2011年04月15日 18時00分 UPDATE
特集/連載

HPの「TouchPad」はiPadに勝てるか?「セキュリティ意識がないiPad」打倒を目指すTouchPad/webOS

iPadにはセキュリティ意識がなく、iPadユーザーはiTunesの支配にうんざりしていると話す米Hewlett-Packardは、同社のTouchPad/webOSに勝機があると分析している。果たして本当か?

[Barbara Darrow,TechTarget]

 米Hewlett-Packard(HP)とそのパートナーは、HPのTouchPadはiTunesの「支配」にうんざりしているiPadビジネスユーザーを獲得できると話す。

 AppleのiPadを愛する多くのビジネスユーザーのために、会社のIT部門はこのコンシューマー端末の受け入れを余議なくされた。しかし、そのようなユーザーでさえも、iPadがiTunesに依存する構造は欠点だと考えている。

 iTunesはiPadアプリケーションの唯一の配布経路(であると同時にボトルネック)だ。iPadで動作するアプリケーションは、iTunesからダウンロードし、Apple独自の白いケーブルを使ってiPadに転送する必要がある。

 HPは現在、webOSベースのモバイルプラクティスの開発をパートナーに働き掛けている。それは、パートナーがこのAppleの制約からiPadユーザーを解き放ち、新しいHPのTouchPadに乗り換えさせると期待してのことだ。

HPいわく、企業はAppleの束縛を断つべし

 2011年3月に開催されたHP Americans Partners Conferenceに参加した何社かは、まさにそれを実現できると考えている。「必要に応じてデスクトップの周辺機器として使えるビジネス指向のタッチ端末の市場は確実にあると思う」と、HPの長年のパートナーである米Camera Corner/Connecting Pointのリック・チャーニックCEOは言う。

 このカンファレンスではデモ機が展示フロアで披露されていた。16、32、64Gバイトのメモリを装備した3モデルが“この夏”にリリースされる予定だ。HPの役員の1人の話では、Wi-Fiのみのモデルは新しいwebOS 3.0を搭載して6月中に発表されるという。

 カンファレンスに参加していたパートナー企業の役員2人は、HPはこの市場に挑んではいるが、道のりは険しいだろうと話す。2人は自分たちのiPadを取り出して見せながら、HPのタブレットも、Motorolaの「XOOM」やCiscoの「Cius」もよくできているが、どれもiPadほど洗練されたルック&フィールを備えていないと指摘する。

webOSをiOSに代わるビジネス向けOSとして訴求

 HPのチャネル統括者であるスティーブン・ディフランコ氏は、確かにAppleはコンシューマー指向のタブレットで一歩先んじたスタートを切っているが、HPは本気でこのTouchPad/webOSで攻めるつもりだと明かす。

関連ホワイトペーパー

iPad | タブレット


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news147.jpg

マイクロアド関連会社、上海発の訪日クルーズ船内で日本の商品を販促
マイクロアド・インバウンド・マーケティングは中国の訪日クルーズ船と提携し、上海から...

news136.jpg

「KANADE DSP」が機械学習を活用してコンバージョン獲得コストの自動最適化機能を強化
京セラコミュニケーションシステムは「KANADE DSP」において、コンバージョン獲得コスト...

news131.jpg

日本のマーケターはプログラマティックとソーシャルに積極的、AdRollが調査
AdRoll日本法人は、日本のプログラマティック(運用型広告/データに基づくリアルタイム...