2018年10月20日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」でコンテナを導入するにはアプリケーションとプロセスをデバイスから分離

「Windows 10」で「Docker」コンテナを利用して、アプリケーションとプロセスをユーザーのデバイスから分離することができる。これは他のアプリケーションとのコンフリクトなどを防ぐのに役立つ。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Docker | Windows Server | Hyper-V


Windows10のコンテナを使うメリットとは《クリックで拡大》

 Windows 10のコンテナを使うと、アプリケーションとプロセスを移植しやすいランタイム展開に分離することができる。

 コンテナには、アプリケーションやプロセスに必要なコンポーネントや設定ファイルが全て含まれる。各コンテナは、それぞれにプロビジョニングされたリソースセットにしかアクセスできず、コンテナから見ればそれ以外のリソースは存在しない。

 Dockerはコンテナの作成と管理を行うためのオープンソースソフトウェアプラットフォームだ。「Windows 10 Anniversary Update」以降、Windows 10の64ビット版「Professional」エディションと「Enterprise」エディションでは「Docker Toolbox」を使わずにDockerコンテナを実行できるようになった。

 ただし、コンテナを展開するコンピュータには「Docker for Windows」(無償の「Community Edition」または「Enterprise Edition」)をインストールしておく必要がある。インストールと設定は簡単な手順で行える。

DockerでWindows 10コンテナを利用するには

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

Zenlyで見る「自宅滞在率」 都道府県別および国別比較
ゴールデンウイーク中の日本でコロナ感染防止に最も努めたのは自宅滞在率約78%の北海道...

news031.jpg

2時間配送を実現した「Walmart」他、米国のオンラインショッピングアプリが熱い
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による外出自粛は世界的なトレンド。これに伴...

news135.jpg

コロナ禍で食費「増えた」が6割弱――電子チラシ「Shufoo!」運営会社が調査
「おうち時間」が増加したことで主婦の買い物動向はどう変化したのでしょうか。