2013年11月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

病院経営支援システム紹介:メディカル・データ・ビジョン病院経営の改善を詳細な原価管理で支援する分析システム「Medical Code」

DPC制度によって1日当たりの診療点数が定額になったことで、病院の原価管理への意識が変化した。メディカル・データ・ビジョンの「Medical Code」は、詳細な原価管理機能で病院の経営状態の可視化や課題抽出、改善策の立案/実施を支援する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 2003年に設立されたメディカル・データ・ビジョン(以下、MDV)は病院、製薬会社、健康保険組合の3分野におけるシステムの開発と販売、医療/健康情報活用サービスを展開している。中でも、設立当初から病院の経営改善と医療の質向上を支援する事業に注力してきた。同社は2003年12月、最初の病院向け経営支援システムとして「Marking Vision」をリリース。現在は、DPC(診断群分類別包括評価)分析システム「EVE」、病院経営分析システム「Medical Code」が主要製品である。

photo MDVの浅見氏

 EVEは、DPC請求と出来高請求との差額分析を中心に、各種経営指標の分析や他院比較が可能なベンチマーク機能を搭載したシステム。DPC導入病院、または導入予定病院が対象となる。一方、Medical CodeはDPCデータや電子レセプトデータなどを活用した経営分析やベンチマーク比較で経営改善を支援する点が特徴だ。

 同社の専務取締役 浅見修二氏は「当社の2製品は対象範囲こそ異なるが、最終的には病院の医療の質の向上と経営改善に具体的に寄与するシステムを目指し開発している」と語る。しかし、Marking Visionをリリースした当時は「病院や医事会計システムによってコード体系が異なるなど、比較分析にも有用なデータはほとんどなかった」と振り返る。その流れが大きく変わった要因が「DPC制度の普及」だという。

DPC制度が変えた、病院の原価管理への意識

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news082.jpg

店舗Wi-Fi経由で広告や割引クーポンを配布、ネットワンパートナーズがサービス提供
ネットワンパートナーズは、店舗のWi-Fiを活用したデジタルマーケティングを実現する小売...

news038.jpg

横浜DeNAベイスターズが5年間で来場者数を76%増やすためにやったこと
ホームゲームの観客動員数が急伸する横浜DeNAベイスターズ。長年の人気低迷期を乗り越え...

news087.jpg

Webと店頭サイネージを連動する動画広告、マイクロアドデジタルサイネージとCyberBullが提供
マイクロアドデジタルサイネージはCyberBullと共同で、小売店の店頭サイネージと連動する...