2019年06月02日 08時00分 公開
特集/連載

4万円台で買える「Pixel 3a」 約10万円の「Pixel 3」と何が違うのか?「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」の実力【前編】

Googleは新たなスマートフォン「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」を発売した。既存のフラグシップモデルと同様の品質の製品を、より安く提供する狙いだ。

[Tanner Harding,TechTarget]
画像 Pixel 3aとPixel 3a XLは既存の高性能モデルと同等の機能を備えながら、価格を抑えた(出典:グーグルの製品紹介ページ)

 Googleは2019年5月、同社のAndroidスマートフォン「Pixel」シリーズの最新モデル「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」をそれぞれ399ドル、479ドルで発売した(公式ストア「Googleストア」での国内価格はそれぞれ税込み4万8600円、6万円)。Googleによると両モデルは、フラグシップモデルの「Pixel 3」「Pixel 3 XL」(Googleストアでの国内価格はそれぞれ税込み9万5000円から、11万9000円から)と同等のカメラ品質を、より手の届く価格で提供することを目指して開発された。

 Pixel 3aとPixel 3a XLは、既存モデルのPixel 3、Pixel 3 XLと同じデザインを踏襲しており、「Clearly White」(白)、「Just Black」(黒)、「Purple-Ish」(淡い紫)の3色のカラーバリエーションがある。有機EL(OLED)ディスプレイを搭載し、Pixel 3aは5.6型ディスプレイで2220×1080ピクセル、Pixel 3a XLは少し大きい6型で2160×1080ピクセルだ。いずれもBluetooth 5.0による通信が可能だ。

iPhoneにもない「イヤフォンジャック」を搭載

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...