2021年04月21日 05時00分 公開
特集/連載

「Active Directory」(AD)と「Azure AD」の違い クラウド版だけの機能とはオンプレミス「AD」と「Azure AD」を比較【前編】

「Microsoft 365」などのクラウドサービスを利用する際、必ずしもオンプレミスの「Active Directory」(AD)までクラウドに移行する必要はない。ただし選択肢はある。ADと、そのクラウド版の「Azure AD」の違いは。

[Reda Chouffani,TechTarget]

関連キーワード

Microsoft Azure | Office 365 | Active Directory


 オフィススイート「Microsoft 365」(Office 365)などのクラウドサービスに業務アプリケーションを移行する動きが広がっている。クラウドサービスへの移行は、一般的に運用管理の負担が軽減するメリットがあるが、反対に負担が増えてしまうこともある。どのユーザーがどのシステムにアクセスできるのか、といったアクセス権限の管理が煩雑になる問題もある。

 企業はさまざまなクラウドサービスを利用している。ユニファイドコミュニケーション(UC)システム「Microsoft Teams」、アプリケーション作成ツール「Power Apps」、ビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Power BI」といったMicrosoftのクラウドサービスを使うと、データは同社のデータセンターに保存されることになる。各クラウドサービスにあるどのデータに、どのユーザーがアクセスできるかを管理するのはIT部門の重要なセキュリティ戦略だ。

 ユーザーのIDやアクセス権限の管理のために、一般的に企業はオンプレミスの「Active Directory」(AD)を使用してきた。クラウドサービスの利用拡大に合わせて、ADのクラウドサービス版である「Azure Active Directory」(Azure AD)を利用する企業もある。両方とも同じようなID・アクセス権限の管理システムだが、全く同じではない。クラウドサービスを利用する上でどのような違いを知っておけばいいのか。

オンプレミスのADとAzure ADは“ここ”が違う

 オンプレミスのADはサーバOS「Windows Server」の初期モデルから搭載され、IDとアクセス権限の管理システムとして広く使われてきた。MicrosoftはADのクラウドサービス版であるAzure ADも提供している。Azure ADはクラウドサービス向けのさまざまな機能を搭載する。

 Microsoft 365を契約している企業は、Azure ADを無料で利用できる。ただしAzure ADを使用する場合でも、オンプレミスのADがすぐに必要なくなるわけではない。「Azure AD Connect」というソフトウェアをオンプレミスのサーバで運用することで、オンプレミスのADとAzure ADを同期させることが可能だ。Azure AD ConnectはADのフォレスト(ドメインの単位)にアクセスし、ユーザーやセキュリティグループといったオブジェクト(ユーザー管理の単位)をAzure ADと同期させる。

 ID管理や認証において、Azure ADはオンプレミスのADと同様に機能する。それぞれが提供する機能は類似しているが、Azure ADだけが搭載する、幾つかの重要な機能がある。それがオンプレミスのADからAzure ADへの移行を促すきっかけになる可能性がある。

Azure ADでハッキングを可視化

 Microsoft 365に対する一般的な攻撃に、Microsoftのクラウドサービス形式のメールサーバ「Exchange Online」に対する、資格情報のハッキングがある。ログインの成功と失敗の双方を報告するAzure ADのようなツールを使用していなければ、この種の攻撃を監視するのは難しい。Azure ADは「Identity Protection」という機能によって、不正アクセスやアカウントの乗っ取りなどの攻撃を検出する。オンプレミスのADで同じ機能を実現するには、サードパーティー製ツールを使用する必要がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news054.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。

news061.jpg

売れる仕組みは「AI」で作る(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...