2011年02月23日 09時00分 UPDATE
特集/連載

3つの作業でスムーズな移行をWindows 7 SP1公開、Windows XP/Vistaからの移行で気を付けること

Windows 7のSP1が公開された。Windows XPやWindows Vistaからの移行を検討する企業が注意すべきポイントを、事例を通して紹介しよう。

[Christina Torode,TechTarget]

 中堅企業の中には、2010年にWindows XPからWindows 7への移行を計画し、Windows 7への移行の機運が高まる2011年に実際の移行を行う企業がある。

 2011年は、Windows 7への移行を後押しする幾つかの要素がある。まず、Windows XPの延長サポートが2014年4月に終了するため、多くのISVが2012年までにWindows XP版のアプリケーションのサポートを終了してWindows 7を導入する見込みであること。また、Windows 7 Service Pack 1(SP1)が一般公開(参考:機能強化なしでもWindows 7 SP1が重要である理由)された。

 クライド・ジョンソン氏の会社では、2011年はハードウェア入れ替えの年に当たり、Windows 7に移行すべきタイミングであることは「疑いの余地がない」ことだった。

 米ミズーリ州クレイトンの製造業者Olinでネットワークおよびシステムの上級管理者を務めるジョンソン氏は、500台のWindows XPマシンのWindows 7への移行を進めている。32ビットのWindows XPマシンは全て処分され、64ビット Windows 7搭載のデスクトップPCに置き換えられる予定だ。今は計画策定の最終段階にあり、7台のWindows 7デスクトップを運用環境に試験導入している。

 この段階的な移行プロジェクトはおよそ1年前に始まり、まず、アプリケーションとハードウェアの監査が実施された。次に、アプリケーションの互換性が確認され、その結果、仮想プライベートネットワークアプリケーションの1つがより安価で64ビット対応のバージョンに入れ替えられることになった。続いて、Active Directoryのグループポリシー設定がWindows 7向けに設計し直され、テストされた。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

SNSからの集客に特化したスマホサイト制作ソフト「creca」が「WeChat」や「Weibo」に対応
スターティアラボは、スマートフォン用Webサイトの制作支援ソフトウェア「creca」の機能...

news123.jpg

サイバーエージェント、レコメンドエンジンに人工知能を用いたテキスト解析技術を応用
サイバーエージェントのエディトリアルアドスタジオは、レコメンド エンジンの技術開発に...

news098.jpg

「WeChat」など中国の主要ソーシャルメディアへの広告出稿、テンセントIBGが日本企業向け支援サービス提供
テンセントIBGは、訪日中国人観光客の急増によるビジネス機会の獲得を目指す日本企業を対...