2011年02月23日 09時00分 UPDATE
特集/連載

3つの作業でスムーズな移行をWindows 7 SP1公開、Windows XP/Vistaからの移行で気を付けること

Windows 7のSP1が公開された。Windows XPやWindows Vistaからの移行を検討する企業が注意すべきポイントを、事例を通して紹介しよう。

[Christina Torode,TechTarget]

 中堅企業の中には、2010年にWindows XPからWindows 7への移行を計画し、Windows 7への移行の機運が高まる2011年に実際の移行を行う企業がある。

 2011年は、Windows 7への移行を後押しする幾つかの要素がある。まず、Windows XPの延長サポートが2014年4月に終了するため、多くのISVが2012年までにWindows XP版のアプリケーションのサポートを終了してWindows 7を導入する見込みであること。また、Windows 7 Service Pack 1(SP1)が一般公開(参考:機能強化なしでもWindows 7 SP1が重要である理由)された。

 クライド・ジョンソン氏の会社では、2011年はハードウェア入れ替えの年に当たり、Windows 7に移行すべきタイミングであることは「疑いの余地がない」ことだった。

 米ミズーリ州クレイトンの製造業者Olinでネットワークおよびシステムの上級管理者を務めるジョンソン氏は、500台のWindows XPマシンのWindows 7への移行を進めている。32ビットのWindows XPマシンは全て処分され、64ビット Windows 7搭載のデスクトップPCに置き換えられる予定だ。今は計画策定の最終段階にあり、7台のWindows 7デスクトップを運用環境に試験導入している。

 この段階的な移行プロジェクトはおよそ1年前に始まり、まず、アプリケーションとハードウェアの監査が実施された。次に、アプリケーションの互換性が確認され、その結果、仮想プライベートネットワークアプリケーションの1つがより安価で64ビット対応のバージョンに入れ替えられることになった。続いて、Active Directoryのグループポリシー設定がWindows 7向けに設計し直され、テストされた。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news114.jpg

NTTドコモと博報堂、O2Oマーケティング分野における業務・資本提携に合意
NTTドコモと博報堂は業務・資本提携について合意したと発表した。O2Oマーケティング分野...

news095.jpg

KABUKI、EC事業者に広告収入をもたらすEC特化型広告配信ネットワーク「アド・アトリエ」を提供
次世代型ECモール「kabukiペディア」を運営するKABUKIは、EC特化型広告配信ネットワーク...

news083.jpg

シナジーマーケティング、開封時の状況に併せてメールの内容を変えるサービスを提供
シナジーマーケティングはMovable Inkの動的コンテンツエンジン「Movable Ink」のリセラ...