NetIQ、詳細な権限管理が可能なActive Directory管理ツールの最新版をリリースNEWS

Active DirectoryとExchange Serverの管理に必要な権限を細分化し、それぞれを個別に付与する管理ツールの最新版がリリースされた。

2010年02月19日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 システム管理ツールプロバイダーのNetIQは、Active Directoryリソース管理ツール「Directory and Resource Administrator 8.5」を2月18日より出荷開始した。

 Directory and Resource Administrator(以下、DRA)は、Active DirectoryExchange Serverを安全に管理するためのツールだ。IT部門内でAdministrator(管理者権限)をスタッフ間で共有しているケースは意外と多い。DRAは誰が、いつ、どんな権限を誰に付与したのかといった情報漏えいの原因になる「ITスタッフの行動管理のあいまいさ」を解消する。

 DRAはActive DirectoryとExchange Serverの管理に必要な権限を細分化し、それぞれを個別に付与できるようにしている。権限を行使する対象は1ユーザー、あるいは特定の情報端末1台にまで限定できる。

 管理者、権限の種類、権限の行使対象という3つの要素の組み合わせによって、実際の権限付与のパターンは無数にあるわけだが、DRAは複雑化した権限付与のパターンを一元的に管理し、これらをアウトプットするリポーティング機能も以前よりスピードアップさせた。

 Active Directory基盤は多くの企業で利用されており、詳細な権限設定の必要性は誰もが認めるところだ。しかし、詳細さが増すほど管理が難しくなるという問題があった。DRAは300以上の権限、60以上の役割を設定することができ、業務上のきめ細かな権限委譲を実現する。加えてすべての操作において監査ログを記録するので、問題を発見した場合でも正確に事実関係を追うことができる。

 また、臨時の管理者やヘルプデスクユーザーにも使いやすいWebコンソールが用意されている。こうした管理ツールを導入した後、一部のスタッフだけが使いこなし、結果的に高い権限が集中してしまうケースはよくあるが、DRAはそうした導入後の懸念も解消するという。

DRAのWebコンソール画面

 DRA 8.5のライセンスは、Active Directoryに登録されたユーザーオブジェクトの数以上となるよう、100ユーザーごと1シートの単位で購入が必要となる。価格は1シート当たり25万6000円(税別)。

関連ホワイトペーパー

Active Directory | Exchange | 情報漏えい | 情報流出


ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...