2010年04月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

中堅企業向けActive Directory運用のススメActive Directoryのバックアップと復旧のポイント

Active Directoryは、ほかのアプリケーションとは別にバックアップしておく必要がある。障害が起きる前に、シミュレーションして計画を検証しよう。

[Joel Snyder,TechTarget]

 Active Directoryバックアップと復元の計画を立て、テストしておくことは、事業継続計画(BCP)における最優先事項だ。もしもActive Directoryを失えば、Windowsドメインはすぐに機能しなくなり、企業はActive Directoryで管理しているすべての情報を失うことになる。

 大半のネットワークアプリケーションとは異なり、Active Directoryは分散型のアプリケーションだ。これはマルチプルマスター、つまり(デフォルトで)すべてのドメインコントローラーがディレクトリの完全なコピーと、それを変更できる機能を持っている(※)。

※なお本稿は中堅規模のネットワーク向けに執筆したものである。幾つものドメイン、さらには複数のフォレストがある大規模ネットワークの場合には、この原則はすべて当てはまるが、細部はかなり異なってくる。

 従って、Active Directoryを安全に保つためには、ドメインコントローラーのうちどれか1つのバックアップを取っておけばいい。しかしコントローラーのいずれかを復元したいと思えば、すべてのバックアップが必要になる。

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...

news026.jpg

債権回収にマーケティングオートメーション活用、イオングループ傘下のサービサーの取り組み
債権回収の場においても、チャネル横断やコミュニケーション最適化の視点はやはり重要だ...

news016.jpg

オウンドメディアリクルーティング、実践企業の約9割が効果を実感――Indeed Japan調査
Indeed Japanは「オウンドメディアリクルーティング」に関する調査を実施しました。