身代金ゼロでランサム被害を防ぐ“究極の策”はこれだ特選プレミアムコンテンツガイド

データと引き換えに身代金を要求する「ランサムウェア」攻撃。窃取したデータの暴露をちらつかせるなど、手口はより悪質になっている。身代金を支払うことなく、ランサムウェア攻撃の実害を抑える有力な策とは。

2024年07月04日 00時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 データを暗号化して使用できなくした上で、復号と引き換えに対価、つまり“身代金”を要求する――。こうした「ランサムウェア」(身代金要求型マルウェア)攻撃が国内外で広がっている。攻撃者はデータの暗号化にとどまらず、攻撃によって窃取したデータの暴露をちらつかせるなど、被害者に身代金を支払わせるための活動に余念がない。2024年6月には、出版大手KADOKAWAがランサムウェア攻撃による情報漏えいを明らかにするなど、国内でもランサムウェア攻撃の被害が相次いでおり、決して静観できない状況だ。

 「ランサムウェア攻撃を受けても、身代金を支払えばよい」という考え方は危険過ぎる。相手は不正行為を仕掛けてきたやからだ。攻撃者の言う通りに身代金を支払ったとしても、データの復号ができるかどうか、情報漏えいを食い止めることができるかどうかは疑わしい。身代金の支払いを前提とせずに、ランサムウェア攻撃の実害を抑えるためには、何をすればよいのか。


ALT ダウンロードはこちら

中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ランサムウェア攻撃からのデータセンター保護術

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...