2012年05月10日 09時00分 UPDATE
特集/連載

医師の掌に分析をモバイルBIが医療機関に普及し始めているわけ

スマートフォンやタブレットといったモバイルプラットフォームでBIを活用できる環境が整ってきた。医療機関従事者のためにモバイルBIの機能、使い方を紹介する。

[Reda Chouffani,TechTarget]

 近年、ビジネスインテリジェンス(BI)はますます多くのモバイルプラットフォームからアクセス可能になっている。モバイルBIアプリを使えば、ゲージやダッシュボード、スコアカード、重要業績評価指標(KPI)などの情報をスマートフォンタブレットで入手できるため、多くのBIベンダーは「どこにでも持ち運べるBI」という点をモバイルBIアプリの一番の売りにしている。医療機関の幹部は大概、出歩く機会が多いため、こうしてダッシュボードにアクセスできれば、出先でも最新のデータを入手して証拠に基づく意思決定を下すことが可能だ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

日本の「アドフラウド」「ブランドセーフティー」「ビューアビリティー」の現状――IAS調べ
せっかく出稿した広告の半分以上がムダ打ちになっている? いいのか、これで(いや、よ...

news020.jpg

ナイキジャパンからアダストリアへ移って学んだこと――久保田 夏彦氏:前編
ナイキジャパンで「NIKE.jp」や「NIKE iD」の立ち上げを担い、2016年に「グローバルワー...

news144.jpg

オフライン広告の効果可視化とマーケターの働き方改革に向け、サイカとインテージが業務提携
サイカとインテージは業務提携を行い、オフライン広告の効果測定における汎用的な分析ソ...