2011年02月04日 08時00分 UPDATE
特集/連載

大企業CIOの決断モバイル端末普及で求められる新しいデータセキュリティ戦略

モバイルデータセキュリティ戦略は見直しを求められる一方で、個人の携帯からのアクセスに関するポリシーなどは緩和へと向かう傾向が見られる。

[Laura Smith,TechTarget]

 モバイル端末が普及する中でCIOは、モバイルデータセキュリティにまつわる幾つかの厄介な問題について見直しを始めている。具体的には個人所有のモバイル端末に関するポリシーの緩和、未知のスマートフォンへの予算割り当て、多様なエンドポイント端末バックアップなどが挙げられる。

 調査会社の米Enterprise Strategy Group(ESG)によると、大規模組織ではモバイル端末採用の転換点に近づきつつある。全組織のエンドポイント端末の総数で比較すると、デスクトップPCの台数はまだ、ノートPCの2倍に上る。しかし従業員数が増えるほどこの割合は変化し、大企業の場合、エンドポイント端末の半数近く(48%)をデスクトップPC以外の端末が占めていた。

 こうした新しいモバイルパラダイム(小型化の進展や通信とアプリケーションの発展によって弾みが付いている)には、新しいモバイルデータセキュリティ戦略が必要になると専門家は言う。1つ意外な展開として、個人の端末を使った会社のデータへのアクセスに関するポリシーは緩和へと向かう傾向が見られる。

規制は緩和、データセキュリティは強化

 「私は最初は断固としてBlackBerry以外は持たないことにしていたが、われわれは次第にそれを緩和してきた」と話すのは、毛髪製品を手掛ける米BosleyのIT責任者、マーク・ダベンポート氏。「私は手持ちのiPadを使っており、これが気に入っている。私の仕事の内容や、やり方に合っている」という。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...