TechTargetジャパン

技術文書
これで完璧、Microsoft Office 2013展開ガイドブック
 本ドキュメントは、IT管理者を対象に、Office 2013を展開する方法について詳しく説明したガイドブックだ。ボリュームライセンス認証から、クライアントPCへのセットアップ、他言語での展開方法まで手順とともに細かく解説する。解説には、ポイントをまとめた「メモ」や...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
64 ビット ビジネスインテリジェンスを導入する5つの主な理由
64 ビット コンピューティングの時代が到来しました。64 ビット コンピューティング アーキテクチャは、パーソナル コンピュータから科学アプリケーションを実行するハイエンド サーバに至るまで、前世代の 32 ビットコンピュータに代わって急速に普及しています。2003 年...(2010/7/26 提供:マイクロストラテジー・ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論 かつては、WindowsのバージョンアップがPCの買い替え需要を支えてきた。しかし、Windows 10にはPC業界を長期的に成長させる力はなさそうだ...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Windows 32ビット/64ビット プラットフォーム用ドライバーインストール
 32ビットと64ビットの両方のプラットフォームにデバイスをインストールする場合、プラットフォームごとにネイティブ ドライバー パッケージを提供する必要があります。ただし、単一の32ビット インストーラーを使用して、いずれのドライバー パッケージでもインストール...(2010/9/11 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論■あなたのDNSデータが教えてくれる3つの知見■クラウド移行を拒否するITスタッフを抱えたリーダーの奮戦記■米Yahoo!が目指すグリーンエネル...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論■あなたのDNSデータが教えてくれる3つの知見■クラウド移行を拒否するITスタッフを抱えたリーダーの奮戦記■米Yahoo!が目指すグリーンエネル...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
なぜ今オンプレミス版リモートコントロールツールへの乗換が増えているのか
 従業員の端末利用が拡大したことで、PCや社内システムの操作方法やトラブル解決などをサポートするヘルプデスク業務の負荷が急増している。その対応の遅れは企業の生産性の低下に直結するが、限られた人員で迅速に対応することは難しく、多くの企業がヘルプデスク業務の...(2016/11/29 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

製品資料
「信頼」「安心感」を求めてクラウド移行に踏み切れない企業が選ぶべきクラウドとは?
 クラウドのメリットが至るところで紹介され、自社の業務サーバのクラウド化を検討している企業も多いだろう。だが、いまひとつ導入に踏み切れないという企業の理由はどこにあるのか。「信頼」や「安心感」を求めているならば、「国産」のクラウドを検討してほしい。 「...(2014/10/30 提供:ビッグローブ株式会社)

技術文書
組込み機器のIoT対応を支援する「EtherCATカード」
 PFUは、組込みコンピュータARシリーズ(以降、ARシリーズ)を幅広いラインナップで製品化し、性能や機能面だけではなく、高信頼性や長期供給などの市場要求に応え続けてきた。ARシリーズは、特に工作機械や半導体製造装置の分野で多く利用されている。 近年それらの分...(2016/12/1 提供:株式会社PFU)

製品資料
なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか
 クライアントPCやサーバといったエンドポイントを保護する「エンドポイントセキュリティ」の重要性が高まっている。攻撃者の最終的な攻撃目標が、エンドポイントに他ならないからだ。メールやWebサイトなど攻撃経路は数あれど、攻撃者が欲しがる情報や壊したいシステム...(2016/11/30 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
機能強化した「Autodesk Inventor」と「AnyCAD テクノロジー」
 本資料では、例として部品サプライヤーと組み立てメーカーの間の協調設計の効率化を図る「AnyCAD テクノロジー」について解説するとともに、革新的な製品を開発する「オートデスクのプロダクトイノベーションプラットフォーム」を紹介する。 「AnyCAD」は、他社製 3D C...(2016/11/10 提供:オートデスク株式会社)

製品資料
IoT時代における産業用コンピュータの魅力と役割
・産業用コンピュータの魅力/IoT時代の産業用コンピュータ・コンテックの最新ラインアップ(ボックスコンピュータ、FAコンピュータ)・産業用SSDと民生SSDの違い/SSDの種類と特性/SSDの寿命・Windows 10 各エディションの違い/Windows 10 IoT Enterprise とは/ロックダ...(2016/11/15 提供:株式会社コンテック)

製品資料
企業の信頼に直結するコンプライアンス対応、簡単・低コストに実現するには?
 ネットワークやシステムが厳正に管理されていることが、組織の信頼性を計る基準となりつつあることから、コンプライアンス対応に力を入れる企業が増えている。その一方で、情報漏えい対策や証跡監査などのセキュリティ対策も多様化しており、ITシステム管理に課題を抱え...(2016/11/22 提供:株式会社ラネクシー)

技術文書
計測システムを構築するための完全ガイド 〜10の選定ポイント〜
最適な計測システムを構築するためには、その目的に応じた最適なツールを組み合わせる必要がある。本資料「計測システムを構築するための完全ガイド」では、それぞれのツールについて「10の選定ポイント」としてまとめた。【10の選定ポイント】・センサ・DAQデバイス・バ...(2016/12/8 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
マンガで読み解く! 業界別「バックアップのお悩み解決法」
 この数年で、企業や組織におけるデータ保護の重要性に対する認識は一気に高まった。そのこと自体は望ましいことだが、その一方でIT担当者がバックアップ/リカバリー運用に関して突然困難な要求を突きつけられる場面も増えている。 運用の効率化、システム冗長化、遠隔...(2016/12/6 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
Outlookが「使えるメールソフト」になる――アドレス管理の非効率を簡単に解消
 業務で利用される主要メールソフトの1つであるOutlook。モバイル端末でも扱いやすく、Microsoftのさまざまな製品やサービスとの連携機能を備えるなど、多くのメリットがあるものの、そのアドレス帳機能に関しては不満を感じるユーザーが少なくない。 特にアドレスの検...(2016/11/29 提供:テックインフォメーションシステムズ株式会社)

製品資料
手順書の一元管理で作業を標準化、IT作業管理ツール選びの3つのポイント
 人員が限られる中で膨大な作業に追われ、1つずつの作業に時間がかかり、ミスも減らせないといった課題を抱える企業は多い。IT運用を改善するためには、多忙な現場スタッフに余計な負担を与えることなく、作業の内容や所要時間などの情報を収集し、可視化する仕組みが役...(2016/11/9 提供:日本電気株式会社)

製品資料
ツール活用でIT運用を改善、作業内容の収集・可視化で業務はどう変わる?
 IT運用現場は、ともすれば手作業が多くなりがちだ。「この作業は特定のスキルを持つ担当者にしかできない」という場面が多く、しかもそれぞれの作業の段取りが複雑なため、時間がかかり、ミスも発生しやすい。作業できる特定の人材に任せてばかりいると、作業の属人化も...(2016/11/9 提供:日本電気株式会社)

レポート
サポート切れの「Windows XP」を使いつづける企業が覚悟すべきリスク
 サポートが終了した「Windows XP」を搭載したクライアントPCを、まだ使用している企業は少なくない。バージョン11より前の「Internet Explorer」(IE)のサポートも終了したが、このWebブラウザもまだ多くのオフィスに存在しているだろう。 Windows XPのようにサポート...(2016/11/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
LPDDR4の性能と消費電力を最適化するマルチチャネル・アーキテクチャ
 本稿では、従来のJEDEC DRAM仕様とLPDDR4の違いに焦点を当てながら、以下の内容について説明します。・LPDDR4が選ばれる理由・LPDDR4アーキテクチャの特長・LPDDR4の最適なチャネル構成・マルチチャネル接続で2ダイおよび4ダイ・パッケージを扱う方法・SoC分割によるチ...(2016/9/1 提供:日本シノプシス合同会社)

製品資料
Azure上にスタンバイ系を構築――ハイブリッドはBCP対策の切り札となるか?
 現在、ほとんどの企業が最優先で守るべきビジネス基盤として、データベースの存在を意識している。ITシステムの中核をなすデータベースの停止は、事業の継続を困難なものとするため、これまでにも多くの企業がBCP(事業継続計画)対策に取り組んできた。 しかし、企業...(2016/6/2 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

プレミアムコンテンツ
無償3D CADで初めての「ミニ四駆」ボディー作りに挑戦!!
 近年、「ミニ四駆」の公式大会でも、3Dプリント製のオリジナルボディーを搭載したマシンが「コンクールデレガンス」(見た目の装飾などを競う部門)で入賞しているのをご存じだろうか? 趣味として広く世間に認知されているミニ四駆の魅力は、無数に用意されたカスタム...(2016/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
1000億件の観測データを処理する宇宙ミッションに採用されたデータベースとは?
 約10億個の天体の正確な立体地図を作成するため、欧州宇宙機関(ESA)が推進する「ガイアミッション」。人工衛星を使って宇宙空間から無数の天体を詳細に観測し、そのデータを地上に送って処理することで、高精度な天文地図を作成しようというプロジェクトである。 こ...(2016/10/19 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

製品資料
物理・仮想環境を一元管理、データ保護のコスト最適化を実現するバックアップ製品
 システムやデータを保護し、ビジネスを守るために不可欠なバックアップ。その重要性はシステムが物理サーバから仮想サーバ、クラウドへと移り変わる中でも変わらない。むしろ新たなシステム形態や、それに伴う高度なニーズに対応したバックアップツールが求められるよう...(2016/10/18 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

製品資料
クライアント端末の課題を一気に解決、「VMware Horizon」で構築するVDI
 仮想デスクトップ(VDI)はホストOSを各クライアントで共有するものと、各クライアントにOSを割り当てて利用する2つの方法があるが、VMwareの仮想デスクトップソリューション「VMware Horizon」は両方に対応している。 いずれの方法も、各クライアントはデータセンター...(2016/10/5 提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)

製品資料
OpenStackクラウド開発、最新技術をすぐに取り込めるLinux基盤の「12の条件」
 業務利用にも適したクラウド環境を構築・管理できるOpenStackは、実行環境となるLinuxがシステム全体のパフォーマンスや拡張性、データセキュリティの基礎となる。そのため、導入に際しては、OpenStackディストリビューションとLinux製品が相互に依存することを意識する...(2016/8/31 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
なぜ、30年も使われ続けるのか!人気の開発用ソフトウェアでできることとは?
 30年変わらずに使われつづけるソフトウェアは珍しい。グラフィカルプログラミング構文を用いた「LabVIEW」 は、30 年にわたり、高度なテスト、計測、制御アプリケーションの開発用ソフトウェアとして、多くの技術者や研究者に使用されてきた。本資料では、グラフィカル...(2016/8/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
HDD暗号化ツールへの不満を全て解消、ユーザーと管理者の負荷をなくす製品選び
 PCの盗難・紛失時に重要データの流出を防ぐ最後の砦となる「HDD暗号化」。実際の運用では、PCのパフォーマンスが低下したり、PCへのログイン操作が2回に増えたりするケースがあり、ユーザーにとっての大きなストレスとなっている。 管理者にとっても、暗号化されていな...(2016/8/25 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

事例
モバイル向け製品やサービスの実機検証――新端末の発売ペースに追い付くには?
 モバイル市場の成熟により、ユーザーは製品やサービスを選ぶ際に今まで以上に品質を重視するようになった。その一方で市場の多様化も進んでおり、2015年には国内通信キャリアだけでも80台近くのモバイル端末を市場に投入している。 そのため、モバイル向け製品・サービ...(2016/7/28 提供:株式会社KSK)

製品資料
そろそろ見直したいマイナンバー業務環境、安全性と利便性は低コストで改善
 既に一巡した感のあるマイナンバー対策だが、運用が定着したことで見えてきた課題もある。セキュリティは強固だが各種システムへのサインオンが不便なケースや、利便性は高いが「なりすまし」行為などへの対策が不十分なケースなど、マイナンバー業務環境に課題を抱える...(2016/7/21 提供:株式会社日立ソリューションズ)

Loading