2022年11月01日 05時00分 公開
特集/連載

ThinkPadをサブスクで使えるPCaaS「Lenovo Device as a Service」とは?PCaaS比較のための基礎知識【第6回】

Lenovoは「ThinkPad」や「ThinkCentre」などの同社製デバイスのサブスクリプションサービスとして、PCaaS「Lenovo Device as a Service」を提供している。その中身とは。

[Robert SheldonTechTarget]

 PCベンダーはPCのサブスクリプションサービス「PCaaS」(PC as a Service)を提供し、PC管理の負荷を軽減している。LenovoはPCaaSを提供するベンダーの一つだ。本稿は、同社のPCaaSを詳しく説明する。

“ThinkPadのサブスク”「Lenovo Device as a Service」とは?

 LenovoのPCaaS「Lenovo Device as a Service」は、同社のノートPC「ThinkPad」やデスクトップPCの「ThinkCentre」を事前構成済みで利用可能にする。ライフサイクル管理やセキュリティ対策など、PC管理に必要な作業も同社が代行する。Lenovo Device as a Serviceには、以下の特徴がある。

  • さまざまな種類のLenovo製デバイスを選択可能にしており、需要の変化に応じてデバイスの数を変更できるようにしている。
  • 社内のハードウェア資産とソフトウェア資産を追跡し、デバイスの正常性や使用状況を可視化するレポートを提供する。
  • ハードウェア廃棄サービスで、環境規制に準拠したデータ削除とデバイス廃棄を可能にする。
  • セキュリティ対策サービスには、リスクが潜むデータの検出やアプリケーションの正常性監視、セキュリティ体制に関する報告、潜在的なセキュリティ問題のリモート修正などを含む。
  • ユーザー企業専用の電話回線と専任のテクニカルアカウントマネジャーを用意し、デバイスの診断や修復を実施するプレミアサポートを提供する。

Lenovo Device as a Serviceの料金体系

 Lenovo Device as a Serviceは「Simplify」「Accelerate」「Transform」という3つのプランを用意している。各プランはデバイスの台数ではなく、機能で分かれている。Simplifyには、Lenovoのセキュリティ製品群「ThinkShield」やプレミアサポート、ハードウェア/データの安全な撤去などを含む。AccelerateにはSimplifyの内容に加えて、BIOSのカスタム設定やハードウェア/ソフトウェアの資産管理が追加。MicrosoftのWindowsデプロイ支援ツール「Windows Autopilot」へのデバイス設定やエンドユーザー情報などの登録といったサービスも加わる。

 TransformはAccelerateの内容に加えて、統合エンドポイント管理や不注意による損傷からの保護など、Lenovoが提供するさまざまなオプションサービスを任意で組み合わせることができる。プランは全て月額の定額課金で、初期利用料金はかからない。


 第7回はPCaaSの関連サービスとして、MicrosoftのPCライフサイクル管理サービス「Microsoft Managed Desktop」を取り上げる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

新進D2CコスメブランドのCMOが激推し 「Meta Advantage+ ショッピングキャンペーン」とは?
Meta幹部はD2CコスメブランドJones Road BeautyのCMOとのラウンドテーブルで、2024年に広...

news091.jpg

2023年の動画広告市場は前年比112%の6253億円 縦型動画広告が高成長――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントが10回目となる国内動画広告市場の調査結果を発表しました。

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...