2019年05月17日 05時00分 公開
特集/連載

「バーチャルナース」から「Apple Watch」まで AIが医療を変える5つの分野年間1500億ドルのコスト削減に期待

医療業界では、特定の外科手術における臨床的な意思決定と支援のためのテクノロジーが進化するとともに、人工知能(AI)技術の応用に注目が集まっている。

[Reda Chouffani,TechTarget]

関連キーワード

医療IT | 機械学習


画像

 医療業界では、治療と患者ケアを改善するためにはテクノロジーが不可欠であると考えられてきた。人工知能(AI)技術の活用が「第4次産業革命」と呼ばれるようになった今日、医療機関の間では、患者の治療効果を改善し、医師の生産性を向上させ、ミスを減らす新しいAIベースのアプリケーションを導入しようと検討する動きが広がっている。

 複数の研究結果によると、米国の医療業界では2026年までにAIベースのアプリケーションが年間1500億ドルのコスト削減をもたらす可能性があるという。医療分野のAI技術が幅広く受け入れられるようになるにつれ、複数の分野に大きな影響を与えて大成功を収めると予測されている。医療AIで大きな成果が期待されるのは次のような用途だ。

  • 医療機関内外におけるバーチャルナース
  • 手術支援ロボット
  • 医療画像解析と疾病の早期診断
  • スクリーニング検査の判定
  • 患者の医療データに対するフィードバック

医療機関内外におけるバーチャルナース

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...