TechTargetジャパン

技術文書
これで完璧、Microsoft Office 2013展開ガイドブック
 本ドキュメントは、IT管理者を対象に、Office 2013を展開する方法について詳しく説明したガイドブックだ。ボリュームライセンス認証から、クライアントPCへのセットアップ、他言語での展開方法まで手順とともに細かく解説する。解説には、ポイントをまとめた「メモ」や...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
64 ビット ビジネスインテリジェンスを導入する5つの主な理由
64 ビット コンピューティングの時代が到来しました。64 ビット コンピューティング アーキテクチャは、パーソナル コンピュータから科学アプリケーションを実行するハイエンド サーバに至るまで、前世代の 32 ビットコンピュータに代わって急速に普及しています。2003 年...(2010/7/26 提供:マイクロストラテジー・ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論 かつては、WindowsのバージョンアップがPCの買い替え需要を支えてきた。しかし、Windows 10にはPC業界を長期的に成長させる力はなさそうだ...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
製造FA・画像分析・医療装置に適した小型サーバーNAS
 信頼性・高速性に優れたハードウェアRAID 6 対応小型サーバーNAS 「PS306/302シリーズ」 は、親しみのあるWindows UIで操作可能な Windows Storege Server 2016を搭載。Microsoft Azureとの連携も容易に行うことができ、Azure Backupで、さらに信頼性の高い、セキュリ...(2017/11/1 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
外国語ガイダンスやゲーム音声など、ニーズ別の音声合成製品をチェック
 従来の機械音でなく、人の声を合成して、より人間らしく自然な音声データを作成できる「音声合成ソフト」。音声ファイルの高品質化はもちろん、利用拡大とともに用途や目的別の製品も充実してきた。 外国人向けへの音声ガイダンスを作成したいなら、30カ国語以上の言語...(2017/2/27 提供:株式会社エーアイ)

事例
NVIDIAが実証!設計時間を半減し、賢くスマートな設計を実現する高位合成
鮮明で高度なグラフィックス機能を搭載した携帯端末の普及に伴い、ビジュアルコンピューティングの重要性が高まっている。この分野の第一人者、NVIDIAが提供するTegra SoCの新製品Tegra X1は、強力なNVIDIA Maxwellアーキテクチャと256GPUコア、64ビットCPU、比類のない4K...(2017/9/1 提供:メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社)

製品資料
エンドポイントセキュリティを徹底解説、多層防御に採用すべき技術は?
 近年は多数のベンダーや新興企業から、マルウェア感染の阻止に向けたエンドポイントセキュリティ製品が次々と登場している。しかし、年間で数億にも及ぶマルウェアの亜種が発見される状況では、多くの製品に見られるような限定的な保護機能では十分な対策とはならない。(2017/8/2 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
IoT時代における産業用コンピュータの魅力と役割
 IoT時代を迎えフィールドとクラウドを結ぶ重要な役割を担う産業用コンピュータ。IoTシステムにおける産業用コンピュータの役割、一般のPCとの違い、最新OS Windows 10 IoT とは何か、気になるSSD(ソリッドステートドライブ)の書き込み寿命など、コンテックの最新ライ...(2017/11/1 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Windows 32ビット/64ビット プラットフォーム用ドライバーインストール
 32ビットと64ビットの両方のプラットフォームにデバイスをインストールする場合、プラットフォームごとにネイティブ ドライバー パッケージを提供する必要があります。ただし、単一の32ビット インストーラーを使用して、いずれのドライバー パッケージでもインストール...(2010/9/11 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
「Outlook」の機能を手軽に拡張――添付ファイルをワンクリックで圧縮・暗号化
 Outlookは日常的に使うアプリケーションであるだけに、できれば便利かつ安全に利用したいものだ。例えば、添付ファイルを簡単に圧縮・暗号化できれば、添付ファイルを送信する際の手間を省略でき、万が一誤送信したときの情報漏えい対策にもなる。 本コンテンツで紹介...(2017/8/10 提供:テックインフォメーションシステムズ株式会社)

製品資料
業務で役立つ「Outlook」の機能拡張、よくあるメール送信トラブルを防止
 情報漏えいなどの重大なインシデントを招きかねないメールの誤送信は、ヒューマンエラーが主原因となるだけに研修などではゼロにできない。対策のポイントは、企業がセキュリティポリシーやルールを設定し、誤送信となる要因をシステムでカバーすることだ。 「宛先」「...(2017/8/10 提供:テックインフォメーションシステムズ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論■あなたのDNSデータが教えてくれる3つの知見■クラウド移行を拒否するITスタッフを抱えたリーダーの奮戦記■米Yahoo!が目指すグリーンエネル...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論■あなたのDNSデータが教えてくれる3つの知見■クラウド移行を拒否するITスタッフを抱えたリーダーの奮戦記■米Yahoo!が目指すグリーンエネル...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
「MIPSの終わり」を告げるAppleの通告
 AppleのiPhoneやiPadなどのグラフィックスには長らく、Imagination TechnologiesのIP(Intellectual Property)が利用されてきた。しかし、2017年4月にAppleがImagination Technologiesに対してIPの利用中止を通達すると、経営悪化を懸念したImagination Technologiesは...(2017/9/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
実用段階に入った「AI」、実際にどんな業務に活用できるのか?
 AI市場の成長が著しい。中でも注目すべきは、人間に近い学習能力をもたらすディープラーニングの進化だ。従来のAIでは、効率的に学習させるには専門家が特徴を抽出する必要があったが、ディープラーニングではスキルが必要な作業を機械自身が代行できるようになり、大幅...(2017/7/28 提供:日本電気株式会社)

レポート
なぜ今オンプレミス版リモートコントロールツールへの乗換が増えているのか
 従業員の端末利用が拡大したことで、PCや社内システムの操作方法やトラブル解決などをサポートするヘルプデスク業務の負荷が急増している。その対応の遅れは企業の生産性の低下に直結するが、限られた人員で迅速に対応することは難しく、多くの企業がヘルプデスク業務の...(2016/11/29 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月16日号:LinuxでもPowerShell
 Computer Weekly日本語版 8月16日号は、以下の記事で構成されています。■「クラウド界の落ちこぼれ」だったMicrosoftがクラウド界のリーダーになる?■サーバレスコンピューティングを使ってはいけない4つのパターン■NTTドコモも導入──アジア太平洋地域で伸びるSAP...(2017/8/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「SQL Server 2017」実践ガイド:Oracle DBからオブジェクトとデータを移行する
 Oracle Databaseを「SQL Server 2017」に移行する場合、問題になるのはデータベース本体だけではない。データベースオブジェクトやクエリといったツールの移行、互換性などにも考慮する必要がある。 SQL Server 2017は、ライセンスコストはもちろん、スキル取得の容易...(2017/10/24 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
「vSphere 6.5」の新機能を徹底解説、次世代仮想化基盤の真の実力とは?
 「vSphere 6.5」は、インフラやアプリケーションのパフォーマンス、運用性を最大化できる仮想化基盤として定評を得ている。その設計は、シンプルなユーザー環境、包括的なセキュリティ、ユニバーサルプラットフォームを主眼としており、自動化と管理、新旧アプリケーシ...(2017/10/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
2017年7月版セキュリティレポート、標的型サイバー攻撃の最新トレンドと対策
 近年、標的型サイバー攻撃では、標的のPCにインストール済みのツールを悪用するケースが目立つ。このような「ツールの現地調達」が大きなトレンドとなっている背景には、攻撃者が脆弱性を見つけるためのコストが上がっていることがある。 そして、もう1つのトレンドと...(2017/10/2 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
2020年に760億ドルのアナリティクス市場で成功するカギは「最新CPU」の活用
 ビッグデータの活用に対する関心が高まる中、多くの企業がビジネスインテリジェンスとアナリティクスに向けた投資の優先度を上げている。アナリティクス市場は、2020年までに760億ドルという規模に成長するという予測もある。 成長が期待できる一方で、業績に貢献でき...(2017/9/21 提供:インテル株式会社)

製品資料
「信頼」「安心感」を求めてクラウド移行に踏み切れない企業が選ぶべきクラウドとは?
 クラウドのメリットが至るところで紹介され、自社の業務サーバのクラウド化を検討している企業も多いだろう。だが、いまひとつ導入に踏み切れないという企業の理由はどこにあるのか。「信頼」や「安心感」を求めているならば、「国産」のクラウドを検討してほしい。 「...(2014/10/30 提供:ビッグローブ株式会社)

製品資料
EDI導入で取引のリードタイムを短縮、管理の効率化とコスト削減のポイントは?
 受発注取引の効率化やコスト削減などを目的として導入されているEDI(電子商取引)。例えば、取引先から発注データを受信して各種データ変換を行い、自社の基幹システムまで自動的に取り込めるため、取引業務のスピード化や効率化には欠かせない。 また、受注側は、受...(2017/9/21 提供:株式会社インターコム)

レポート
Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは
 Microsoftは、2種類のオフィススイートを提供している。1つはパッケージ版の「Office 2016」で、もう1つはクラウド版の「Office 365」だ。これらのオフィススイートから入手できるアプリケーションはほとんど変わらないが、Office 2016とOffice 365は果たしてどのような...(2017/9/14 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
短時間で導入・作動、ハイパーコンバージド製品の導入メリットを比較検証
 ITの運用効率を高めるためにインフラの仮想化が広がる中、仮想マシンの拡大とリソースの使用率の向上は、IT管理者にとって頭の痛い問題だ。複数の管理者がインフラストラクチャの異なる部分を担当すると、インフラのサイロ化が進んでしまう。そこで、注目されるのが、ハ...(2017/9/13 提供:ネットワンシステムズ株式会社)

技術文書
【20年ぶりに刷新!】デジタル・オシロスコープ入門  〜波形の振幅を正確に計測するのに必要なオシロスコープの帯域は?〜
 知っているようで意外と知らない、デジタル・オシロスコープの原理や基本性能が基礎からわかる入門書として最適な資料。イラストもタップリ掲載されており、3人の登場人物による会話仕立てで進むため初心者の方でもサクサク読むことができる。もちろんベテランの方にも...(2017/9/1 提供:テレダイン・レクロイ・ジャパン株式会社)

レポート
iPad ProはWindows 2-in-1と比べて何が優れているのか
 スレートタイプのボディとそこに接続するキーボードユニットが標準で付属することで、タブレットとしてもクラムシェルデバイスとしても使える「2-in-1」デバイスは、Windows搭載ノートPCでは、すでに何年も前からモバイル利用を重視するユーザーにおいて主流になってい...(2017/8/31 提供:KDDI株式会社)

技術文書
新世代LabVIEWは何が変わるのか――その進化点とLabVIEWが持つ豊富な機能
こうした課題に応えるにはどうすればよいだろうか。その解決策として、過去 30 年、何十万人ものエンジニアや科学者によって、生産性や機能性が向上してきたLabVIEW の実績を基に、共通の開発タスクの最適化というエンジニア固有の機能を組み合わせることで、システム開発...(2017/7/14 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

その他
受注業務の効率化とコスト削減を両立、EDI受注業務システムの8つのポイント
 EDI(電子商取引)では、商取引に関する各種情報を発注側/受注側双方のコンピュータが通信回線を介してやりとりを行う。このとき受注側に設置されるEDI受注業務システムでは、受注データを納品書や請求書、出荷の手配などに利用できるため、取引業務の一元管理、あるい...(2017/7/13 提供:株式会社インターコム)

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Loading