2014年03月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

徹底解説! VMware Horizon Suiteの世界【第3回】モバイル活用を安全に、「VMware Horizon Workspace」5つの機能

時間や場所にとらわれず多様なデバイスを活用して業務を遂行したいというニーズが高まっている。IT部門はこうした要求を叶えるとともに、安全で快適な情報システム基盤を構築しなければならない。

[川本政文,双日システムズ]

1.VMware Horizon Workspaceとは

 多くのエンドユーザーが複数のデバイスを所有している昨今、時間や場所に関係なく、多種多様なデバイスから社内のデータやシステムを利用したいという声が挙がってきている。SaaSなどのクラウドアプリケーションの利用もその1つだ。システム管理者はそうした声を認識してはいるものの、SaaSの利用をはじめ、業務用デバイスを社外に持ち出したり、私物デバイスに業務データを残すことなどについては、セキュリティ面での不安を抱えている。システム管理者には、あらゆる形態のアプリケーションにあらゆるデバイスでどこからでもセキュアに接続できる環境を実現することが求められている。

 そんな課題を解決するソリューションが「VMware Horizon Workspace」(以下、Workspace)だ。Workspaceは、エンドユーザーに対し「ワークスペース」と呼ばれるポータルを提供する。ワークスペースには、ユーザーデータやアプリケーション、ユーザーのデスクトップが含まれ、IT部門はこれらの資産を一元管理することができる。ユーザーは、あらゆるデバイスからこのワークスペースに容易にアクセス可能だ。

 WorkspaceへはSSO(シングルサインオン)接続が可能である。今後、ますます普及が予想されるSaaSアプリケーションは、アプリケーションごとにユーザーIDやパスワードが分かれるため管理が煩雑になりやすい。Workspaceでは、ユーザーが一度ログインすれば、データやファイルのみならず、SaaSアプリケーションでさえ再ログインすることなくシームレスに利用することができる。

tt_aa_workspace01.jpg 図1 Horizon Workspaceの概念図

2.Workspaceの機能

 Workspaceは、5つの「vApp」と呼ばれるバーチャルアプライアンス(VA)で構成される。以下では、Workspaceの機能を紹介する。

データの管理

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news087.jpg

Webと店頭サイネージを連動する動画広告、マイクロアドデジタルサイネージとCyberBullが提供
マイクロアドデジタルサイネージはCyberBullと共同で、小売店の店頭サイネージと連動する...

news043.jpg

無料DMP「Juicer」とマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI」が連携
トライベック・ストラテジーは、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management」...

news129.jpg

VR/AR利用ユーザーの行動を可視化したマーケティングプラットフォーム、オプトが開発
オプトは、VR/ARを活用したプロモーションのためのプラットフォーム「drop:VR360°動画...