「iPadOS」と今までの「iOS」の違いは? “ノートPC不要論”を再燃「iPadOS」「Mac Pro」「macOS Catalina」「iOS 13」「watchOS 6」を理解する【前編】

タブレット「iPad」専用OSとして登場した「iPadOS」は、これまでiPadが搭載してきた「iOS」の機能を基に、タブレット向けに最適化したOSだ。iPadをノートPCのように使うようにするための機能も充実している。

2019年06月30日 08時30分 公開
[Sabrina PolinTechTarget]

関連キーワード

OS | iPad | Apple | iOS


画像 「iPadOS」はノートPCを不要にするか(出典:Apple)《クリックで拡大》

 Appleは2019年6月に開催した「Worldwide Developers Conference(WWDC)2019」の基調講演で、一連の新しいソフトウェアや強力な新製品を発表した。「iPadOS」や再設計された「Mac Pro」、従来OSの最新版「macOS Catalina」「iOS 13」「watchOS 6」といったラインアップだ。前中後編にわたり、それぞれの注目すべきポイントを整理する。

 AppleのiPadOSは、同社がタブレット「iPad」シリーズ向けに再設計したOSだ。これまでのiPadは全て、AppleのモバイルOSである「iOS」を搭載してきた。iPadOSは、iOSと同じ基盤を基に構築されているが、Appleは「iPadOSは、iPadの大きなディスプレイと汎用(はんよう)性を生かした新機能を提供する」と説明する。

「IPadOS」でiPadはノートPCにより近く

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...