TechTargetジャパン

技術文書
これで完璧、Microsoft Office 2013展開ガイドブック
 本ドキュメントは、IT管理者を対象に、Office 2013を展開する方法について詳しく説明したガイドブックだ。ボリュームライセンス認証から、クライアントPCへのセットアップ、他言語での展開方法まで手順とともに細かく解説する。解説には、ポイントをまとめた「メモ」や...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
64 ビット ビジネスインテリジェンスを導入する5つの主な理由
64 ビット コンピューティングの時代が到来しました。64 ビット コンピューティング アーキテクチャは、パーソナル コンピュータから科学アプリケーションを実行するハイエンド サーバに至るまで、前世代の 32 ビットコンピュータに代わって急速に普及しています。2003 年...(2010/7/26 提供:マイクロストラテジー・ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論 かつては、WindowsのバージョンアップがPCの買い替え需要を支えてきた。しかし、Windows 10にはPC業界を長期的に成長させる力はなさそうだ...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Windows 32ビット/64ビット プラットフォーム用ドライバーインストール
 32ビットと64ビットの両方のプラットフォームにデバイスをインストールする場合、プラットフォームごとにネイティブ ドライバー パッケージを提供する必要があります。ただし、単一の32ビット インストーラーを使用して、いずれのドライバー パッケージでもインストール...(2010/9/11 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論■あなたのDNSデータが教えてくれる3つの知見■クラウド移行を拒否するITスタッフを抱えたリーダーの奮戦記■米Yahoo!が目指すグリーンエネル...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論■あなたのDNSデータが教えてくれる3つの知見■クラウド移行を拒否するITスタッフを抱えたリーダーの奮戦記■米Yahoo!が目指すグリーンエネル...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「信頼」「安心感」を求めてクラウド移行に踏み切れない企業が選ぶべきクラウドとは?
 クラウドのメリットが至るところで紹介され、自社の業務サーバのクラウド化を検討している企業も多いだろう。だが、いまひとつ導入に踏み切れないという企業の理由はどこにあるのか。「信頼」や「安心感」を求めているならば、「国産」のクラウドを検討してほしい。 「...(2014/10/30 提供:ビッグローブ株式会社)

製品資料
Azure上にスタンバイ系を構築――ハイブリッドはBCP対策の切り札となるか?
 現在、ほとんどの企業が最優先で守るべきビジネス基盤として、データベースの存在を意識している。ITシステムの中核をなすデータベースの停止は、事業の継続を困難なものとするため、これまでにも多くの企業がBCP(事業継続計画)対策に取り組んできた。 しかし、企業...(2016/6/2 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
シノプシスDesignWare ARC HS38シリーズ
本稿は、シノプシス社がライセンス供与しているDesignWare ARC HS38シリーズCPUコアについて説明したものです。これらのコアは、32ビットRISCパフォーマンスを必要とする組込みアプリケーション向けに、面積と消費電力を最小限に抑えて同社が開発した最新のCPUです。本稿...(2015/3/9 提供:日本シノプシス合同会社)

技術文書
測定の効率をあげるBenchVueソフトウェア
 BenchVueソフトウェアなら、機器の設定、測定、データ保存、ロギング等の一連の測定作業をPCから操作できるのはもちろん、繰り返し測定などの簡単なテストシーケンスもテストフローアプリケーションを使って実現できる。基本プラットフォームは無償、Proバージョンはラ...(2016/4/25 提供:キーサイト・テクノロジー合同会社)

製品資料
エッジPC導入でIoTは変わる
 センサーで収集されたデータは、エッジPCにより処理・加工・蓄積され、必要な時に必要なデータのみクラウドやサーバーに送信される。 エッジPCの導入メリットは、クラウドの巨大化や通信回線の容量不足と遅延を最小限に抑えるだけでなく、演算能力を分散させることで...(2016/4/18 提供:株式会社ピノー)

技術文書
Office 2010導入完全ガイド
 「Microsoft Office 2010」を組織内で利用する際には、以前のバージョンとの混在期間におけるファイルの互換性や進化したセキュリティなどの新機能をはじめ、あらかじめ考慮すべき事項が幾つかある。Office文書は業務現場で頻繁に利用されるため、IT部門としては業務現...(2012/11/19 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
IoTの構築におけるオープンソースの役割
 IoT(Internet of Things)の構築は驚異的な速度で進行している。2020年までには、500億台以上のインテリジェント機器がインターネット上で接続され、情報を交換すると予想されている。この“モノ”の群れには、驚くほどの多様性があり、コンピュータからインフラ機器、セ...(2016/3/28 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

技術文書
PS4の中身から、半導体の未来を占う
 半導体や電子機器の解析を手掛けるカナダの Chipworks は、スマートフォンやタブレット端末の分解リポートを公開する iFixit と共同で、ソニーの「プレイステーション 4(PS4)」を分解した。 「ソニーは、7年をかけて開発した多くの革新的な設計を PS4 に盛り込んだ」...(2016/3/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
オープンソースの無償3D CAD「FreeCAD」の機能まとめ
 人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回は過去の人気記事から「オープンソースの無償3D CAD「FreeCAD」を使ってみた」をお届けする。 ユーザー登録不要の無償CAD「FreeCAD」はモデリング以外の機能も盛...(2016/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
基礎から始める最新AUTOSAR入門
 AUTOSARとそれを取り巻く環境は刻々と変化している。 本資料では、2011年にMONOistで好評を博したAUTOSARの解説連載「AUTOSARとは?」の筆者が、2015年現在のAUTOSARの仕様や策定状況、関連する最新情報について説明する。(1)AUTOSARとは?/What is AUTOSAR? −2015...(2016/1/12 提供:イータス株式会社)

製品資料
セキュリティコンプライアンス対策のために必要なLinuxの管理と運用を効率よく実現する手法とは
 クラウド環境、例えばAWSにオンプレミスのLinuxシステムを移行したり、新規にLinuxサーバを構築する場合、どの商用ディストリビューションを選ぶかはセキュリティリスクを軽減させる意味でも重要なポイントだ。そうした中で、最近利用されることが多くなっているのが「R...(2016/2/8 提供:サイオステクノロジー株式会社)

レポート
iPad ProはWindows 2-in-1と比べて何が優れているのか
 スレートタイプのボディとそこに接続するキーボードユニットが標準で付属することで、タブレットとしてもクラムシェルデバイスとしても使える「2-in-1」デバイスは、Windows搭載ノートPCでは、すでに何年も前からモバイル利用を重視するユーザーにおいて主流になってい...(2016/1/14 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Arduinoで電子工作をはじめよう!全12回連載まとめ
 「アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう」の全連載12回をまとめ読み!【目次】 (1) お手軽モノづくり体験 ――「あったらいいな」をArduinoでカタチにしてみよう! (2) 親子で楽しむ夏休み自由研究 ――2つのLEDで「アニメシアター」を作ろう! (3) 厳しい残暑を「熱中...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

事例
事例で学ぶ、設計開発を支える Dell Precision ワークステーション総合資料
 CAD、CG、シミュレーション、映像制作などのプロフェッショナル業務を支えるワークステーション。製造業においてもその存在は不可欠である。 さまざまなコンピューティング環境の中でも、特にハイレベルのパフォーマンスや信頼性が不可欠とされるその製品領域において...(2015/6/1 提供:デル株式会社)

技術文書
あらゆる組織に役立つ、「Surface Pro 3」で学ぶWindowsのデバイス展開手法
 数十台、数百台のデバイスにWindows OSをインストールするには、自動化ツールが欠かせない。こうしたツールを使い、アプリケーションやドライバのインストール、Windows Updateの適用といった作業を効率化させるのだ。複数のデバイスにWindows OSや各種設定を配布するこ...(2015/5/18 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
ワークスペースの在り方を変える、手のひらサイズの超小型デスクトップPC
 PCの利用環境は急速に変化している。「オフィスにある同じ大きさのデスク」といった従来の環境だけではなく、例えば「学校やコールセンターなどで、1台の長机に大画面モニターをできる限り多く並べたい」といったニーズに応えるには、デスクトップPCは本体の大きさが問...(2015/3/18 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
クラウドだけじゃない、高性能ITサービスを利用するなら別の選択肢
 クラウドが普及するにつれて、その利用は簡易なサービスや軽量なツールから、複雑なシステム連携や大量のITリソースを扱うものまで、さまざまに広がっている。製造や建築・建設、エンジニアリング、クリエイティブなどの業務においても、グラフィックス性能や演算能力に...(2015/12/28 提供:オリックス・レンテック株式会社)

レポート
ビッグデータ分析を強化する新たなプラットフォーム、もう1つの選択肢とは?
 ビッグデータ活用の最も大事なポイントは、膨大なデータからいかにして「価値」ある洞察、戦略や目標を見いだすかにある。住所や年齢、性別などの「構造化された」データだけでなく、電子メールやWebトラフィック、ソーシャルメディアやブログのフィードといった「非構...(2015/12/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
普及が進むデスクトップ仮想化(VDI)、オープンで標準化された技術によるリファレンスアーキテクチャとは
 デスクトップ仮想化(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)は、事業継続性の向上、セキュリティ強化、クライアント端末の運用管理の負荷軽減、ワークスタイル変革(在宅勤務やリモートアクセスによる従業員の生産性向上)など、ビジネスに大きなメリットをもたらす。(2015/11/18 提供:デル株式会社)

レポート
400GバイトSSD48台構成で25万6000IOPS達成、オールフラッシュストレージの実力検証
 ESGの調査によると、IT担当者がインフラ対応で苦労する上位項目に「データの急増」と「データベースサイズの管理」が挙げられている。IT業務のROI改善の方法としてデータベースの統合が進められているが、そこで重要なのがパフォーマンスの向上だ。オールフラッシュスト...(2015/8/4 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
3Dプリント時間を最大20%向上!最新技術「トリプル・ジェッティング・テクノロジー」とは
二次硬化やポストプロセスは不要!3Dプリンタから取り出してすぐに取り扱えるPolyjetテクノロジーに新しく「トリプル・ジェッティング・テクノロジー」が追加された。その機能とメリットを紹介する。◎ミックスパーツ:82種類もの異なる物性のマテリアルを、オート作業で...(2014/12/5 提供:株式会社ストラタシス・ジャパン)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月4日号:新DDoS攻撃「ローアンドスロー」の脅威
 Computer Weekly日本語版 11月4日号は、以下の記事で構成されています。■iPad Proの真のライバルはSurface Pro 3にあらず 以前からその存在がうわさされ、ようやく発表されたiPad Pro。Surface Pro 3と競合すると目されているが、本当に競合する製品はSurface Pro 3...(2015/11/4 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月7日号:ネットワークスローダウンの処方箋
 Computer Weekly日本語版 10月7日号は、以下の記事で構成されています。■真の狙いは? Googleが保有特許を無償譲渡するプログラムを開始 Googleが、保有する特許をテクノロジー企業50社に無償譲渡すると発表。この大盤振る舞いにはもちろん裏がある。Googleの真の目...(2015/10/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「Windowsハードウェア認証」が製品の価値を上げる理由
 Windows 8対応のデバイスドライバを開発する際に、“知っておくと便利なポイント”を実践的な観点から紹介してきた連載「Windows 8 デバイスドライバ開発入門」。連載最終回となる今回は、Windows 10になってもきっと残るであろう、「Windowsハードウェア認定」について...(2015/9/24 提供:アイティメディア株式会社)

Loading