2011年02月21日 07時30分 UPDATE
特集/連載

「2年以内の移行が必要」機能強化なしでもWindows 7 SP1が重要である理由

MicrosoftはWindows 7およびWindows Server 2008 R2用のSP1の提供を順次開始した。Windows 7 SP1に新機能は含まれないが、移行するには重要な理由がある。

[Bridget Botelho,TechTarget]

 米Microsoftは2011年2月10日、OEMパートナーに向けてWindows 7およびWindows Server 2008 R2用のService Pack(SP)1の提供を開始した。一般ユーザーには米国時間2月22日に提供(※)が開始される予定だ。またMicrosoftは、Windows Thin PCという新しいソフトウェアアシュアランス特典も導入している。Windows Thin PCは、PCのシンクライアントデバイスへの転用を図れるITベンダー向けの軽量版Windows 7だ。

※Windows Updateおよびマイクロソフトダウンロードセンターでのダウンロード提供(日本時間2月23日)。なお、MSDN Subscription/TechNet Subscriptionでは日本時間2月17日から提供が開始されている。

 多くの専門家は、最初のSPリリースを新製品に安全にアップグレードできるタイミングであると考えているため、今回のWindows 7およびWindows Server 2008 R2用SP1の正式リリースは非常に重要だ。なお、どちらのSP1もβ版は2010年6月のTechEdにおいて、続くβ2は7月にリリースされている。

 Windows 7 SP1では新機能の追加はなく、Windows Updateを通じて既に公開されているセキュリティアップデートとバグ修正プログラムの集成にすぎない。

 それでも、このSP1は重要なマイルストーンであることに変わりはない。サービスパックの提供が開始されれば、その前のリリース(この場合はWindows 7の初期リリース)のライフサイクルの終了が近づくからだと、米調査会社Gartnerのモバイルおよびクライアントコンピューティングアナリスト、マイケル・シルバー氏は言う。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

Adobe幹部に聞く、マーケティングを超えた「顧客体験」の提供に企業が今取り組むべきこと
創業以来、クリエイティブ支援の会社として確固たるポジションを築いてきたAdobe Systems...

news014.jpg

「インスタ映え」の極意が調査で明らかに――動画の「いいね!」獲得数は静止画の3倍
秋の気配をスマホで切り取ってシェアしてみたくなるこの季節。リア充な人もそうでない人...

news018.jpg

サイバーエージェントがDDTプロレスリングを買収
サイバーエージェントは、DDTプロレスリングの発行済み株式の全株式を取得したことを発表...