2010年03月25日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSラネクシー、統合ログ管理システムの最新版「MylogStar 2.5」を発表

Windows 7、64ビットのWindows Server 2008 R2をサポートしたほか、Hyper-V、VMwareなどの仮想環境に対応した。

[TechTargetジャパン]

 ラネクシーは3月24日、統合ログ管理システムの最新版「MylogStar 2.5」を3月より販売開始したと発表した。

 MylogStarは、企業内のサーバやクライアントPCのログオン・ログオフ、アプリケーション、ファイルなどの操作ログを取得・記録することで、不正行為や情報漏えいの流出経路を可視化するログ管理システム。操作記録はOSのカーネルレベルで取得するため、ほかのログ管理ツールでは抜け道となっているような部分でも、正確なログを取得できるのが特長。問題発生時には記録をさかのぼって調査するトレース機能により、特定のファイルの更新履歴や、USBメモリで持ち出されたファイルを特定できる。

 最新版では、Windows 7、64ビット版のWindows Server 2008 R2をサポート。加えて、Hyper-VVMwareなどの仮想環境にも対応した。また、取り扱いが容易なCSV形式でのログデータ出力によって、BIツールなど他システムとの連携も可能となった。大量のログデータをBIツールに取り込み、エンドユーザー自身が独自の視点でデータを分析できるという。

 さらに、ログデータの分析・リポート機能を持つ「Analysis Option」およびPC資産情報を収集する「Inventory Option」、スタンドアロンPCのログデータを統合管理する「Porter Option」という従来はオプション扱いとしていた3製品を標準ハンドルとした。ログ管理プロセスの収集/保存/分析機能をすべて標準使用でき、ログを活用しての業務の改善、セキュリティの向上に貢献するという。

 なお同社では、最新版の販売開始後もAnalysis Optionのアドインリポートを随時公開。MylogStarの保守契約ユーザーには3月29日に次期バージョンアップの情報を送付するほか、セキュリティ監査用のリポート、プライバシーマーク、ISO27001、PCI-DSSに準拠したものや、社員のPC利用分析、業務外行動分析など業務改善用のリポートなど、セットで提供するとしている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...