2019年06月30日 08時30分 公開
特集/連載

「iPadOS」と今までの「iOS」の違いは? “ノートPC不要論”を再燃「iPadOS」「Mac Pro」「macOS Catalina」「iOS 13」「watchOS 6」を理解する【前編】

タブレット「iPad」専用OSとして登場した「iPadOS」は、これまでiPadが搭載してきた「iOS」の機能を基に、タブレット向けに最適化したOSだ。iPadをノートPCのように使うようにするための機能も充実している。

[Sabrina Polin,TechTarget]

関連キーワード

OS | iPad | Apple | iOS


画像 「iPadOS」はノートPCを不要にするか(出典:Apple)《クリックで拡大》

 Appleは2019年6月に開催した「Worldwide Developers Conference(WWDC)2019」の基調講演で、一連の新しいソフトウェアや強力な新製品を発表した。「iPadOS」や再設計された「Mac Pro」、従来OSの最新版「macOS Catalina」「iOS 13」「watchOS 6」といったラインアップだ。前中後編にわたり、それぞれの注目すべきポイントを整理する。

 AppleのiPadOSは、同社がタブレット「iPad」シリーズ向けに再設計したOSだ。これまでのiPadは全て、AppleのモバイルOSである「iOS」を搭載してきた。iPadOSは、iOSと同じ基盤を基に構築されているが、Appleは「iPadOSは、iPadの大きなディスプレイと汎用(はんよう)性を生かした新機能を提供する」と説明する。

「IPadOS」でiPadはノートPCにより近く

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...