2014年09月03日 15時00分 UPDATE
特集/連載

基盤技術が肝ブランドよりも中身が大事、「Windows Server 2012 R2」のサーバ選定

サーバの選択はOSやワークロードのパフォーマンスに深刻な影響を及ぼす可能性がある。「Windows Server 2012 R2」のパフォーマンスが向上するハードウェアの選択肢とは?

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg

 Windowsの管理者は、サーバでより良いパフォーマンスを発揮することを望んでいる。パフォーマンスの向上は、企業がハードウェアへの投資からより多くの価値を得る最良の方法である。また、各ワークロードで最大の生産性を上げる最良の方法でもある。パフォーマンスの改善に取り組むときにはサーバ自体のハードウェアの選択肢が注目されることが往々にしてある。だが、いつも最新かつ有名なブランドのシステムを購入できるとは限らない。また、ハードウェアのアップグレードや簡単な微調整が大幅なパフォーマンス向上をもたらすことも少なくない。特にCPUとストレージのパフォーマンスに取り組んでいるときには、その可能性が高いだろう。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...