2010年04月15日 08時00分 公開
特集/連載

Active Directoryのバックアップと復旧のポイント中堅企業向けActive Directory運用のススメ

Active Directoryは、ほかのアプリケーションとは別にバックアップしておく必要がある。障害が起きる前に、シミュレーションして計画を検証しよう。

[Joel Snyder,TechTarget]

 Active Directoryバックアップと復元の計画を立て、テストしておくことは、事業継続計画(BCP)における最優先事項だ。もしもActive Directoryを失えば、Windowsドメインはすぐに機能しなくなり、企業はActive Directoryで管理しているすべての情報を失うことになる。

 大半のネットワークアプリケーションとは異なり、Active Directoryは分散型のアプリケーションだ。これはマルチプルマスター、つまり(デフォルトで)すべてのドメインコントローラーがディレクトリの完全なコピーと、それを変更できる機能を持っている(※)。

※なお本稿は中堅規模のネットワーク向けに執筆したものである。幾つものドメイン、さらには複数のフォレストがある大規模ネットワークの場合には、この原則はすべて当てはまるが、細部はかなり異なってくる。

 従って、Active Directoryを安全に保つためには、ドメインコントローラーのうちどれか1つのバックアップを取っておけばいい。しかしコントローラーのいずれかを復元したいと思えば、すべてのバックアップが必要になる。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...