TechTargetジャパン

技術文書
クラウド導入は設計が肝心――Hyper-Vによるプライベートクラウド設計・構築ガイド
 プライベートクラウド導入の勢いは加速しているが、柔軟性、迅速性、可用性向上や運用管理効率化などそのメリットを得られる設計になっているだろうか。クラウドのメリットを享受するには最初からクラウド基盤として考慮した設計を行うことが肝要だ。 本ホワイトペーパ...(2014/4/17 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

技術文書
Hyper-V環境での重要アプリの可用性、どうやって確保する?
 事業の成長には、それを支える基幹アプリケーションが欠かせない。IT部門としてはこうした重要なアプリケーションを運用する上で、計画外の停止時間を最小限に抑えることで事業継続性を支え、ビジネスニーズに応じて適切なサービスを適時にユーザーに提供する必要がある...(2015/2/25 提供:株式会社シマンテック)

Webキャスト
エバンジェリストに聞く「Hyper-Vによる仮想環境管理にSCVMMは必要なのか?」
 Hyper-Vによる仮想環境管理は、標準の管理ツールであるHyper-V ManagerやServer Managerで事足りるのではないだろうか。SCVMM(System Center Vertual Machine Manager)は本当に必要なのか? 本コンテンツではその疑問をマイクロソフトのエバンジェリストにぶつけ、そ...(2014/4/24 提供:ユニアデックス株式会社)

製品資料
VMware、Hyper-V環境の効率的バックアップ体制の構築に必要な条件とは?
 「VMware」や「Microsoft Hyper-V」環境におけるバックアップに想定以上の時間を要し、可用性を損なっているケースは少なくない。仮想環境のバックアップでは、エージェントをインストールして実行する製品や、高機能だが高価なストレージによって実行する手法がある。(2015/5/27 提供:デル株式会社)

技術文書
VMware vSphereとMicrosoft Hyper-Vを比較、ユーザーが注目すべき違いは?
 仮想化技術の採用で悩むのが定番技術「VMware vSphere」と「Microsoft Hyper-V」のどちらを利用するかだ。ハイパーバイザーレベルでは大きな違いはないとの意見もあるが、そのアプローチや機能の差は大きい。両技術の投資対効果も同様で、どのようなシーンで仮想化技術...(2014/5/13 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
柔軟なITインフラ実現の鍵、次世代コンバージドインフラの実力を探る
 ITの敏しょう性や効率性の観点から、システム統合、リソース効率化、管理の一元化、投資コスト低減を実現するコンバージドインフラストラクチャに注目が集まっている。サーバ、ストレージ、ネットワーク、および管理機能を1つのユニットに配置し、構成を変更するだけでI...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

技術文書
スケールアウト型ストレージによるHyper-Vクラスタ構築手順書
 仮想化環境の変化するニーズに対応するには、可用性、拡張性、管理性にすぐれ、コスト削減を実現するスケールアウト型のストレージプラットフォームが有効だ。本資料は、スケールアウト型のクラスタストレージ「HP StoreVirtual 4000 Storage」を使用して、Windows Serv...(2014/9/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
リモートオフィス向けサーバ参照用構成 Hyper-V 統合システム
 拠点(リモートオフィス、支社、事業所、スモールオフィス)におけるサーバシステムは、本社データセンターよりもさらに管理およびサポートのオーバーヘッドが最小になるような効率的なITインフラが求められている。 本ホワイトペーパーでは、Windows Server 2012 Hype...(2013/11/22 提供:デル株式会社)

技術文書
Hyper-VとCitrix XenDesktop 7で始めるデスクトップ仮想化入門
 デスクトップ仮想化を検討している企業の多くが、既存の仮想インフラ環境を活かしたデスクトップ仮想化を望んでいる。Citrix XenDesktopは、それを動作させるための仮想マシン環境として、Citrix XenServerだけでなく、VMware vSphere、VMware ESXi、Hyper-Vなどを選択...(2013/10/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
Windows Server 2012 Hyper-Vのバックアップ/リストア設計ガイド
 Hyper-Vのシステムでは、ホストはハードや仮想マシンを管理し、複数の仮想マシンがそれぞれ業務システムを運用するため、ホストで異常が発生した場合の被害は甚大になる。また、仮想マシンも物理マシンと同様にシステムとデータを所有しており、仮想マシン上でのファイ...(2012/11/30 提供:富士通株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月16日号:ベンダーロックインからの脱出(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 12月16日号は、以下の記事で構成されています。■コンバージドインフラへの投資が増加──導入障壁も顕在化■無駄なアップグレードを勧めるベンダーとの戦い方■「プロプラはダメ」イタリア国防省のLibreOffice採用でオープンソース利用が加速...(2015/12/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月16日号:ベンダーロックインからの脱出(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 12月16日号は、以下の記事で構成されています。■コンバージドインフラへの投資が増加──導入障壁も顕在化■無駄なアップグレードを勧めるベンダーとの戦い方■「プロプラはダメ」イタリア国防省のLibreOffice採用でオープンソース利用が加速...(2015/12/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月16日号:ベンダーロックインからの脱出
 Computer Weekly日本語版 12月16日号は、以下の記事で構成されています。■コンバージドインフラへの投資が増加──導入障壁も顕在化■無駄なアップグレードを勧めるベンダーとの戦い方■「プロプラはダメ」イタリア国防省のLibreOffice採用でオープンソース利用が加速...(2015/12/16 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ITの柔軟性とコスト削減をスピーディーに実現、ベストプラクティスに基づいた仮想化ソリューションとは
 ITサービスの柔軟性とコスト削減は、どの企業も抱える喫緊の課題である。しかし、従来のITサービス提供モデルでは、さまざまなコンポーネントの調達から設計、検証、構築などの複雑なプロセスが必要で、アーキテクチャのライフサイクルに及ぶこうした要因は複雑さを増大...(2015/11/18 提供:デル株式会社)

技術文書
誰でも手軽に確実に!「Hyper-V 2.0インストール手順書」-こんなに簡単!Hyper-V 2.0環境構築-
 本書では、NEC PCサーバ「Express5800」上にHyper-V 2.0をインストールし、仮想マシンを構築するまでの手順を紹介している。ひとつひとつのステップをキャプチャ付で分かりやすく紹介しているため、誰でも簡単にHyper-V の環境を構築頂くことが可能。さらに、環境構築時...(2011/6/16 提供:日本電気株式会社)

技術文書
OpenStack環境でネットワーク仮想化、最適な構築を実現する方法とは?
 サーバ仮想化にVMwareやXen、KVM、Hyper-Vなど異なる選択肢があるのと同様に、クラウド基盤のネットワーク仮想化においても、異なるマーケットセグメントに対応するソリューションが必要とされることは言うまでもない。特に大規模なデータセンターでは、テナントごとに...(2015/9/16 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
EMC製品とマイクロソフト製品を活用したサーバ仮想化基盤を迅速かつ低コストで構築する方法
 多くの企業がサーバ環境を統合、仮想化してコストを削減しようとしているが、多様なハードウェアやソフトウェアの選定から導入までに乗り越えなければならない課題は多い。EMC製品とマイクロソフト製品群を最大限活用することで、低コストで堅牢な仮想化基盤を構築でき...(2014/11/28 提供:日本ビジネスシステムズ株式会社)

技術文書
Windows Server 2008 R2 Hyper-V Live Migration
 企業では、仮想化を採用することでアプリケーションの展開とライフサイクル管理の柔軟性を向上させてきました。ITプロフェッショナルは、仮想化を展開および使用してワークロードを統合することで、サーバの台数を削減してきました。クラスタリングテクノロジを仮想化と...(2010/8/8 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Hyper-V 仮想マシンのバックアップ ―クラスター共有ボリューム(CSV)編―
Microsoft Hyper-V 2.0では、クラスター共有ボリューム(CSV)を使用したライブマイグレーションが可能となった。Hyper-V仮想環境の可用性を大幅に向上させるテクノロジーとして注目を集めている。 一方で新たなテクノロジーを実際に導入する上で、バックアップなど基礎的...(2011/5/26 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
BCP対策に向け再確認、Windows Server 2012 R2の機能と展開手順
 Windows Server 2003の延長サポートが終了する2015年7月を目前に控え、サーバOS移行の具体策を決めた企業は多い。しかし、まだ移行するOSを決めかねているという企業も少なくない。これはクライアントOSのWindows XPからのOS移行で見られた状況を振り返れば容易に想像が...(2015/6/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
サーバOS移行に備える、Windows Server仮想環境ライセンスの基礎知識
 2015年7月、Windows Server 2003の延長サポートが終了する。サーバOSの移行に伴うコスト負担や現行システムへの影響を、正確に把握しておく必要がある。特に仮想環境に対してWindows Serverのアップグレードがどのような影響を及ぼすか、コスト面も含め検討しておくこと...(2015/6/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
事例:Hyper-V 2.0によるサーバ仮想化導入で数千万円のコスト削減
 さまざまな出版物の制作・印刷を手掛ける日経印刷は、個別最適によりサーバ増設を続けた結果、90台位上のサーバが乱立していた。さらにサーバの老朽化も懸念されるようになり、IT基盤の限界を感じていた。 同社は複数のベンダーにRFPを投げ、公平かつ客観的な評価を行...(2012/9/13 提供:デル株式会社)

製品資料
BCP対策に強み、Windows Server専用のプライベートクラウドソリューションを検証
 社内システムのプライベートクラウドへの移行を検討中の企業で、運用管理しているサーバはWindows Server中心、できるだけコストを抑えつつ、BCP対策にも取り組みたい。本資料は、上記内容に当てはまる企業に適したプライベートクラウドサービス基盤の詳細ガイドだ。 W...(2014/5/12 提供:株式会社ビットアイル)

製品資料
サーバやライセンス不要、月額9000円から利用できる仮想サーバ
 仮想サーバ導入は、サーバ統合によるコスト削減や、サーバのリードタイム短縮、検証・開発プロセスの効率化、システムのマイグレーション、リプレース、ストレージ移行も容易になるなど大きなメリットがあるが、導入コストや運用など中小規模での利用では懸念も多い。 ...(2015/2/25 提供:株式会社TOSYS)

技術文書
Windows Server 2008 R2 Hyper-V Live Migration
 Windows Server 2008 R2 Hyper-Vは、Live Migrationによってより高い柔軟性を提供します。Live Migrationは、Windows Server 2008 R2 Hyper-VおよびMicrosoft Hyper-V Server 2008 R2で実装されています。Hyper-VのLive Migrationを利用すると、サービスを中断すること...(2010/1/18 提供:マイクロソフト株式会社)

技術文書
Windows Server 2003 クラスタの仮想化環境への移行について
 Windows Serverでは、Microsoft Cluster Service (MSCS)を使用することでサーバクラスタリングが実現できます。しかし、Windows Server 2008 R2 Hyper-V上でのMSCSの構築では共有ディスクとしてiSCSI接続のストレージのみサポートされるため、既存のMSCSクラスタをHyp...(2012/7/24 提供:日本電気株式会社)

技術文書
Hyper-V 仮想マシンのバックアップ ―クラスター共有ボリューム(CSV)編―
 Microsoft Hyper-V 2.0では、クラスター共有ボリューム(CSV)を使用したライブマイグレーションが可能となった。Hyper-V仮想環境の可用性を大幅に向上させるテクノロジーとして注目を集めている。 一方で新たなテクノロジーを実際に導入する上で、バックアップなど基礎...(2010/9/30 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
SharePoint Server 2007 自習書〜Hyper-Vを利用したテスト環境の構築手順
 Hyper-V は、Windows Server 2008の一部として提供されるハイパーバイザーベースの仮想化機能です。Hyper-Vには、マシンの仮想化をサポートするために必要となるすべてのものが含まれます。Hyper-V により、IT コストを削減し、サーバ使用率を向上させ、さらに動的なIT...(2010/9/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
Windows Server 2003移行のシステム基盤選び、キーワードは「クラウド」「仮想化」
 Windows Server 2003のサポート終了はに伴い、サーバ移行を検討している企業も多いだろう。Windows Server 2003リリース時のサーバはどのような構成だったのだろうか。当時のシステム要件を確認すると、メモリ上限4Gバイト、必要なHDD空き容量1.25〜2Gバイト、133MHz以...(2014/11/21 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
仮想化環境バックアップの落とし穴。増加する対象仮想マシンにどう対応すべきか
 従来の仮想バックアップソリューションでは仮想バックアップと物理バックアップの両方に、リソースを多く消費する場合があります。結果的にリカバリが不透明になり、ストレージが浪費され、バックアップが失敗することすらあります。 このような状況をすべて変えるため...(2014/11/21 提供:株式会社シマンテック)

Loading