2020年01月13日 05時00分 公開
特集/連載

「macOS Catalina」では32bitアプリが動かない?バッテリー消費が速くなる問題も

Appleの「macOS Catalina」には、従来のアプリケーションとの相性や新ファイルシステムの挙動などに幾つかの問題がある。macOS Catalinaの導入を決める前に考慮すべき点を解説する。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

macOS | OS | Apple


 Appleは2019年10月に、同社のクライアントデバイス「Mac」向け最新OS「macOS Catalina」の提供を開始した。企業はmacOS Catalinaを導入する前に「自社の環境でmacOS Catalinaを安定して運用できるかどうか」を検討すべきだ。

 macOS Catalinaには幾つかの難点がある。企業がmacOS Catalinaを導入するかどうかの判断は、従業員のMacの使い方に左右される。

 macOS Catalinaの最も重要な変更点の一つ は、32bitアプリケーションのサポートを打ち切ったことだ。これにはMac向け仮想化ソフトウェア の「VMware Fusion」やオフィススイートの「Microsoft Office」、Intuit製の会計ソフトウェア「QuickBooks」などの古いバージョンも含まれる。

macOS Catalinaで動かなくなるアプリケーション

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「Amazon帝国」の歴代企業買収額ランキング
ついに映画製作の名門MGMを手中に。成長やまぬ帝国が次に狙うのは?

news141.jpg

デジタル広告不正の内容理解は4割にとどまる――デロイト トーマツ調査
問題意識はあるものの理解は浅く、取り組みもまだ不十分というのが現状のようです。

news163.jpg

BOPIS(EC注文&店頭受取)導入支援サービス 電通テックなど3社が提供開始
3社でシステム導入と販促・バックヤード業務を総合支援。