PCはもはや買うものではない――「PCaaS」が生まれた理由PCaaS比較のための基礎知識【第2回】

PCのサブスクリプションサービス「PCaaS」(PC as a Service)は、複雑なPC管理の課題の解決に役立つという。どのような課題に対処でき、どう解決するのか。

2022年10月04日 05時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

 PCのサブスクリプションサービス「PCaaS」(PC as a Service)が登場した背景には、PCを取り巻くさまざまな課題がある。主要な課題を整理しよう。

「PCを買う」という“当たり前”が招いてきた苦行

 企業にとって、PC管理はさまざまな課題や作業を伴う。PCの刷新にはコストや時間がかかる。そのためPCの刷新が進まず、従業員が古いPCで仕事をしている企業もある。

 古いPCでは、トラブルシューティングにかかるコストやセキュリティリスクの増大といった問題が生じやすい。ユーザーエクスペリエンス(UX:ユーザー経験価値)の低下や、最新のアプリケーションが利用できないことによる従業員の不満増大につながる可能性もある。

 テレワークをする従業員が増えると、IT部門がPCを監視したり、管理したりすることはさらに難しくなる。IT部門の人員不足によって、PCの購入や更新、廃棄、リサイクルを進めるのも困難になっている。PCの調達や管理をベンダーが担当するPCaaSは、こうした課題を解決するのに役立つ。


 第3回は、PCaaSを選ぶときのポイントを説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...