2011年05月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Oracle EBSプロジェクト最新動向【第1回】ベテランマネジャーが垣間見たOracle EBSプロジェクトの実態

大規模向けERPパッケージである「Oracle E-Business Suite」のプロジェクトを成功させ、経営に最大限生かすにはどうすればいいのか。経験豊富なコンサルタントがポイントを解説する。

[小林壮男,TIS]

問題となった運用の難しさ

 Oracle E-Business Suite(Oracle EBS)の大規模案件が盛んだったのは2000〜2010年だ。まずはそのころのプロジェクトの状況を簡単に振り返ってみよう。Oracle EBSの特徴や課題が見えてくる。

 この時期に問題となったのは、システムカットオーバー後もなかなか収束しないOracle EBSシステムの運用についての問題だった。特にエンドユーザー企業自身がOracle EBSを運用する場合、要件・仕様合意後に、キャパシティーや性能管理、障害監視、その他各種リポーティングなど運用に関する機能でプログラム追加を伴う問題が発生しているケースが見受けられた。

 ERP導入におけるアプリケーション開発は、プロジェクト全体における予算、開発規模、難易度など多くの面で規模が大きく、相対的にカットオーバー後の運用における課題が目立つことは少なかった。だが実際は、運用保守工程に入っても運用についての問題がなかなか収束しない事例が多くあった。以下で、運用についての問題が発生する理由を説明する。

意識の問題

 理由の1つは、ERPシステムなどの基盤領域は「実際に動かしてみないと、期待した通り動作するか、性能が出るか分からない」という側面があることだ。そのため要求事項・仕様を合意して、変更管理を通じてプロジェクトを管理するという意識が全般的にユーザー企業の中で弱くなっていたケースが多い。つまり、厳密に仕様が管理されるアプリケーション開発と比べて、運用は「なあなあ」になっていたと考えられる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...