TechTargetジャパン

講演資料
Excelの式入力ができるなら、同じ手間でもっと便利な業務アプリ作成ができる
 市場の変化が急速で、業務で利用するアプリの開発が追い付かなくなっている。陳腐化した既存システムでは現場の業務効率は上がらず、顧客の要望にも対応が遅れ、競合他社に先を越されてしまう。これからの業務アプリは「現場サイドで作れる」が重要な要件になる。 これ...(2016/12/1 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
ERP刷新で業務改革・ガバナンス・BCPを一気に推進――THKリズムの海外拠点改革
 拠点拡大や海外展開を目指す企業にとって、本社で各拠点の情報をリアルタイムに把握できるかどうかはビジネスの成否を分ける大きなポイントとなる。しかし、そのためには、各拠点における情報の可視化やビジネスプロセスの標準化といった課題を解消する必要がある。 こ...(2016/11/17 提供:インフォアジャパン株式会社)

事例
プロジェクト管理も脱Excel化、リソース管理を最適化するツールの7つの利点
 プロジェクトの進捗、リソースの割り当て率などの管理では、Excelを利用している企業が少なくない。この場合、作成、管理、更新にかかるコストが高く、リアルタイムに可視化することも容易ではなく、どうすれば確実に目的を達成できるかが課題だった。 こうした課題に...(2016/11/11 提供:サイフォーマ株式会社)

レポート
「Excelで何とかなる」は大間違い、製造業にありがちな情報システム連携の課題
 多くの製造業は、新興国に生産拠点を設けることで一定の成果を得てきた。しかし、新興国の急激な経済成長に伴い、現地の顧客ニーズの多様化、製造品目の多様化、製造工程の複雑化、現地人件費の上昇などを背景に、そのビジネスモデルは崩れ始めている。 こうした状況か...(2016/11/10 提供:インフォアジャパン株式会社)

レポート
製造業の情報連携に必要な4つのステップ――自動車業界の課題と対策を解説
 昨今、自動車業界の構造は新興国の低価格市場出現などにより、大きく変化している。完成車メーカーの多くは、海外市場に対応するために現地化を進め、それに伴い部品メーカーも積極的に海外展開を加速している。現在、日本の自動車業界に属する企業の海外売上高比率は...(2016/11/10 提供:インフォアジャパン株式会社)

事例
事例:業務部門担当者がリアルタイムに進捗把握、分析作業も簡単に(全7社)
 日々蓄積される業務情報を吸い上げ、統合し、進捗状況などをほぼリアルタイムで把握できるようにするソリューションは、さまざまな形で市場に出回っている。しかし、1つの部門や部署が率先して素早く実現するには、高いレベルの専門知識が必要で、構築期間やコストも莫...(2016/11/1 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
契約管理業務を文書整理だけで終わらせない――進行管理まで行うためのDB活用法
 パチンコ・パチスロメーカーのサミーでは、機器1台の開発プロジェクトに対して、20件近い開発委託契約書を作成する。同社はこの管理のためにExcelを用いていたことで、業務の継続性に大きな問題を抱えていた。 開発組織の拡大に伴う開発スピードの向上により、管理対象...(2016/11/1 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
VDIと比べてどれだけ速い? 仮想化しないリモートデスクトップの導入効果
 リモートデスクトップ環境を実現するためにVDI(仮想デスクトップインフラ)を導入したものの、パフォーマンス不足に悩む企業は多い。VDIはサーバのリソースを個々のユーザーに割り当てるため、多数のユーザーが利用するとサーバのリソースが不足する。 その結果、サー...(2016/10/31 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
現場の勘と経験と10億件のビッグデータ分析で急成長、スシローを支えるBIツール
 回転ずしチェーン店「スシロー」を運営するあきんどスシローでは、すし皿に取り付けたICタグで、全店のレーンに流れるすしの状況を把握している。そして、どの店でどんなすしが食べられたのか、あるいは廃棄されたのかといったデータを毎年10億件以上蓄積している。 こ...(2016/10/14 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

レポート
ITRレポートが明らかにする「セルフサービスBI」データ分析のこれまでとこれから
 企業におけるデータ分析の課題は、分析時間の短縮と得られた結果の素早い共有にある。そのため、IT部門を通さずに必要なデータの抽出や加工が可能で、業務部門のスタッフでも簡単に分析が行える柔軟なツールが求められてきた。 そこでいよいよ登場したのが、従来型のBI...(2016/9/30 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

事例
事例:2週間→2日に作業工数を大幅短縮、予算実績管理表の作成効率化で打ち手も加速
 総合エレクトロニクス商社の東和電気は、毎月、基幹システムから月次の売上データを集計、分析し、予算実績管理表としてレポーティングするのに、システム要員2人がMicrosoft Excelを駆使して2週間を要していた。その間の業務遅滞を解消し、経営環境の変化にスピード感...(2016/9/30 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
タスク管理DBを10分で作成、オーディオテクニカの業務改善を支えるシステムとは
 業務管理システムの代わりにExcelやAccessを使うことが“スキルの証明”となる時代が長く続いていたが、この数年で状況は大きく変わった。セキュリティ強化、データ活用などの要求水準が一段と高まったことに加え、従来の方式では業務の効率化が進まなくなったことが要...(2016/9/30 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
月末の経費・交通費精算から営業職を解放、Webアプリでペーパーレス化
 どうしても月末にためてしまいがちな経費精算業務は、移動や外出が多い営業職などにとって大きな負担となっている。過去のスケジュールや交通費を確認し、領収書を探してExcelへ入力。そんな作業で1時間近くを要する人も多いのではないだろうか。 そこで業務改善を図る...(2016/9/27 提供:株式会社ティー・シー・エフ)

事例
日立グループ約30万人のグローバル人事管理を劇的に変えたBIツール活用術
 総合電機メーカーの日立製作所は、国内外のグループ会社約900社の30万人にも上る社員の人事情報をグローバルで共有している。その基礎となる人財データベースはIT部門がスクラッチ開発したものだが、その分析機能に大きな課題を抱えていた。 分析をするためには「グロ...(2016/9/7 提供:株式会社レジェンド・アプリケーションズ)

事例
「使い慣れた表は手放さない」、Excel業務から時間とコストの無駄だけなくす方法
 大量のデータ入力に対して優れた操作性を備えたExcel。数式を即座に計算し、多彩な形式でデータを可視化できるなど、その性能は誰もが認めるところだが、近年は「脱Excel」を目指す企業が増えている。その理由の1つがExcel業務に伴う数多くの手作業だ。 手作業の増加に...(2016/9/1 提供:大興電子通信株式会社)

製品資料
Excelの便利さだけ残した「脱Excel」、データ管理業務の無駄を一掃
 Excelは多機能で自由度が高いため、高度で複雑な表を作成できる。しかし、完成した表は視認性こそ高いものの、管理や運用が複雑で、データの再利用が困難であることが多い。そのため、多くの企業が煩雑なExcel業務に貴重な時間を奪われている。 近年、さまざまな企業で...(2016/9/1 提供:大興電子通信株式会社)

レポート
社内ポータルの機密情報保護――情報漏えいにつながる操作だけを制限するには?
 社員の情報共有を目的として、社内ポータルやナレッジマネジメントシステムを運用する企業では、厳格なセキュリティポリシーを策定している。しかし、人に任せた運用では、重要情報をダウンロードしたり、印刷したりして持ち出すことを完全には防げない。 ある保険会社...(2016/8/25 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

製品資料
どこでも打刻、管理は慣れたExcelで――ハイブリッド型勤怠管理で何が変わる?
 業務におけるモバイル活用やワークスタイルの多様化が進んだことで、これまでの「Excelがあるから勤怠管理ソフトは不要」という考えを改め、方向転換を図る企業が増えている。とはいえ、使い慣れたExcelの操作性を捨てるのは惜しいというのも管理者の本音だ。 そこで注...(2016/8/22 提供:KYODOU株式会社)

製品資料
「やっぱりExcelがよかった」、勤怠管理ツール導入のよくある失敗を防ぐには?
 勤怠管理ソフトを導入したものの社員の評判が悪かったり、余計に管理が不便になったりして、結局、元のExcelファイルが使われるといったケースは少なくない。このような失敗の多くは、「勤怠管理に特化した製品ならどれでも大丈夫」という勘違いから生まれている。 パ...(2016/8/22 提供:KYODOU株式会社)

事例
勤怠管理処理を3分の1に短縮、富士屋ホテルが“あらゆる働き方”に対応した方法
 さまざまな勤務形態や雇用形態のスタッフを抱える企業にとって、勤怠管理の複雑化は頭の痛い問題だ。特にホテル業界のように、24時間多くの種類のスタッフが勤務し、「中抜け」のような独自の働き方まである場合、一般的な勤怠管理ソフトでの対応は難しい。 箱根の温泉...(2016/8/22 提供:KYODOU株式会社)

製品資料
法人向けPDFソフト導入はサブスクリプションへ――課金型のコストと機能に迫る
 PDFは日々の業務で利用される文書ファイルだけに、「文字が修正できない」「ファイルをまとめたり分割したりできない」といったことが大きなストレスになる。そこでPDF編集ソフトの導入を検討する企業が多いが、同じように見えるソフトにもやはり機能や品質の違いがある...(2016/7/29 提供:アドビ システムズ 株式会社)

製品資料
部署任せだったシステム、「今さら標準化?」といわれないための再構築法
 IT利用に関する社内の温度差を放置していると、部署ごとにツールやシステムが作られ、業務の属人化が始まる。その結果として、ある部署ではExcelやAccessで作った簡易なツールで業務を行い、他の部署では独自のシステムが運用されるといった状況が生まれる。 このよう...(2016/7/14 提供:株式会社プロシップ)

事例
脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法
 ビジネスプロセスの合理化や自動化、モバイルワーク対応など、業務アプリケーションへの要求はますます高まっている。しかし、開発にかかるコストや時間、ERPやレガシーなシステムとの連携の難しさなど、開発部門の前にはさまざまな課題が立ちはだかっている。 こうし...(2016/7/8 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
脱Excelの選択肢、専用パッケージと汎用DBツールのどちらがベスト?
 Excelファイルや紙の申請書で資産などを管理することに限界が見えてきたことから、多くの企業で管理用パッケージの導入が進んでいる。しかし、専用パッケージが提供する豊富な機能の中に自社に必要な機能がなかった、というケースも少なくない。 ゴルフに関わるさまざ...(2016/7/1 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
わが社でも使える? Office 365のライセンス形態をチェック
 「Office 365」を導入するときに、よく話題になるのがライセンスの複雑さです。Office 365には「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」「Skype for Business Online」など多くのアプリケーションがあります。これらは製品単体で契約することももちろん可能ですが、用途...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

技術文書
BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり
 高度な分析スキルがなくても、あらゆる規模のデータを探索・分析できるBIツールが登場するようになった。これにより多くの企業において、BIやアナリティクス関連の業務が組織内で広く浸透している。ここで新たな課題として浮上してきたのが、多数の企業で導入されている...(2016/6/16 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
住信SBIネット銀行がメールマーケティングシステムを刷新、効果検証の課題も解決
 インターネット専門の銀行である住信SBIネット銀行では、マーケティング業務において、主に電子メールやWebサイトによる施策を実施していた。その際、マーケティング担当者が常に考えるのが、メール配信のコスト、タイミング、効果検証である。 Excelなどを使い顧客デ...(2016/6/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
生産現場のリアルタイムモニタリングで不良品ゼロを目指す。富士ゼロックスの製造拠点が行う生産革新
 生産現場の改革に向けたチャレンジを重ねてきた富士ゼロックスマニュファクチュアリング。「部材の納期を追いラインをつなげる在庫シミュレーション」「流動数曲線による引き溜め在庫コントロール」などすでに多くの成果を上げてきた同社が開始した新たな取り組みが、iP...(2016/5/11 提供:ウイングアーク1st株式会社)

事例
事例:ExcelやAccessに代わる業務管理ツールを活用した5社の成功事例、その実態とは
 Microsoft ExcelやMicrosoft Accessで個々の担当者が業務に関する情報を入力し、それらを管理者がまとめて帳票化するという作業は、日常的に実施されている。数名の規模であれば、こうした方法でもさして問題は起きず、手入力によるミスなどもすぐに修正・共有できるが...(2016/4/28 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
中堅・中小企業の成長の鍵は“脱Excel”?
 Excelは強力な分析機能を備えているものの、従業員ごとに非定型な使い方をして、社内でデータの一貫性を管理することが難しい場合がある。ビッグデータ時代に備え、中堅・中小企業も「BI ツール」の活用を前向きに検討してみてはいかがだろうか。(2016/4/21 提供:アイティメディア株式会社)

Loading