2011年01月13日 07時30分 UPDATE
特集/連載

IT部門を悩ますコンシューマー仕様気になるセキュリティは? 「Windows Phone 7」のビジネス利用を考える

Windows Phone 7にはMicrosoft OfficeやOutlookなどビジネス利用に向いたアプリが搭載されているが、果たして企業での採用に見合うだろうか?

[Jonathan Hassell,TechTarget]

 新年度予算が組まれ、従業員の携帯端末が古くなってきていることもあり、あなたの職場でも米Microsoftの「Windows Phone 7(WP7)」が話題になっていることだろう。だが、この新しいスマートフォンはビジネスで使えるだろうか? 恐らくまだそうと言い切れないだろう。

 今のところ、WP7はコンシューマー向け端末であり、ビジネスツールではない。MicrosoftのTechEd Wikiには以下のような説明がある。

 WP7は主にコンシューマー向け端末として開発されており、企業向きではないことを指摘しておく必要がある。結果的に、Windows Mobile 6.x端末に備わっている企業向け機能の多くがWP7では利用できない。

 Microsoftは、Exchange ActiveSyncのポリシーのWP7によるサポート状況一覧も同TechNet Wikiに載せている。このポリシーは端末からExchange Serverとそれに付随するリソースへの接続方法を定義したもので、安全な認証および暗号化のサポート、紛失または盗まれた端末のリモートワイプ、パスフレーズ要求などが含まれる。WP7の最初のリリースは、重要なExchange ActiveSyncポリシーのほとんどをサポートしていない。

 WP7のポリシーサポート不足は、多数の米国企業が利用しているカナダのResearch In Motion製BlackBerryのポリシーサポートの充実ぶりと非常に対照的だ。BlackBerryには、管理機能、強力なセキュリティおよび暗号化機能、従業員の端末を管理者が一元管理する機能が備わっている。

 そのため、BlackBerryをはじめとする他のモバイルプラットフォームの方が、全てとはいわないまでも、多くの企業に適しているといえる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...