2021年04月22日 05時00分 公開
特集/連載

COBOLやPL/Iのメインフレームアプリケーションをクラウドサービスで動かすにはメインフレームからクラウドへ【後編】

ソースコードがあれば、メインフレームアプリケーションのクラウドサービス移行は比較的容易だ。ただしプログラミング言語の種類によって難易度は異なる。「COBOL」「PL/I」で書かれている場合はどうなるのか。

[Tom Nolle,TechTarget]

 メインフレームで稼働するアプリケーション(以下、メインフレームアプリケーション)のクラウドサービスへの移行が難しくなるかどうかは、ソースコードの有無が左右する。企業がソースコードを保持していれば、メインフレームアプリケーションをそのままクラウドサービスへ移行させたり、マイクロサービスアーキテクチャ(小規模のサービスを組み合わせるアプリケーション構造)に基づくアプリケーションとして再構築したりできる可能性が高まる。特に「C」「C++」「C#」などの一般的なプログラミング言語で記述されているアプリケーションは、クラウドサービスへの移行が比較的容易だ。

「COBOL」「PL/I」のアプリケーションをクラウドサービスで動かすには

 「COBOL」や「PL/I」、アセンブリ言語などのプログラミング言語でメインフレームアプリケーションが記述されている場合は、一から書き直さずにクラウドサービスへ移行させることは難しい。COBOLで記述されたメインフレームアプリケーションに最適な方法は、ソースコードの変換を支援するツールでクラウドサービスに適した形に変換することだ。例えばAstadiaやTmaxSoft、MuleSoftといったベンダーが、こうしたツールを提供している。

 メインフレームアプリケーションのクラウドサービス移行は、必ずしも可能であるとは限らない。クラウドサービス移行にかかるコストの面から実現不可能な場合もある。全面的なクラウドサービス移行が難しい場合は、メインフレームアプリケーションからユーザーインタフェース(UI)とデータ入力の部分のみ分離してクラウドサービスへ移行させるとよい。そうすることでメインフレームの制約を減らすことができ、今後の本格的な刷新に備えることができる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...