2016年12月12日 08時00分 公開
特集/連載

DockerとWindowsについて知っておくべき“全てのこと”Docker for Windowsのメリットと制限事項(1/2 ページ)

「Docker」にWindowsとの互換性が加わった。だが開発者にとって欠かせない要素が全て提供されているわけではない。現時点のDocker for Windowsのメリットと制限事項をまとめた。

[Chris Tozzi,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Docker | アプリケーション | OS | Linux


Windows Server 2016が提供する2種類のコンテナ(参照:DevOpsの成否は“運用”次第、「インフラ技術者」に期待する役割とは)《クリックで拡大》

 オープンソースのコンテナ管理ソフトウェア「Docker」は、もはやLinuxだけのものではない。2016年9月、Docker社は自社のコンテナプラットフォームで「Windows Server 2016」をサポートすると発表した。

 DockerとWindowsはどのように連携するのだろう。どのような制限があり、組織にとって賢明な選択肢になるのだろうか。その答えについては本稿をご覧いただきたい。

DockerとWindowsの複雑な歴史

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...