TechTargetジャパン

技術文書
これで完璧、Microsoft Office 2013展開ガイドブック
 本ドキュメントは、IT管理者を対象に、Office 2013を展開する方法について詳しく説明したガイドブックだ。ボリュームライセンス認証から、クライアントPCへのセットアップ、他言語での展開方法まで手順とともに細かく解説する。解説には、ポイントをまとめた「メモ」や...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
64 ビット ビジネスインテリジェンスを導入する5つの主な理由
64 ビット コンピューティングの時代が到来しました。64 ビット コンピューティング アーキテクチャは、パーソナル コンピュータから科学アプリケーションを実行するハイエンド サーバに至るまで、前世代の 32 ビットコンピュータに代わって急速に普及しています。2003 年...(2010/7/26 提供:マイクロストラテジー・ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論 かつては、WindowsのバージョンアップがPCの買い替え需要を支えてきた。しかし、Windows 10にはPC業界を長期的に成長させる力はなさそうだ...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
外国語ガイダンスやゲーム音声など、ニーズ別の音声合成製品をチェック
 従来の機械音でなく、人の声を合成して、より人間らしく自然な音声データを作成できる「音声合成ソフト」。音声ファイルの高品質化はもちろん、利用拡大とともに用途や目的別の製品も充実してきた。 外国人向けへの音声ガイダンスを作成したいなら、30カ国語以上の言語...(2017/2/27 提供:株式会社エーアイ)

技術文書
Windows 32ビット/64ビット プラットフォーム用ドライバーインストール
 32ビットと64ビットの両方のプラットフォームにデバイスをインストールする場合、プラットフォームごとにネイティブ ドライバー パッケージを提供する必要があります。ただし、単一の32ビット インストーラーを使用して、いずれのドライバー パッケージでもインストール...(2010/9/11 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論■あなたのDNSデータが教えてくれる3つの知見■クラウド移行を拒否するITスタッフを抱えたリーダーの奮戦記■米Yahoo!が目指すグリーンエネル...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論■あなたのDNSデータが教えてくれる3つの知見■クラウド移行を拒否するITスタッフを抱えたリーダーの奮戦記■米Yahoo!が目指すグリーンエネル...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
なぜ今オンプレミス版リモートコントロールツールへの乗換が増えているのか
 従業員の端末利用が拡大したことで、PCや社内システムの操作方法やトラブル解決などをサポートするヘルプデスク業務の負荷が急増している。その対応の遅れは企業の生産性の低下に直結するが、限られた人員で迅速に対応することは難しく、多くの企業がヘルプデスク業務の...(2016/11/29 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

製品資料
「信頼」「安心感」を求めてクラウド移行に踏み切れない企業が選ぶべきクラウドとは?
 クラウドのメリットが至るところで紹介され、自社の業務サーバのクラウド化を検討している企業も多いだろう。だが、いまひとつ導入に踏み切れないという企業の理由はどこにあるのか。「信頼」や「安心感」を求めているならば、「国産」のクラウドを検討してほしい。 「...(2014/10/30 提供:ビッグローブ株式会社)

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
組込み機器のIoT対応を支援する「EtherCATカード」
 PFUは、組込みコンピュータARシリーズ(以降、ARシリーズ)を幅広いラインナップで製品化し、性能や機能面だけではなく、高信頼性や長期供給などの市場要求に応え続けてきた。ARシリーズは、特に工作機械や半導体製造装置の分野で多く利用されている。 近年それらの分...(2016/12/1 提供:株式会社PFU)

製品資料
なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか
 クライアントPCやサーバといったエンドポイントを保護する「エンドポイントセキュリティ」の重要性が高まっている。攻撃者の最終的な攻撃目標が、エンドポイントに他ならないからだ。メールやWebサイトなど攻撃経路は数あれど、攻撃者が欲しがる情報や壊したいシステム...(2016/11/30 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
物理/仮想/クラウドを一元管理、「統合データ保護」製品の疑問を解消
 物理、仮想、クラウドなどのプラットフォームを問わず、インフラ全体のデータを保護する「統合データ保護」製品。データの一元管理が可能になる一方で、多様な機能を1つにまとめているため、パフォーマンスや運用効率、業務負荷、コストなどへの不安の声も聞こえる。 ...(2017/4/4 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

技術文書
ARMマイコン採用で開発現場が変わる!素早く環境を移行するポイント解説
スマートフォンやタブレット等モバイル機器用のプロセッサだと思っていたのに、超低価格コントローラや小さなセンサーからサーバーにまで採用され、私たちはいつの間にかARMに囲まれた生活をしています。今後予想されるIoT(モノのインターネット)の時代に、ネットワーク...(2017/3/6 提供:株式会社DTSインサイト)

製品資料
感情表現にも対応、テキスト入力だけで自然に話す「音声合成ソフト」
 コンタクトセンターの自動応答音声やeラーニングのナレーション音声など、「音声合成ソフト」が利用されるシーンが広がってきた。滑らかな発話だけでなく、感情表現も可能になるなど、より人間らしい音声が作成可能になったことが利用拡大に拍車を掛けている。 導入の...(2017/2/27 提供:株式会社エーアイ)

レポート
ハイパーコンバージド徹底検証:仮想化導入の容易性と可用性はどこまで高まる?
 近年、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)の導入が進む背景には、サービスとサポート、拡張性、仮想マシン(VM)のプロビジョニングに対する高い要求がある。特に、単一の障害がインフラ全体に及ぼす影響を考えたとき、冗長性と可用性に優れ、管理も手軽...(2017/5/24 提供:デル株式会社)

技術文書
徹底検証:Azureを活用したSAP S/4HANAシステムのDRサイト構築
 急拡大を続けるクラウドサービス市場では、独自のメリットを売りにした多種多様なサービスが提供されている。そこで、複数のクラウドサービスのメリットを効率よく取り入れる方法として、マルチクラウドを選択する企業が増えている。 特に、ビジネスの根幹をなすSAPシ...(2017/5/24 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

技術文書
「IIJ GIO」と「Azure」の連携能力は本物? SAPシステムのDRサイトで徹底検証
 Microsoftとの強力なパートナー関係の基、「Microsoft Azure」(以下、Azure)と連携させたマルチクラウドサービスの提供を行う「IIJ GIO」。両サービスを組み合わせたソリューションには多くの実績があり、Azureのハイブリッドな活用を目指す企業の有力な選択肢となっ...(2017/5/24 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

製品資料
コールセンター業務の無駄な通話料金を削減、CRM搭載クラウド型CTIの実力は?
 クラウドCTIの構築を検討する場合、コールセンターシステムと電話回線をセットで用意する必要がある。また、実際にシステムを運用する際に重要なのが、コールセンターシステムが高機能であることと、ランニングコストをいかに安く抑えるかだ。 そこで検討したいのが、P...(2017/5/19 提供:NSSホールディングス株式会社)

製品資料
マルチクラウドのスペシャリスト集団が、クラウド環境を最適にカスタマイズ
 パブリッククラウドを利用しても、その運用や監視などに手間やコストが掛かっていては、せっかくのクラウド化のメリットが軽減されてしまう。そこで、クラウドのメリットを享受しつつ、開発やサービス提供に専念できるように、マネージドサービスを利用する企業が増えて...(2017/4/28 提供:株式会社ISAO)

レポート
iPad ProはWindows 2-in-1と比べて何が優れているのか
 スレートタイプのボディとそこに接続するキーボードユニットが標準で付属することで、タブレットとしてもクラムシェルデバイスとしても使える「2-in-1」デバイスは、Windows搭載ノートPCでは、すでに何年も前からモバイル利用を重視するユーザーにおいて主流になってい...(2017/4/21 提供:KDDI株式会社)

レポート
あと1年だけでも――古いPCで戦うためにやるべきメンテナンスとは
 企業の中には、いろいろな事情があって古いPCを使っている場合がある。いま使用中の古いPCを業務で使い続けなければならないとしたら、寿命を延ばすために何ができるだろうか。また、企業によっては古いデスクトップPCを再利用して、シンクライアントとして使うケースが...(2017/1/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
機能強化した「Autodesk Inventor」と「AnyCAD テクノロジー」
 本資料では、例として部品サプライヤーと組み立てメーカーの間の協調設計の効率化を図る「AnyCAD テクノロジー」について解説するとともに、革新的な製品を開発する「オートデスクのプロダクトイノベーションプラットフォーム」を紹介する。 「AnyCAD」は、他社製 3D C...(2016/11/10 提供:オートデスク株式会社)

レポート
Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは
 Microsoftは、2種類のオフィススイートを提供している。1つはパッケージ版の「Office 2016」で、もう1つはクラウド版の「Office 365」だ。これらのオフィススイートから入手できるアプリケーションはほとんど変わらないが、Office 2016とOffice 365は果たしてどのような...(2017/3/16 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
DaaS選びの基礎解説――ユーザー体感速度を損なわず高度なセキュリティ対策
 仮想デスクトップ(VDI)環境は、ワークスタイル変革やセキュリティ向上など、さまざまな目的で採用が増えている。一方、課題は、多数のクライアント処理が集中すると動作が重くなる、といった使い勝手の点だ。 クラウドサービス「DaaS(Desktop as a Service)」を採...(2017/2/21 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
IoT化に対応する「次世代産業用コントローラ」がスマート工場の「足回り」に
  IoTやインダストリー4.0の推進により、全世界的にスマートファクトリー化の動きが加速している。しかし、多くの工場や生産設備では、そもそもネットワーク接続されていないケースも多く、情報システムへの接続までに 複数段の階層があり、データ連携が複雑な状況も生...(2016/12/14 提供:株式会社 日立産業制御ソリューションズ)

製品資料
IoT時代における産業用コンピュータの魅力と役割
・産業用コンピュータの魅力/IoT時代の産業用コンピュータ・コンテックの最新ラインアップ(ボックスコンピュータ、FAコンピュータ)・産業用SSDと民生SSDの違い/SSDの種類と特性/SSDの寿命・Windows 10 各エディションの違い/Windows 10 IoT Enterprise とは/ロックダ...(2016/11/15 提供:株式会社コンテック)

製品資料
業務システム用クラウドサービスの選び方――海外サービスとの比較、他
 IT部門の人的リソースに余裕がない、あるいはそもそもIT部門が存在しない企業にとって、システム基盤をクラウド化できるようになったことは大きな変化だ。自社で保有していたサーバに比べて、より高い安定性や利便性を得つつも、費用を抑えることが可能になるからだ。 ...(2017/2/22 提供:ビッグローブ株式会社)

製品資料
仮想化/クラウド環境のコスト削減――運用自動化に向けたネットワーク仮想化
 仮想化やクラウドの技術により、サーバ/リソースのデプロイはオンデマンドで容易に実行できるようになった。しかし、システム全体の効率化やコスト削減を進める上では、もう1つ解消しなければならない課題がある。それは、従来型ネットワークが抱える「設定や運用の複...(2017/2/16 提供:SCSK株式会社)

製品資料
サーバ監視業務を増やさずコンプライアンス対応、IT管理者を救う監査の秘訣
 セキュリティ、情報漏えい対策、証跡監査などに直結する業務である「サーバ監視」。これまでもIT管理者にとっての負担は決して軽いものではなかったが、コンプライアンス(法令順守)対応という新たな使命がその負担をさらに大きなものとしている。 特に頭が痛いのが...(2016/11/22 提供:株式会社ラネクシー)

Loading