Windows Server 2016の新機能をチェックする──Active Directory管理編体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第11回】

ユーザー管理を確実かつ容易に行うActive Directoryはサーバにとって不可欠な機能だ。Windows Server 2016ではその機能を強化した。今回は、その強化ポイントについて解説する。

2017年09月08日 05時00分 公開
[塩田紳二]

この連載は

新世代Windows Serverとして2016年9月に正式登場した「Windows Server 2016」。フリーで導入できる体験版を使って、新しいセキュリティ機能やコンテナ関連機能の設定など、新しく登場した“操作テクニック”を紹介する。執筆はIT関連媒体で長らくWindows Serverの解説連載を手掛けてきた塩田紳二氏だ


 「Windows Server」では、ディレクトリサービス「Active Directory」でユーザーを管理している。これを他のサービスでも利用可能にする「Active Directory Federation Service」(以下、ADFS)を使えば、広範囲なサービスを連携できる。ユーザーは1カ所でサインイン(ログオン)すれば、社内のサービスを自由に使える。

 Microsoftは「Windows Server 2016」(以下、WS16)で、ADFSを強化した。今回は、WS16におけるADFSの改良点について解説する。

WS16で施したADFS、4つの改良ポイント

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...