2011年08月19日 09時00分 UPDATE
特集/連載

Javaのツールでも管理可能Red Hatの仮想化製品が一新。運用管理に多数の新機能

Red Hatは2011年末までにRHEV 3.0の管理プラットフォームを一新する。Windows以外でも管理が可能になる他、多彩なオプション管理機能も提供する。

[Sander van Vugt,TechTarget]

 Red Hat Enterprise Virtualization(RHEV) 3.0は、多数の新しい管理オプションを提供する。この最新版RHEVでは、Windows Serverが不要になるからだ。

 RHEV 3.0の管理はWebブラウザベースであるため、ユーザーは任意のプラットフォームでこの仮想化ソフトウェアを管理できる。米Red HatはRHEV 3.0で100%オープンソースの環境を推進しようとしており、この機能の提供はその一環だ。RHEVの管理サーバ(RHEV-M)では、仮想マシン(VM)ストレージリポートを表示したり、VMを簡単にインポートしたりできる新機能が提供される。

 Red Hatは、2011年5月に開催したRed Hat SummitでRHEV 3.0の詳細を発表した。このため、RHEV 3.0が2011年末にリリースされるまでに、その機能には調整が加えられるかもしれない。

関連ホワイトペーパー

Red Hat(レッドハット) | SAN | 仮想化


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

「アドエビス」が「モニプラ」と連携、ユーザー行動×定性データの施策評価が可能に
ロックオンは、「アドエビス」において、「モニプラ」と連携すると発表した。

news057.jpg

6秒動画に特化した動画広告配信サービス「BumVi」、ジーニーとトレンダーズが提供
ジーニーはトレンダーズと共同で、6秒動画に特化した新しい動画広告配信サービス「BumVi...

news055.jpg

トランスコスモス、Salesforceと連携したレコメンドダイレクトメール「レコレタ」を提供
トランスコスモスは、Salesforceと連携し、顧客セグメントに応じて紙のダイレクトメール...