TechTargetジャパン

技術文書
Active Directoryの課題に関する調査結果と対処方法
 Windows 2000の登場以降、AD(Active Directory)が普及し、企業の中心的ディレクトリサービスとしての地位を占めるようになってきている。ADの普及に伴い、企業の重要なデータやアプリケーションへのアクセスも、ADを使用して制御するようになってきた。 このような現...(2009/10/13 提供:NetIQ株式会社)

製品資料
新年度の一斉人事異動を機に考える、Active Directoryでのアカウント管理手法
 Active Directoryでのアカウント管理では、人事異動への一括変更や日常的なアクセス権限の変更、膨大な管理作業が発生する。また、システムへの影響範囲も大きいことから容易に引き継ぎができず、システム管理者の負担に依存した管理となっている企業は少なくない。 シ...(2013/3/28 提供:株式会社 CSK Winテクノロジ)

講演資料
企業インフラが求める認証基盤とは
 アプリケーションのクラウド化が注目されがちだが、パブリッククラウドは社内の認証基盤であるActive Directoryドメインサービスにも大きなメリットをもたらす。本ホワイトペーパーは、オンプレミスで管理しているActive Directoryドメインサービスをクラウド化すること...(2014/4/21 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
System Center Service Manager 2010 SP1 管理者ガイド
System Center Service Manager(SCSM) 2010は、Microsoft Operations Framework(MOF)やITIL(Information Technology Infrastructure Library)に含まれるようなITサービス管理のベストプラクティスを自動化し、組織の要件に適合させるための統合プラットフォームであ...(2011/4/29 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
VMware ESXi + XenDesktopで始める デスクトップ仮想化入門
デスクトップ仮想化とは、これまで各クライアントに個別に用意していたデスクトップ環境をサーバーに集中配置して運用する革新的なソリューションである。シトリックス社では、このデスクトップ仮想化を実現する製品として大企業向けに「XenDesktop」、中堅中小企業向けに...(2012/10/22 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
最新! XenDesktopで始めるデスクトップ仮想化入門
 デスクトップ仮想化とは、これまで各クライアントに個別に用意していたデスクトップ環境をサーバーに集中配置して運用するソリューションである。 では「Citrix XenDesktop」について、最新版の以下の環境を利用し、インストール方法および環境設定などをわかりやすく...(2012/6/26 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
マイクロソフトにおける Active Directory Rights Management Services の展開事例
このホワイト ペーパーでは、機密性の高いビジネス データの保護について Microsoft IT が抱えていたニーズ、考えられる他のソリューションではなく RMS を展開した理由、および AD RMS の仕組みについて説明します。また、Microsoft IT での RMS サーバーおよびクライア...(2010/1/30 提供:マイクロソフト株式会社)

レポート
Microsoftのアプリケーションと利用環境のモニタリング最適化、10のヒント
 Microsoftのアプリケーションパフォーマンスの改善や、IIS、アプリケーションサーバ、Microsoft SQL Server、Active Directoryといったテクノロジーが複雑に絡んだコンポーネントのトラブルシューティング迅速化には、Microsoft製品を監視するモニタリングツールが欠か...(2015/5/14 提供:Ipswitch, Inc.)

事例
事例に見る:機密情報を扱う医業コンサル会社がセキュリティ強化と利便性向上を両立できた背景を考察!
 医業経営のトータルサポートや調剤薬局の運営などを手掛ける総合メディカル。同社は、医療機関の経営情報や医師、患者の個人情報などの機密性の高いデータのセキュリティ向上や、万が一の事業継続性を可能にする一元的な情報管理の体制として、自社のクライアントPCのシ...(2015/4/27 提供:デル株式会社)

レポート
モバイルデバイス活用時のファイル共有に求められる「3つの必要性」とは?
 企業におけるモバイルデバイス活用は、業務の進め方に大きな影響を与えている。だが、全ての業務をモバイルデバイスで行うには至っておらず、依然としてノートPCやデスクトップPCの使用が中心だ。モバイル活用で生産性を向上するには、顧客情報や提案書、プレゼンテーシ...(2015/4/10 提供:アクロニス・ジャパン株式会社)

製品資料
今すぐできる「Windows Server 2003/2003 R2からの移行ガイド」
 Windows Server 2003/2003 R2の延長サポートが2015年7月15日に迫ってきた。サーバOSの移行はクライアントOS以上に時間がかかるため、Windows XPのサポート終了時以上に早期に対応に取り掛かることが必要だ。サポート終了のOSを使い続けるとセキュリティ更新プログラム...(2014/10/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
事例に見る:1日当たり1時間の節約に成功、モバイル活用による生産性向上
 モバイルワーカーの生産性を最大化するには、遠隔地にいてもあらゆるデバイスを使って、文書を処理し、コラボレーションを行い、同僚や顧客、外部のパートナーとビジネスコンテンツを共有できなければならない。そして当然、これらの操作にはセキュリティの確保が条件と...(2015/4/10 提供:アクロニス・ジャパン株式会社)

製品資料
“サーバ専任不在”でもWindows Server 2012 R2移行を成功させる賢い選択とは?
 専任のIT部門がない組織、あるいは導入当時を知るスタッフが既に退職している場合などは、長年利用している「Windows Server 2003」をインストールした経緯さえ不明になっているケースが多い。当然、こういうケースでは「Windows Server 2012 R2」への移行方法も明確に...(2015/1/5 提供:テックウインド株式会社)

事例
全社的なセキュリティ・レベルの向上に欠かせない、Active Directoryの一元的な管理と運用を実現
 内部統制のさらなる強化が求められる中、Active Directoryの本格的な管理、運用への関心が高まっている。住友生命グループの情報システム会社「スミセイ情報システム」でも、情報活用による企業力の強化につながる「権限委任」とセキュリティ基盤の向上を図る「統制強化...(2010/3/29 提供:NetIQ株式会社)

製品資料
移行へのスタンバイOK? Windows Server 2003/2003 R2からの脱出ガイドブック
 Windows Server 2003/2003 R2の延長サポートが2015年7月15日(日本時間)で終了を迎えるが、「あと1年もある」「まだまだ先の話だ」などと考えていないだろうか? サーバOSの移行はクライアントOS以上に時間がかかる。Windows XPのサポート終了時以上に早期に対応に取り...(2014/7/24 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
そのログ収集ツール、Active Directory, Exchange, SharePoint, DB監査はできますか?
 “InTrust Plug-inシリーズ”は、Active DirectoryやExchange、SharePoint、ファイルサーバのログを拡張し標準監査ログでは出力できない詳細ログデータを出力できる。Active DirectoryやExchange、SharePointで取得すべき監査ログと“InTrust Plug-inシリーズ”での実現...(2008/3/31 提供:クエスト・ソフトウェア株式会社)

技術文書
Active Directry管理を効率化する変更管理ソリューション
Active Directoryを使用している企業は多い。しかし、変更管理の難しさやロールバックにかかる時間の多さなど、課題は山積みだ。これらの課題を解決するためのソリューションを紹介する。 Active Directoryの使用が浸透するにつれて、マイクロソフトのネイティブツールだ...(2007/6/6 提供:NetIQ株式会社)

事例
巨大グローバル企業・横河電機が最小限の時間と労力で統合認証基盤を構築できた理由
 制御分野のリーディングカンパニーとして世界的なシェアをもつグローバル企業・横河電機。世界33ヵ国海外71社、国内18社に従業員1万9000名以上を抱えるYOKOGAWAグループを率いて事業展開するなかで、長年にわたり本社―各国拠点間でのIDの統合が大きなテーマとなってい...(2013/7/10 提供:マクニカネットワークス株式会社)

技術文書
中堅・中小企業のためのHyper-V環境におけるバックアップ導入ガイド
 仮想化技術はデータやアプリケーションサーバなどの重要なIT資産を最適化するために、企業規模の大小にかかわらず幅広く採用されている。 多くの企業では仮想化の対象範囲を広げて、事業の継続性、ディザスタリカバリ(災害復旧)、試験と開発、リモートオフィス管理な...(2012/12/25 提供:株式会社シマンテック)

レポート
iOSにAndroid、Windows Phone――モバイルOS多様化がもたらす課題
 モバイルコンピューティング市場は、さまざまな端末やOS、無線ネットワークサービスであふれている。近所の携帯ショップに行けば、20〜30種類のスマートフォンが目に飛び込んでくる。米Appleの「iPhone」や韓国サムスン電子の「GALAXY NEXUS」といったハイエンドの端末...(2012/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
Log Audit Tracker for Ops Manager
 IT環境の監視・監査、情報漏洩対策の強化が求められる中、Windowsシステムに最適な監視ソリューションである「Log Audit Tracker for Ops Manager(LAT)」は、System Center 2012 Operations Manager単体では実現できない操作履歴、USBデバイス、ドライブの監視等に加え...(2012/6/26 提供:株式会社ディアイティ)

技術文書
IT統制でActive Directoryに足りない機能とその解決策
 ユーザー認証の基盤であるAD(Active Directory)の管理には、ユーザーの作成と削除、ユーザープロパティの編集、パスワードのリセット、グループの作成と削除、メンバーの追加、オブジェクトのOU(Organization Unit)間移動などさまざまな日常業務が必要である。また...(2008/5/1 提供:NetIQ株式会社)

技術文書
SharePoint Server 2007 自習書〜ユーザーアカウントのメンテナンス手順
 本ドキュメントでは、Microsoft Office SharePoint Server 2007(以下、SharePoint Server 2007)での社内組織変更に伴う変更方法について、画面キャプチャーを用いてステップバイステップで紹介します。本ドキュメントの手順は、SharePoint Server 2007サーバファーム...(2010/9/8 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Active Directory TechCenter
2000年2月18日、Windows 2000 Serverとともに登場したActive Directoryも10年が経ちました。その間、みなさまに支えられてシステムインフラの中核となるテクノロジーとして発展を遂げてきました。そしてWindows Server 2008の登場により、いよいよ第2の成長期に入り、適用...(2010/2/13 提供:マイクロソフト株式会社)

製品資料
容量不足? 分散管理? 性能不足? もうファイルサーバで悩まない。
OneOfficeクラウドファイルサーバサービス4つのポイント■サーバ統合によるデータの一元管理でコスト削減 分散するファイルサーバを一元管理することで使用データ容量域を集約。サーバ分散による 無駄な領域などの無駄な投資を解消します。■企業利用ならVPN経由または...(2011/4/27 提供:株式会社TOKAIコミュニケーションズ)

技術文書
SharePoint Server 2007 自習書〜障害回復ガイド
 ユーザーが SharePoint Server 2007のコンテンツにアクセスするには、さまざまなコンポーネントを経由する必要があります。SharePoint Server 2007ではコンテンツやサーバの構成は、すべてバックエンドのSQL Serverデータベースに格納されています。 また、SharePoint ...(2010/8/9 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
ごちゃごちゃしたファイルサーバをスッキリ!
OneOfficeクラウドファイルサーバサービスの利用メリット■サーバ統合によるセキュリティ強化・コスト削減分散するサーバを統合し一元管理することで、サーバ使用効率を最適化し余分な投資を削減します。さらに、同一セキュリティポリシー適用によるセキュリティの向上を...(2011/2/1 提供:株式会社ビック東海)

技術文書
Active DirectoryとUNIX/Linux環境における特権IDの一時貸出し管理
 システムの多様化が進み、社内に存在する特権IDの数が激増している。すべてのシステムに関する知識を持つのは困難なため、導入された製品ごとに担当者を割り当て、システムだけでなく特権IDの管理も各担当者に任せている。しかし自社要員だけでは作業量に限界があるため...(2010/3/15 提供:NetIQ株式会社)

講演資料
AD FS 2.0のアーキテクチャとWindows Azure 連携の実装 〜ADFS 2.0によるシングルサインオンの実現2
Active Directory フェデレーション サービス 2.0 (AD FS 2.0) の目的は、正しいロールを正しい人/役職に割り当てることです。その手段として、クレームベースおよびフェデレーションと呼ばれるテクノロジが使用され、結果として (組織 ― 組織)、(クラウド ― 組織)、(ク...(2010/9/25 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
ISP におけるスプリットブレイン(Split-Brain)DNSサーバ構成
 スプリットブレイン構成を使用することによって、ISPは内部ネットワークや顧客のネットワーク上の動的DNSとActive Directory統合DNSの利点を活用しつつ、セキュリティ保護されたWindows DNSサーバを自社および顧客用の外部DNSリゾルバとして保持できます。 スプリット...(2010/5/24 提供:マイクロソフト株式会社)

Loading