2019年07月04日 10時05分 公開
特集/連載

「iOS 13」「watchOS 6」の押さえておくべき注目機能リスト「iPadOS」「Mac Pro」「macOS Catalina」「iOS 13」「watchOS 6」を理解する【後編】

AppleのモバイルOS「iOS 13」とスマートウォッチ向けOS「watchOS 6」には、どのような機能が加わったのか。注目機能を紹介する。

[Sabrina Polin,TechTarget]

関連キーワード

OS | Apple | iOS | Apple Watch | iPhone


画像 AppleはiOS 13で、システム全体にわたってダークモードを適用可能にした。目の負担を軽減する狙いがある(出典:Apple)《クリックで拡大》

 前編「『iPadOS』と今までの『iOS』の違いは? “ノートPC不要論”を再燃」と中編「新『Mac Pro』と4999ドルの『Pro Display XDR』 価格に見合った価値はある?」では、Appleが2019年6月開催の「Worldwide Developers Conference(WWDC)2019」で発表した新製品を紹介した。前編で紹介したタブレット専用OS「iPadOS」、後編で紹介したプロフェッショナル向けワークステーション「Mac Pro」と新たなディスプレイ「Pro Display XDR」、クライアントOS「macOS Catalina」に続き、後編ではモバイルOSの「iOS 13」と、スマートウォッチ「Apple Watch」向けOSの「watchOS 6」の新機能を紹介する。

「iOS 13」はダークモードを搭載、写真やカメラの機能も充実

 iOSユーザーからの要望に応え、AppleはiOS 13に、ユーザーインタフェース(UI)の色調を暗くする「ダークモード」を搭載する。一部のサードパーティーアプリケーションは、以前から暗い色調の外観を選択可能にしていたが、iOS 13はシステム全体にわたってダークカラーを適用できるようにする。ダークモードは、暗い場所における目の負担の軽減を意図している。デフォルトの設定にしたり、日没のような特定の時刻に合わせて自動的に有効にしたりできる。

 Appleは「写真」アプリケーションと「カメラ」アプリケーションにも、さまざまな改良を加えている。写真アプリケーションは機械学習を利用して、メモとして撮ったレシートやスクリーンショットのような乱雑な写真を非表示にし、類似の写真をまとめて、ライブラリを直感的に閲覧できるようにする。さらにiOS 13では、カメラアプリケーションでの撮影時に照明効果を調整できるようになる。

 iOS 13は、以下のような機能も提供する。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...