TechTargetジャパン

製品資料
どこでも打刻、管理は慣れたExcelで――ハイブリッド型勤怠管理で何が変わる?
 業務におけるモバイル活用やワークスタイルの多様化が進んだことで、これまでの「Excelがあるから勤怠管理ソフトは不要」という考えを改め、方向転換を図る企業が増えている。とはいえ、使い慣れたExcelの操作性を捨てるのは惜しいというのも管理者の本音だ。 そこで注...(2016/8/22 提供:KYODOU株式会社)

製品資料
「やっぱりExcelがよかった」、勤怠管理ツール導入のよくある失敗を防ぐには?
 勤怠管理ソフトを導入したものの社員の評判が悪かったり、余計に管理が不便になったりして、結局、元のExcelファイルが使われるといったケースは少なくない。このような失敗の多くは、「勤怠管理に特化した製品ならどれでも大丈夫」という勘違いから生まれている。 パ...(2016/8/22 提供:KYODOU株式会社)

事例
勤怠管理処理を3分の1に短縮、富士屋ホテルが“あらゆる働き方”に対応した方法
 さまざまな勤務形態や雇用形態のスタッフを抱える企業にとって、勤怠管理の複雑化は頭の痛い問題だ。特にホテル業界のように、24時間多くの種類のスタッフが勤務し、「中抜け」のような独自の働き方まである場合、一般的な勤怠管理ソフトでの対応は難しい。 箱根の温泉...(2016/8/22 提供:KYODOU株式会社)

事例
Excelやメールに散らばり、報告方法も個人任せだった営業情報がクリック1つで集約
 企業の成長は、市場の成長を着実に自社の成果と結び付けることで実現する。これが徹底されなければ、有望な市場を目の前にしても成果を挙げられない。市場の成長をキャッチアップするには、強い営業力が必要だ。そして強い営業は、他社よりも「情報力」が優れている。 ...(2016/8/1 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
法人向けPDFソフト導入はサブスクリプションへ――課金型のコストと機能に迫る
 PDFは日々の業務で利用される文書ファイルだけに、「文字が修正できない」「ファイルをまとめたり分割したりできない」といったことが大きなストレスになる。そこでPDF編集ソフトの導入を検討する企業が多いが、同じように見えるソフトにもやはり機能や品質の違いがある...(2016/7/29 提供:アドビ システムズ 株式会社)

製品資料
部署任せだったシステム、「今さら標準化?」といわれないための再構築法
 IT利用に関する社内の温度差を放置していると、部署ごとにツールやシステムが作られ、業務の属人化が始まる。その結果として、ある部署ではExcelやAccessで作った簡易なツールで業務を行い、他の部署では独自のシステムが運用されるといった状況が生まれる。 このよう...(2016/7/14 提供:株式会社プロシップ)

事例
脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法
 ビジネスプロセスの合理化や自動化、モバイルワーク対応など、業務アプリケーションへの要求はますます高まっている。しかし、開発にかかるコストや時間、ERPやレガシーなシステムとの連携の難しさなど、開発部門の前にはさまざまな課題が立ちはだかっている。 こうし...(2016/7/8 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
契約管理業務を文書整理だけで終わらせない――進行管理まで行うためのDB活用法
 パチンコ・パチスロメーカーのサミーでは、機器1台の開発プロジェクトに対して、20件近い開発委託契約書を作成する。同社はこの管理のためにExcelを用いていたことで、業務の継続性に大きな問題を抱えていた。 開発組織の拡大に伴う開発スピードの向上により、管理対象...(2016/7/1 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
脱Excelの選択肢、専用パッケージと汎用DBツールのどちらがベスト?
 Excelファイルや紙の申請書で資産などを管理することに限界が見えてきたことから、多くの企業で管理用パッケージの導入が進んでいる。しかし、専用パッケージが提供する豊富な機能の中に自社に必要な機能がなかった、というケースも少なくない。 ゴルフに関わるさまざ...(2016/7/1 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
わが社でも使える? Office 365のライセンス形態をチェック
 「Office 365」を導入するときに、よく話題になるのがライセンスの複雑さです。Office 365には「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」「Skype for Business Online」など多くのアプリケーションがあります。これらは製品単体で契約することももちろん可能ですが、用途...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

技術文書
BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり
 高度な分析スキルがなくても、あらゆる規模のデータを探索・分析できるBIツールが登場するようになった。これにより多くの企業において、BIやアナリティクス関連の業務が組織内で広く浸透している。ここで新たな課題として浮上してきたのが、多数の企業で導入されている...(2016/6/16 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
全25社のマーケティングオートメーション活用事例集、各社は何を改善したのか?
 「自社のマーケティング活動は成功している」と胸を張って言える企業はどれほどあるだろうか? 現在はあらゆる施策が数値化され、データに基づいたアクションでなければ経営層にも説明ができない。そのような中で、マーケティングオートメーション(MA)の有用性が認知...(2016/6/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
タスク管理DBを10分で作成、オーディオテクニカの業務改善を支えるシステムとは
 業務管理システムの代わりにExcelやAccessを使うことが“スキルの証明”となる時代が長く続いていたが、この数年で状況は大きく変わった。セキュリティ強化、データ活用などの要求水準が一段と高まったことに加え、従来の方式では業務の効率化が進まなくなったことが要...(2016/6/1 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
1日がかりだった損益計算が1時間で終了、多数の店舗間でも集計や共有を大幅短縮
 数十から数百規模の店舗数で日々売り上げが入ってくるビジネスでは、その数字をできるだけ正確かつ迅速に把握することが、競合に先がけて効果的な販売戦略を実施するための条件となる。また数字の素早い把握は、店舗のモチベーションを上げ、インセンティブ制度などのメ...(2016/6/1 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
生産現場のリアルタイムモニタリングで不良品ゼロを目指す。富士ゼロックスの製造拠点が行う生産革新
 生産現場の改革に向けたチャレンジを重ねてきた富士ゼロックスマニュファクチュアリング。「部材の納期を追いラインをつなげる在庫シミュレーション」「流動数曲線による引き溜め在庫コントロール」などすでに多くの成果を上げてきた同社が開始した新たな取り組みが、iP...(2016/5/11 提供:ウイングアーク1st株式会社)

事例
集計が担当者任せなら「データ活用」ではない、データ管理一元化の次に必要なもの
 さまざまな業務データを一元化して管理する体制が出来上がったと思っていても、いざ日次や月次の定型レポートを作成するとなると、担当者がExcelで集計や加工の作業に追われるケースは珍しくない。“データ活用”において、この状況は必ずしも十分とはいえない。 こう...(2016/4/22 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
中堅・中小企業の成長の鍵は“脱Excel”?
 Excelは強力な分析機能を備えているものの、従業員ごとに非定型な使い方をして、社内でデータの一貫性を管理することが難しい場合がある。ビッグデータ時代に備え、中堅・中小企業も「BI ツール」の活用を前向きに検討してみてはいかがだろうか。(2016/4/21 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ITRレポートが明らかにする「セルフサービスBI」データ分析のこれまでとこれから
 企業におけるデータ分析の課題は、分析時間の短縮と得られた結果の素早い共有にある。そのため、IT部門を通さずに必要なデータの抽出や加工が可能で、業務部門のスタッフでも簡単に分析が行える柔軟なツールが求められてきた。 そこでいよいよ登場したのが、従来型のBI...(2016/4/5 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

事例
住信SBIネット銀行がメールマーケティングシステムを刷新、効果検証の課題も解決
 インターネット専門の銀行である住信SBIネット銀行では、マーケティング業務において、主に電子メールやWebサイトによる施策を実施していた。その際、マーケティング担当者が常に考えるのが、メール配信のコスト、タイミング、効果検証である。 Excelなどを使い顧客デ...(2016/3/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
成長企業が語る「Excelでのビジネス管理」を止めた理由
 社員数が少なく、事業もシンプルな企業であれば、Excelとメールだけで顧客情報や業務プロセスの管理、スケジュール管理など全てをこなすことができるかもしれない。しかし、事業が拡大し、案件数や人員が増加すると、この手法では必ず限界が訪れる。顧客情報が分散して...(2016/2/1 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
トヨタ向け製品の品質管理を支える、迅速なトレーサビリティ
 「トヨタの北の拠点」として、ハイブリッドトランスアクスル・オートマチックトランスミッション・最新型無段変速機(CVT)やトランスファーを生産しているトヨタ自動車北海道。 同社の技術部では、製品製造において発生した問題の原因究明(トレーサビリティ)のため...(2015/11/13 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

レポート
脱Excelの大本命 急成長の「セルフサービスBI」が選ばれる理由とは
 米調査会社Gartnerの調査では、セルフサービス型やデータ探索型と呼ばれるBI/分析ツールへと市場が拡大していることが明らかになった。ビジネスユーザーが自らの手でデータを処理・分析し、よりタイムリーな洞察を得るためのツールとして大きな注目を集めている。 実...(2015/9/17 提供:アイティメディア株式会社)

事例
6事業で縦割りのシステム、Excel作業だった監査データ集約を自動化できたわけ
 米国の大手マネージドケア企業CareWorksは、ヘルスケア関連ビジネス、テクノロジーコンサルティング、マネージドサービスなど6つの事業を手掛けている。各事業を運営するグループ企業各社それぞれにセキュリティと監査の要件があり、ITインフラ、アプリケーション、ITサ...(2015/9/15 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

事例
ミルボンが販売データの分析基盤を刷新、「感動するくらい速くなった」との営業の声
 1960年設立のヘアカラー剤、パーマ剤、パーマ用器具類等の製造・販売を手掛けるミルボンは、分析用アプリケーションのバージョンアップを機に、現場の営業担当者による販売データの分析環境の見直しに着手するが、その際、重要視したのは、それまで個人のPC上で管理して...(2015/7/14 提供:株式会社インサイトテクノロジー)

事例
新聞社が選んだMicrosoft Office互換ソフトJUST Office、その選定ポイントとは?
 Officeソフトのアップグレード時に問題となるのが、新しいインタフェースやファイル形式の変更に伴う混乱や機能の習熟だ。 福島民友新聞社は、かつてMicrosoft Office 2003から2007への移行時に、UIの大幅な変更で社内の混乱を経験しており、Microsoft Office互換ソフ...(2015/6/22 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
目的も用途も異なる全くの別物? 「グループウェアとSFAの違い」とは
 SFA(営業支援システム)の機能を見ると、スケジュール管理機能があり、案件管理機能があり、グループウェアと大差ないように思える。そのため、SFAを導入するより、既存のグループウェアを使って営業強化を図ればよいのではないか、という発想が生まれてくる。 しかし...(2015/6/11 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
事例:業務部門担当者がリアルタイムに進捗把握、分析作業も簡単に(全7社)
 日々蓄積される業務情報を吸い上げ、統合し、進捗状況などをほぼリアルタイムで把握できるようにするソリューションは、さまざまな形で市場に出回っている。しかし、1つの部門や部署が率先して素早く実現するには、高いレベルの専門知識が必要で、構築期間やコストも莫...(2015/5/28 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
事例:ExcelやAccessに代わる業務管理ツールを活用した5社の成功事例、その実態とは
 Microsoft ExcelやMicrosoft Accessで個々の担当者が業務に関する情報を入力し、それらを管理者がまとめて帳票化するという作業は、日常的に実施されている。数名の規模であれば、こうした方法でもさして問題は起きず、手入力によるミスなどもすぐに修正・共有できるが...(2015/5/28 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
事例:2週間→2日に作業工数を大幅短縮、予算実績管理表の作成効率化で打ち手も加速
 総合エレクトロニクス商社の東和電気は、毎月、基幹システムから月次の売上データを集計、分析し、予算実績管理表としてレポーティングするのに、システム要員2人がMicrosoft Excelを駆使して2週間を要していた。その間の業務遅滞を解消し、経営環境の変化にスピード感...(2015/5/28 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
スターフライヤーの売り上げ330億円を支える会計システム刷新プロジェクト
 2006年3月、北九州空港を拠点として就航し、現在は国内5路線を運航するスターフライヤー。他の航空会社との明確な差別化を図るために徹底した低コスト体制を貫く同社は、大手に比べ割安の航空運賃を堅持しながら、2014年3月には前年の31%増となる330億2400万円の売り上...(2015/3/31 提供:SAPジャパン株式会社)

Loading