2019年07月02日 10時05分 公開
特集/連載

新「Mac Pro」と4999ドルの「Pro Display XDR」 価格に見合った価値はある?「iPadOS」「Mac Pro」「macOS Catalina」「iOS 13」「watchOS 6」を理解する【中編】

Appleが「iPadOS」と同時に発表した新たな「Mac Pro」と「macOS Catalina」。それらの注目すべき機能と、高価さが話題となったディスプレイ「Pro Display XDR」の特徴を紹介する。

[Sabrina Polin,TechTarget]

関連キーワード

OS | Apple | Mac


画像 Mac Pro(左)とPro Display XDR(出典:Apple)《クリックで拡大》

 前編「『iPadOS』と今までの『iOS』の違いは? “ノートPC不要論”を再燃」では、Appleが2019年6月開催の「Worldwide Developers Conference(WWDC)2019」で発表した新製品のうち、タブレット専用OS「iPadOS」の主要な機能を紹介した。中編となる本稿では、プロフェッショナル向けワークステーション「Mac Pro」と新たなディスプレイ、クライアントOS「macOS Catalina」の見どころを紹介する。

再設計された「Mac Pro」がクリエイターのワークフローを変革

 Mac Proは、プロダクション(本番用)レンダリングや膨大なデータの分析、複数のプロ向けアプリケーションの実行といった、高い処理能力を要求する作業向けに設計されている。最大28コアのIntel製プロセッサ「Intel Xeon W」を搭載し、PCI Expressのレーン(データ伝送路)を64個備える。合計300ワット超の電力を供給する一方、最先端の排熱アーキテクチャを装備しており、CPUは熱の制約を抑えて能力を発揮できる。さらにAppleのクライアントデバイス「Mac」シリーズでは過去最大容量となる、1.5TBのメモリを積載できる。

 デザインは、分離可能なモジュラー構造をもたらすステンレススチール製スペースフレームと、システム全体にどの方向からでも手を加えやすい、アルミニウム製ハウジング(筐体)を特徴としている。このフレームには、Mac Proを移動するのに便利なハンドルも収まっている。ハウジングは、空気の流れを作り、静音性を実現するための格子パターンを備える。この格子パターンを「チーズおろし器」などになぞらえている人もいる。

 GPU(グラフィックス処理プロセッサ)の選択肢は、AMD(Advanced Micro Devices)の「Radeon Pro 580X」「Radeon Pro Vega II」、最も強力な「Radeon Pro Vega II Duo」だ。

「Pro Display XDR」と「Pro Stand」の組み合わせは強力だが、価格には批判も

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...