2010年08月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

デスクトップ仮想化製品紹介【第2回】シンプルなインタフェースと優れた表示品質を提供するVMware View

ヴイエムウェアの仮想化環境vSphere 4を基盤にしたデスクトップ仮想化ソリューションVMware Viewの特長とライセンス体系について解説する。

[草地 慎太郎,日商エレクトロニクス]

 連載「デスクトップ仮想化製品紹介」の第2回をお送りする。第1回「デスクトップ仮想化の仕組みとメリット」では個々の製品によらないデスクトップ仮想化ソリューションの概要とメリットをお伝えしたが、今回からデスクトップ仮想化を実現するための代表的な製品を紹介していく。最初はヴイエムウェアが提供する「VMware View」だ。

最も実績のあるデスクトップ仮想化製品

 VMware Viewはヴイエムウェアの仮想化環境「VMware vSphere 4」(以下、vSphere 4)を基盤にしたデスクトップ仮想化ソリューションだ。vSphere 4はサーバ仮想化分野において最大のシェアを持つ製品であり、性能の高さ、機能の先進性とも定評がある。VMware ViewもvSphere 4の後を追うように普及が進んでおり、先日も三菱東京UFJ銀行で大規模な導入(参考:「PCでのOA環境を『仮想デスクトップ』へ。三菱東京UFJ銀行VDIシステムの全容」が発表されるなど新しいジャンルの中で最もユーザーに受け入れられている製品の1つだ。

VMware Viewの特長は?

 デスクトップ仮想化環境を構築するに当たってVMware Viewを利用するメリットは何だろうか? コンポーネントの特長と共に紹介する。

関連ホワイトペーパー

VMware | 仮想化 | サーバ | 運用管理 | アベイラビリティ


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...