「macOS Catalina」では32bitアプリが動かない?バッテリー消費が速くなる問題も

Appleの「macOS Catalina」には、従来のアプリケーションとの相性や新ファイルシステムの挙動などに幾つかの問題がある。macOS Catalinaの導入を決める前に考慮すべき点を解説する。

2020年01月13日 05時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

関連キーワード

macOS | OS | Apple


 Appleは2019年10月に、同社のクライアントデバイス「Mac」向け最新OS「macOS Catalina」の提供を開始した。企業はmacOS Catalinaを導入する前に「自社の環境でmacOS Catalinaを安定して運用できるかどうか」を検討すべきだ。

 macOS Catalinaには幾つかの難点がある。企業がmacOS Catalinaを導入するかどうかの判断は、従業員のMacの使い方に左右される。

 macOS Catalinaの最も重要な変更点の一つ は、32bitアプリケーションのサポートを打ち切ったことだ。これにはMac向け仮想化ソフトウェア の「VMware Fusion」やオフィススイートの「Microsoft Office」、Intuit製の会計ソフトウェア「QuickBooks」などの古いバージョンも含まれる。

macOS Catalinaで動かなくなるアプリケーション

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。