TechTargetジャパン

事例
事例:2週間→2日に作業工数を大幅短縮、予算実績管理表の作成効率化で打ち手も加速
 総合エレクトロニクス商社の東和電気は、毎月、基幹システムから月次の売上データを集計、分析し、予算実績管理表としてレポーティングするのに、システム要員2人がMicrosoft Excelを駆使して2週間を要していた。その間の業務遅滞を解消し、経営環境の変化にスピード感...(2017/10/20 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
1日がかりだった損益計算が1時間で終了、多数の店舗間でも集計や共有を大幅短縮
 数十から数百規模の店舗数で日々売り上げが入ってくるビジネスでは、その数字をできるだけ正確かつ迅速に把握することが、競合に先がけて効果的な販売戦略を実施するための条件となる。また数字の素早い把握は、店舗のモチベーションを上げ、インセンティブ制度などのメ...(2017/10/20 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
Excelはもう時代遅れ――作成わずか1分、クラウドでの帳票発行で業務を効率化
 見積書や請求書の作成や案件管理などをExcelなどで行っている企業は非常に多い。扱う数が少ないうちは、これが便利であっても、規模が大きくなればそうはいかない。とはいえ、受発注管理システムを構築しようとしても、ある程度の期間も投資も必要になるため、そう簡単...(2017/10/20 提供:株式会社スプレッドオフィス)

事例
国産ジェット旅客機「MRJ」の開発プロジェクトを支える情報共有システムとは?
 国産初を目指して開発が進むジェット旅客機「MRJ(Mitsubishi Regional Jet)」。この前例の少ない開発プロジェクトに取り組む三菱航空機は、従来のものづくりを超えた技術的な課題やトラブルに日々直面している。 そこで同社は、開発プロセス自体の見直しにも耐える柔...(2017/10/11 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
定着の難しいBIツール、どのように導入すれば全社・全店舗で活用できるのか?
 全国規模でビューティーサロンを展開するソシエ・ワールドは、データ活用に課題を抱えていた。各店舗の売り上げをそれぞれの事業部がExcelで集計していたため、属人性が高くなり、データ分析や報告書の品質が安定しなかった。また、データ抽出のたび、情報システム部門...(2017/10/5 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
社員の約8割がBIを活用、鳥居薬品が“脱Excel”できない現場を劇的に変えた方法
 ユーザー部門におけるデータ活用を促進するため、BIツールを導入する企業が増えている。しかし、現場では「タイムリーな分析結果が得られない」「グラフなどの表現力が乏しい」といった理由から、Excelが利用され続けるケースが少なからず見られる。 このような課題を...(2017/10/5 提供:株式会社ジャストシステム)

製品資料
経費申請から支払処理までを一元管理、Web経費精算システムで経理業務を効率化
 ビジネスを取り巻く環境がどのように変わろうと、必ず付いて回るのが交通費や出張費、交際費といった経費の精算だ。従来であれば各担当者がExcelで経費を入力し、自分の目でチェックして提出、上司が承認した上で経理に申請するのが一般的なフローだった。 しかし手入...(2017/10/2 提供:パナソニック ネットソリューションズ株式会社)

製品資料
低コストで脱Excel化、帳票発行から入出金管理まで対応の業務改善ツールとは?
 受発注管理や経費管理、売上・仕入集計などの管理業務や帳票発行業務をExcelで行っている企業は今も少なくない。しかし、業務ごとに行われるExcel作業は、入力の重複やデータの「抜け漏れ」も生じやすいため、どのようにして無駄やミスをなくすのかが課題となる。 その...(2017/9/29 提供:株式会社スプレッドオフィス)

製品資料
BIツール導入のロードマップ――データ分析ドリブンの意思決定を根付かせる方法
 多くの企業でデータ分析は、IT部門がDBから抽出、ExcelやAccess、専門的なBIツールなどを使用してレポート提供をしているのが一般的だ。この方法では、意思決定に関わるユーザーが触れられるレポートは固定フォーマットのものが多く、追加の視点でレポートをすぐに変更...(2017/9/29 提供:Tableau Japan株式会社)

製品資料
マンガで分かる、業務データ分析にありがちな「3つの難題」解決法
 経営会議で利用される売り上げ報告レポートなど、業務活動においてデータ分析は欠かせないものとなっている。しかし、さまざまなデータをExcelやBIツールを使って分析しようとしても、多くの時間と手間がかかり、迅速にデータ活用をできていない企業も少なくない。デー...(2017/9/21 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
面倒な経費精算にかかる時間を大幅削減、14社に学ぶ精算業務の改善策
 中堅・中小企業では、経費精算にExcelやスプレッドシートを使う企業が多いが、これが多大な業務負担を招くケースが多い。とはいえ、企業規模を考えれば高額な経費精算システムの構築は現実的ではない。そこで、導入が増えているのがクラウド型の経費精算ツールだ。 ビ...(2017/9/7 提供:株式会社マネーフォワード)

製品資料
低コストでマルウェア感染を防ぐ――目視を組み合わせた標的型メール攻撃対策
 標的型メール攻撃が猛威を振るう今、全ての企業はその対策が急務である。従来のパターンマッチングによるアンチマルウェア対策ではもはや高い効果を望むことができず、それに代わるテクノロジーとして登場したサンドボックスさえもすり抜けるマルウェアが存在している。(2017/8/16 提供:株式会社クオリティア)

製品資料
Salesforce一体型名刺管理サービスの実力――営業力を強化する名刺活用の仕組み
 名刺をデジタル化して日々の業務に活用している個人や企業は多いはずだ。しかし、そのデータをExcelでまとめたり、データベース化したりするだけでは十分とはいえない。名刺情報を営業活動やマーケティングに生かすためには、Salesforceに代表されるSFAとの連携は欠かせ...(2017/7/13 提供:株式会社サンブリッジ)

技術文書
1回の操作勉強会だけでデータ活用が活発化、コープ自然派に学ぶBIツール導入
 基幹システムには、ビジネスチャンスにつながる有用なデータが蓄積されているが、そのデータを有効活用できない組織も少なくない。農薬・化学肥料を使わない有機野菜など安全な商品の提供に取り組むコープ自然派事業連合も、そうした組織の1つだった。 約1万点に及ぶ商...(2017/7/4 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
BI導入で情シスに分析依頼が殺到……とは無縁の楽々分析ツール
 クレーンなどで名を知られる大阪の中堅メーカー・大洋製器工業。約200人が働く社内では、基幹システムに蓄積されたデータを活用し、さまざまな分析作業が行われていた。 ところが導入していたBIは分析パターンが固定されているうえに、ユーザーライセンスが高く利用者...(2017/7/4 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
いつものExcelレポートをより分かりやすく、ビジュアル化のテクニック
 データ分析やレポート作成で難しいのが、データ分析の目的とそれに適切な分析手法とビジュアル化手法をどのように選択すれば良いのかだ。レポートやダッシュボードを作成する際にも何を伝えたいのか、伝えたいことが明確になるビジュアル化手法に工夫をしているかで、レ...(2017/6/30 提供:Tableau Japan株式会社)

事例
購買明細の迅速な分析でコスト削減、NTTデータが実現した「戦略的調達」とは?
 事業で必要な商品を一括購入したり、調達先を統一したりすればコスト削減につながるが、大きな組織になるほど購入物品数も多く管理するのは難しい。NTTグループ主要企業の1社であるNTTデータも、Excelなどを使用した手作業で取引データの集計や分析を行っていたため、管...(2017/6/28 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

事例
CRMは3カ月必要……Microsoft Azure連携含めわずか1カ月で作った情報可視化基盤
 セゾン情報システムズでは、長年にわたって事業報告資料の作成にExcelを用いてきたが、直感的に情報が伝わりにくく、現場でのExcel入力に多くの手間が発生するなど運用上の課題がいくつも顕在化していた。そこで、新たに情報が容易に可視化できる仕組みづくりに取り掛か...(2017/6/23 提供:株式会社セゾン情報システムズ)

技術文書
BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり
 高度な分析スキルがなくても、あらゆる規模のデータを探索・分析できるBIツールが登場するようになった。これにより多くの企業において、BIやアナリティクス関連の業務が組織内で広く浸透している。ここで新たな課題として浮上してきたのが、多数の企業で導入されている...(2017/5/24 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
知っておくと便利なOffice 365活用術――「Box」連携で生産性と安全性が向上
 Word/Excel/PowerPointファイルをクラウド上で編集、作成、保存できる「Office 365」。Office製品の最新バージョンが常に提供され、デバイスを問わずに作業ができることから、コスト削減や生産性向上などの目的で採用する企業が増えている。 そんなOffice 365を導入...(2017/3/14 提供:株式会社Box Japan)

事例
事例:ExcelやAccessに代わる業務管理ツールを活用した5社の成功事例、その実態とは
 Microsoft ExcelやMicrosoft Accessで個々の担当者が業務に関する情報を入力し、それらを管理者がまとめて帳票化するという作業は、日常的に実施されている。数名の規模であれば、こうした方法でもさして問題は起きず、手入力によるミスなどもすぐに修正・共有できるが...(2017/3/1 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
Excelの生産管理ではもう限界、海外工場の成功から国内拠点の導入までの事例解説
 FAケーブルメーカーの太陽ケーブルテックは、2009年、タイのアユタヤに工場を構えた。当初はExcelを利用して生産・販売管理を行っていたが、ビジネス規模の拡大とともに限界がでてきた。生産の工程実績や進捗状況など、意思決定を行うための重要な情報がリアルタイムに...(2017/2/9 提供:インフォアジャパン株式会社)

事例
契約管理業務を文書整理だけで終わらせない――進行管理まで行うためのDB活用法
 パチンコ・パチスロメーカーのサミーでは、機器1台の開発プロジェクトに対して、20件近い開発委託契約書を作成する。同社はこの管理のためにExcelを用いていたことで、業務の継続性に大きな問題を抱えていた。 開発組織の拡大に伴う開発スピードの向上により、管理対象...(2017/1/25 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
集計が担当者任せなら「データ活用」ではない、データ管理一元化の次に必要なもの
 さまざまな業務データを一元化して管理する体制が出来上がったと思っていても、いざ日次や月次の定型レポートを作成するとなると、担当者がExcelで集計や加工の作業に追われるケースは珍しくない。“データ活用”において、この状況は必ずしも十分とはいえない。 こう...(2016/12/26 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
Excelやメールに散らばり、報告方法も個人任せだった営業情報がクリック1つで集約
 企業の成長は、市場の成長を着実に自社の成果と結び付けることで実現する。これが徹底されなければ、有望な市場を目の前にしても成果を挙げられない。市場の成長をキャッチアップするには、強い営業力が必要だ。そして強い営業は、他社よりも「情報力」が優れている。 ...(2016/12/21 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
現場の勘と経験と10億件のビッグデータ分析で急成長、スシローを支えるBIツール
 回転ずしチェーン店「スシロー」を運営するあきんどスシローでは、すし皿に取り付けたICタグで、全店のレーンに流れるすしの状況を把握している。そして、どの店でどんなすしが食べられたのか、あるいは廃棄されたのかといったデータを毎年10億件以上蓄積している。 こ...(2016/12/20 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

製品資料
「大量のExcelファイルは宝の山」、データ活用の流れに一歩で追い付く考え方
 ビジネスにおけるデータ活用と聞くとつい身構えてしまうが、実はそれほど難しいことではない。データとは、日々の業務で得られる「いつ売れたか」「どんな年齢の顧客か」といった情報のことであり、その蓄積から価値を導き出す取り組みは、これまでもExcelなどで行われ...(2016/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
「営業部員が主体的に動き出した」 むさし証券に学ぶデータ分析の全社活用
 埼玉県を中心に全国で地域密着型の事業を展開するむさし証券。同社では、基幹システムのデータに基づく経営分析を行っているが、以前はそのデータの取り込みにExcelを利用していた。その結果、経営数値の推移を1つ見るだけでも、多くの手間と時間がかかっていた。 その...(2016/12/7 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
脱Excelの選択肢、専用パッケージと汎用DBツールのどちらがベスト?
 Excelファイルや紙の申請書で資産などを管理することに限界が見えてきたことから、多くの企業で管理用パッケージの導入が進んでいる。しかし、専用パッケージが提供する豊富な機能の中に自社に必要な機能がなかった、というケースも少なくない。 ゴルフに関わるさまざ...(2016/12/2 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法
 ビジネスプロセスの合理化や自動化、モバイルワーク対応など、業務アプリケーションへの要求はますます高まっている。しかし、開発にかかるコストや時間、ERPやレガシーなシステムとの連携の難しさなど、開発部門の前にはさまざまな課題が立ちはだかっている。 こうし...(2016/12/2 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

Loading