrosoft認定デバイスから選択できる。

Microsoft Managed Desktopの利用条件と料金体系

 企業がMicrosoft Managed Desktopを利用するには、Microsoftのオフィスイート「Microsoft 365」の企業向けプラン(「Microsoft 365 E3」など)と、Microsoftのデバイス管理サービス「Microsoft Intune」のライセンスが必要だ。Microsoft Managed Desktopを利用する全てのエンドユーザーのアカウントが、以下のどちらかの状態になっている必要もある。

#MicrosoftのID・アクセス管理サービス「Azure Active Directory」で管理できる状態になっている。

#MicrosoftのオンプレミスのID・アクセス管理システム「Active Directory」に加えて、Active DirectoryとAzure Active Directoryのデータを同期するサービス「Azure AD Connect」を使い、ネットワークを通してアカウント情報の同期が取れる状態になっている。

 Microsoft Managed Desktopには「Plan 1」「Plan 2」という2つのプランがある。どちらのプランでもMicrosoftのクライアントOS「Windows」、オフィススイート「Microsoft Office」の最新機能が利用できる。Plan 2は、デバイスの構成やセキュリティに関する機能がPlan 1よりも幅広く利用可能だ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

GartnerのCMO調査の結果が示唆する低予算時代のマーケターが生きる道
Gartnerが欧米のマーケティング意思決定者395人を対象に実施したCMO支出調査の結果です。

news011.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年5月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news186.jpg

Webマーケティングの調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動作成が「GPT-4o」に対応
集客戦略やサービス改善のための調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動生成がOpenA...