TechTargetジャパン

レポート
11カ国350社の調査で判明した情報漏えいの平均総コスト、その中身と対策
 情報漏えい事件が起きることは、企業の経営陣にとって想像もしたくないことだろう。しかし情報漏えい時に発生するコストを冷静に試算しておくことは、セキュリティ対策上、必要不可欠である。想定額が把握できなければ、サイバー攻撃被害の保険契約もできず、自社にとっ...(2015/7/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
世界各国の情報漏えい、1件当たりのコストはHOWマッチ?
 最もコストの高い情報漏えいは、世界各国共通で「悪意のある攻撃または犯罪者による攻撃によるもの」で、この漏えいによる1件当たりのコストは米国が最高額で246ドルに上る――本資料は、IBMとPonemon Instituteによる情報漏えいのコストに関する調査結果をまとめたリポ...(2014/7/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
Heartbleed脆弱性は発覚から4時間で悪用された?──2015年版最新脅威レポート
 インターネット上の脅威は変化を続けている。2014年は「攻撃が高速化する一方、防御が追い付いていない」傾向が見られた。例えば、Heartbleed脆弱性が明らかになってから、4時間以内に脆弱性を悪用する多数の攻撃が確認されている。また、「攻撃方法が効率化・高度化し...(2015/7/23 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
リスクは「悪意のないユーザー」、使用者の行動把握で情報漏えいを未然に防ぐ
 Ponemon Instituteの調査によると、企業へのデータ侵害で発生する平均コストは379万ドルにも上るという。クラウドやモバイルの活用が進むことで、IT部門が把握できないデバイスや場所にも重要データが保管され、従来の情報漏えい対策では十分なセキュリティの確保は難し...(2016/1/12 提供:株式会社シマンテック)

事例
大手出版社の情報漏えいはこうして防げた。次世代情報漏えい対策徹底解説
 2015年10月施行の「マイナンバー制度」では、情報漏えいに関する罰則規定が極めて厳しいものになり、マイナンバーを漏えいした場合に企業が受けるダメージは計り知れない。情報漏えいの賠償金も高額化しており、今後は情報漏えいが企業の存続問題につながりかねない状況...(2015/4/30 提供:株式会社TCSI)

レポート
情報漏えいの約9割は内部関係者から――内部漏えいと外部攻撃の“2軸”対策法
 近年、標的型攻撃などによる情報漏えいが大きな問題となっている。しかし、情報漏えい事件・事故の9割近くが、このようなサイバー攻撃ではなく、内部関係者から発生していることは意外と知られていない。 日本ネットワークセキュリティ協会の調査による、漏えい原因の1...(2016/8/25 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

レポート
事業継続マネジメントプログラムの効果を検証――情報漏えい対策時間を41%短縮
 2015年のPonemon Instituteの調査では、世界350社を対象に情報漏えいの経済的影響を定量化し、コストの傾向把握を行った。多くの企業ではBCM(事業継続マネジメント)部門があり、リスク管理、災害復旧、危機管理に関与し、経済的にもプラスの影響があることが確認され...(2016/3/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
情報漏えい対策に関する読者調査リポート(2014年1月)
 TechTargetジャパンは2014年1月6日から1月19日にかけて、情報漏えい対策に関する読者調査を実施した。本リポートでは、読者の勤務先で導入している情報漏えい対策製品/技術やその課題、製品選定で重視するポイントなどをまとめている。目的:TechTargetジャパン会員の...(2014/4/1 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

レポート
外部侵入と情報漏えいを同時に防ぐ方法──現状維持のセキュリティ管理からの脱却
 2013年のESGの調査によると、大企業の49%が過去24カ月にマルウェアをベースとしたセキュリティ侵害を受けたと報告している。懸念すべき点は、2013年にそう答えた調査対象企業のうち22%が、過去2年間でマルウェアをベースとしたセキュリティ侵害が25件以上発生したと述...(2015/2/9 提供:株式会社シマンテック)

レポート
誤送信事故と情報漏えい事件の実例から分析する、メールセキュリティの具体策
 現代のビジネスにおいて電子メールは必要不可欠なものだが、メッセージの送受信は企業のネットワークと守秘義務に重大なリスクをもたらす危険性がある。昨今の電子メール経由の相次ぐ誤送信事故や情報漏えい事件によって、こういった事故や事件は決して人ごとではないと...(2013/3/29 提供:クリアスウィフト株式会社)

技術文書
MDM対セキュアブラウザ。BYOD情報漏えいに効果的なのはどっち?
 本当にMDMは情報漏えいを防ぐことができるのだろうか。 世の中にはたくさんのセキュリティ商品が存在する。どの商品も情報漏えいを防ぎますとうたっている。しかしその対策が必要充分なのかどうかは誰にもわからない。 つまり一番大切なことは、それらの商品が「どう...(2013/7/16 提供:株式会社コネクトワン)

レポート
情報漏えいを限りなくゼロに近づける「特権ID管理」の4つの対策
 内部攻撃や外部攻撃による情報漏えいを食い止めるための「予防」と「検出」による対策は、具体的には、「承認に基づく特権IDの貸し出し」「厳格なパスワード管理」「アクセスログの定期的な点検」「特権操作の記録と点検」の4つが重要になる。 本ホワイトペーパーでは...(2016/8/1 提供:NTTソフトウェア株式会社)

レポート
情報漏えいが起こる原因とその対策
 顧客情報、知的財産、企業秘密、社内開発データなど、重要な情報を所有している企業では、かつてないほど情報漏えいのリスクが高まっている。実際、2008年に流出した電子レコードの総数は、1年間だけで過去4年間の合計を上回った。あらゆる場所に情報が存在する今日、企...(2009/11/11 提供:株式会社シマンテック)

レポート
内部犯行の情報漏えいを防ぐ、デジタルフォレンジックの盲点を補うデータレスPCとは
 メディアが大々的に報道する情報漏えい事件以外にも、数多くの同様事件がさまざまな企業で起こっている。起業や転職の際の“お土産”として、それまで勤務していた会社で利用していたPCからデータを抜き取るといった行為は、残念ながら珍しいことではない。 こうした状...(2015/10/27 提供:横河レンタ・リース株式会社)

レポート
“情報漏えい体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」
 情報漏えい事故の要因は多岐にわたる。外部からの不正アクセスやなりすましによる攻撃だけではない。悪意のある内部犯行者、もしくは退職した元従業員が、社内の機密情報を不正に持ち出すケースも少なくない。 社内には情報を蓄積したり、処理したりするシステムが数多...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

レポート
「データゲート」マカフィーとデータモニター社が情報漏えいの影響を徹底調査
 当調査対象となった欧米の1400社の企業のうち、6割もの企業が過去1年間に機密情報の漏えいを経験している。また、米国での情報漏えいの被害件数は2007年に1億5000万件にのぼり、2004年の17倍に相当する。 今や70%の企業が情報漏えいによって企業ブランドが毀損すると...(2007/10/24 提供:マカフィー株式会社)

事例
市役所への導入効果を前後比較、マイナンバー対策で見落としがちな印刷物からの情報漏えい対策事例
 市民の個人情報を扱う市役所においては、マイナンバー制度の施行を機にさらなる情報管理が求められている。特に業務の特性上、市民の個人情報が含まれる文書を印刷する機会もあるため、印刷物からの情報漏えい対策として、印刷における強固な認証や暗号化通信、印刷ログ...(2015/8/4 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
情報漏えい対策の最後の砦「ファイル暗号化」の3つの運用モデル
 マイナンバー制度の本格運用が始まる2017年7月に向けて、金融機関、官庁、教育機関だけでなく一般企業でも、サーバやPC内のファイルを暗号化する動きが進んでいる。その背景には、現時点では完全に防ぐことができないといわれる標的型攻撃の激化がある。 従来の侵入防...(2016/5/12 提供:株式会社ネスコ)

Webキャスト
マイナンバー制度開始目前、企業が認識すべき情報漏えい対策のポイントとは
 いよいよ2015年10月からのマイナンバー通知開始により、本格運用が開始されるマイナンバー制度。企業は、従業員やその扶養家族のマイナンバーを取得、管理し、特定個人情報の取扱いに関する安全管理措置が求められる。マイナンバーとそれにひも付く情報は、不正に扱われ...(2015/7/23 提供:マカフィー株式会社)

レポート
情報漏えい対策(出口対策・暗号化)に関する読者調査リポート(2012年2月)
 TechTargetジャパンは2012年2月6日から19日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に情報漏えい対策に関するアンケート調査を実施した。攻撃を受けた際に情報漏えいを食い止める手段として注目が集まる「出口対策」や「暗号化」を中心に、ユーザー企業の情報漏えい対策...(2012/3/16 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
企業の情報漏えい対策に関するアンケート調査リポート(2016年2月)
 TechTargetジャパンは2016年2月、TechTargetジャパン会員を対象に「企業の情報漏えい対策に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、読者の勤務先における情報漏えい対策の実態や関連製品の導入状況などをまとめている。目的:TechTargetジャパン会員で情報セキュ...(2016/4/1 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

レポート
社内ポータルの機密情報保護――情報漏えいにつながる操作だけを制限するには?
 社員の情報共有を目的として、社内ポータルやナレッジマネジメントシステムを運用する企業では、厳格なセキュリティポリシーを策定している。しかし、人に任せた運用では、重要情報をダウンロードしたり、印刷したりして持ち出すことを完全には防げない。 ある保険会社...(2016/8/25 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

レポート
社内ポータルの内部不正を抑止、ユーザーニーズに応える2つの情報漏えい対策
 ポータルサイトや文書管理システムなど、社内外の関係者との情報共有はWebベースで行われるようになってきた。しかし、Web系の業務システムでは機密情報やマイナンバーなども扱うため、共有情報の管理や情報漏えい対策について不安を抱くユーザーも多い。 そこでWebシ...(2016/8/25 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

レポート
自治体も注目する「持ち出されることが前提」の情報漏えい対策とは?
 日本年金機構が標的型攻撃を受け、125万件の個人情報が漏えいした事件を背景に、総務省は2017年7月から開始されるマイナンバー連携業務の開始時までに「自治体情報システム強靱性向上モデル」と情報セキュリティクラウドの実現を各自治体へ求めている。 日本年金機構の...(2016/5/12 提供:株式会社ネスコ)

講演資料
PC紛失・盗難は防げない! 情報漏洩対策にどう立ち向かう? 〜セキュリティ事故を未然に防ぐ方法〜
 情報漏洩事故は対岸の火事ではありません。いつ起こるかわからない情報漏えいのリスクに対抗するには、いったいどんな対策方法を取ればよいか? 様々なセキュリティ対策方式を比較し、自社に最も適切な方式を選択するための検討ポイントを解説します。■INDEX1. 企業を...(2012/9/12 提供:TIS株式会社)

技術文書
クレジットカード情報が狙われる――二木ゴルフの情報漏えい対策
 クレジット情報や個人情報を狙った標的型サイバー攻撃が急増している。国内でも決済処理システムがマルウェアに感染し、店頭で使用したカード情報が窃取されたことから、POSシステムへの「POSマルウェア」感染が疑われている。 カード決済で使われるPOS端末は、一般的...(2015/12/22 提供:トレンドマイクロ株式会社)

技術文書
危機感が広がる「内部犯行による情報漏えい」、データベースセキュリティが重要な理由とは
 企業や官公庁で相次ぐ情報漏えい事件。システムの脆弱性を突くなど従来の攻撃手法の他、電子メールを使った標的型攻撃も多く見られ、重要情報を抱える組織の危機感が高まっている。また、近年は内部関係者による情報漏えい事件も多く発生し、外部からの攻撃を想定した従...(2015/1/13 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
尽きない情報漏えい事件、マイナンバー制度施行前にセキュリティ対策を再点検
 マイナンバー制度では個人番号を保管するだけでなく、運用や廃棄という作業も必要になるため、より総合的なセキュリティ対策が求められる。マイナンバーは個人情報の一部であるため、個人情報管理と同様、「人+プロセス+テクノロジー」の3面から対策する必要がある。(2015/10/8 提供:デル株式会社)

製品資料
情報漏えい対策の最後の砦、「ログ管理」は万全?
 企業は情報漏えい対策にさまざまな施策を行っている。セキュリティポリシーの策定や教育などの人的対策、入退室管理、不正PC接続防止などの物理的対策、認証、アクセス制限、暗号化などの技術的対策などあらゆる角度から対策を行っている。その対策の中で最後の砦ともい...(2014/12/1 提供:日本電気株式会社)

レポート
企業の情報漏えい対策に関する読者調査リポート(2013年2月)
■調査概要目的:TechTargetジャパン会員の企業における、情報漏えい対策製品/サービスの導入状況について調査するため方法:Webによるアンケート調査対象:TechTargetジャパン会員調査期間:2013年1月8日〜22日総回答数:187件※回答の比率(%)は小数点第1位を四捨五...(2013/2/13 提供:アイティメディア株式会社)

Loading