Windows Server 2016の新機能をチェックする──Active Directory管理編体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第11回】

ユーザー管理を確実かつ容易に行うActive Directoryはサーバにとって不可欠な機能だ。Windows Server 2016ではその機能を強化した。今回は、その強化ポイントについて解説する。

2017年09月08日 05時00分 公開
[塩田紳二]

この連載は

新世代Windows Serverとして2016年9月に正式登場した「Windows Server 2016」。フリーで導入できる体験版を使って、新しいセキュリティ機能やコンテナ関連機能の設定など、新しく登場した“操作テクニック”を紹介する。執筆はIT関連媒体で長らくWindows Serverの解説連載を手掛けてきた塩田紳二氏だ


 「Windows Server」では、ディレクトリサービス「Active Directory」でユーザーを管理している。これを他のサービスでも利用可能にする「Active Directory Federation Service」(以下、ADFS)を使えば、広範囲なサービスを連携できる。ユーザーは1カ所でサインイン(ログオン)すれば、社内のサービスを自由に使える。

 Microsoftは「Windows Server 2016」(以下、WS16)で、ADFSを強化した。今回は、WS16におけるADFSの改良点について解説する。

WS16で施したADFS、4つの改良ポイント

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...