2019年06月15日 08時30分 公開
特集/連載

従来モデルよりも処理速度を向上新型「MacBook Pro」、Apple初の8コア搭載モデルはどれだけ「プロ向け」か

Appleは「MacBook Pro」の最新モデルを発売した。そのハイエンドモデルはApple初の8コアプロセッサ搭載MacBookで、従来モデルよりも高速化を図った。

[Sabrina Polin,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iPhone | ビジネスPC


MacBook Pro 「MacBook Pro」15型8コアプロセッサ搭載モデル《クリックで拡大》

 Appleは2019年5月21日(米国時間)に「MacBook Pro」の最新モデルを発売した。上位モデルはIntelの第9世代「Core」プロセッサを搭載し、MacBook Proでは初の8コア構成となっている。

 特に注目すべきなのが、15.4型ディスプレイを搭載した「15インチMacBook Pro」の新モデルだ。ベースモデルは動作周波数2.6GHzで6コアの第9世代「Core i7」プロセッサを搭載し、ハイエンドモデルは2.4GHzで8コアの第9世代「Core i9」プロセッサを搭載する。Appleによると、8コアプロセッサの搭載はMacBook Proでは初めてだ。

 13.3型ディスプレイを備えた「13インチMacBook Pro」の新モデルは、2.4GHzでクアッドコアの第8世代「Core i5」プロセッサ(Intel製マイクロプロセッサ製品の高速化機能「Turbo Boost」使用時は最大4.7GHz)を搭載し、その時々に可能な操作内容を動的に提示する「Touch Bar」を備える。13インチMacBook Proは従来モデルも引き続き販売されており、これらはデュアルコアプロセッサを搭載し、Touch Barは備えていない。

「8コアMacBook Pro」の何がうれしいのか

ITmedia マーケティング新着記事

news073.jpg

デロイト トーマツ「Tech Trends 2019日本版」、次世代のマーケティングについて書いてあること
技術そのものよりも、デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けて、それらを使いど...

news107.jpg

卓球「Tリーグ」と「TikTok」のコラボレーションがお互いにもたらすメリットとは
認知拡大を課題とする卓球新リーグとファン層拡大を狙う大人気の動画SNS。パートナーシッ...