2009年07月24日 09時00分 公開
ニュース

NetIQ、学習機能を備えたシステム監視ソフトウェアの最新版をリリースNEWS

NetIQが同社のシステム監視ソフトウェア「AppManager Performance Profiler」の最新バージョンを発表。システムの稼働特性を学習し、その結果に基づき動的に異常を検出する機能を備える。

[TechTargetジャパン]

 NetIQは7月23日、同社が開発するシステム監視ソフトウェア「AppManager Performance Profiler」(アップマネジャー パフォーマンスプロファイラー)の最新バージョン、「AppManager Performance Profiler 4.1.2J」(以下、AMPP 4.1.2J)の提供を開始すると発表した。

 AMPP 4.1.2JはCPU、メモリ、HDD、ネットワークなどの基本項目の監視に加え、アプリケーションの応答速度の監視も行う。そのため、ユーザーにITサービスを提供する際のサービスレベルを正確に監視・維持することが可能になるという。

 また、従来のシステム監視製品は、しきい値と取得値を単純比較することで異常の検出を行うものが多かったが、AMPP 4.1.2Jは静的なしきい値は使用せず、システムの稼働特性を学習した結果に基づき、動的に異常発生の有無を判断する。学習の結果得られた通常動作の範囲内を正常、それ以外を異常と判断することにより、異常検出の精度を向上させるとともに、通常の運用時に発生する不要なアラートを排除する。これにより運用管理担当者の負荷を軽減し、サービスレベルの向上に大きく貢献するという。

画像 AppManager Performance Profilerのパフォーマンスアシスタント画面。取得パラメータごとに学習した正常な範囲や、実際に取得した値の軌跡などを表示する《クリックで拡大》

 なお同製品を利用するには、同社のシステム管理ツール「AppManager」を導入した上で、OSやアプリケーション用のテンプレートライセンスを購入する必要がある。ライセンス価格はテンプレートの種類により異なるが、WindowsおよびUNIX用のテンプレートのライセンス費用は1サーバ当たり6万4000円(税別)となっている。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | サーバ | UNIX | Windows


ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...